宝塚 チケット
桜一花の魅力をファンブログやお茶会の様子から一挙大公開!

「いちか」の愛称で親しまれる宝塚歌劇団花組の娘役トップスター桜一花。 1997年に宝塚音楽学校に入学。1999年、第85期生として宝塚歌劇団に入団しました。初舞台は、「ノバ・ボサ・ノバ」。

「いちか」の愛称で親しまれる宝塚歌劇団花組の娘役桜一花。

1997年に宝塚音楽学校に入学。1999年、第85期生として宝塚歌劇団に入団しました。初舞台は、「ノバ・ボサ・ノバ」。その後花組に配属され、娘役として華やかな舞台に数多く出演しています。

花組の最上級生の娘役として活躍する桜一花。子役から妖艶な女まで幅広く演じ、その演技力は高く評価されています。

ここでは、桜一花の魅力的な性格を、ファンブログを通して徹底検証してみます。

ファン必見!桜一花の素顔が垣間見えるインタビューを紹介【†天使と堕天使†】

桜一花のインタビューをファンブログ「†天使と堕天使†」で紹介してくれているxxangelsxxさん。舞台とはまた違う魅力を放つ桜一花の画像が添えられています♪普段のファッションに対するこだわりや、舞台での役作りのポイントなどを語っている様子を紹介。

2011年の宝塚星組公演「ファントム」でカロカッタを演じた桜一花。妖艶なカロカッタの役作りのために、「普段よりは華やかでゴージャスに、指輪とかも。強めの香水もぷんぷんしてます」と語っています。桜一花のナチュラルメイクの画像と、舞台での姿が対照的で素敵ですよ♪

「†天使と堕天使†」

▶︎「†天使と堕天使†」

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。