宝塚歌劇団の新人公演はファンにとって重要なキーポイント!?その仕組みや楽しみ方をご紹介♪

たくさんタカラジェンヌたちが伝統のバトンをつなぎファンを魅了し続けている宝塚歌劇団。その伝統のひとつとも言える新人公演について、ご存じでしょうか? 宝塚歌劇の新人公演は、入団して7年目までの若手生徒だけで行われる公演で、主役からヒロイン、老け役に至るまで若手のジェンヌたちだけで演じます。そのため、若手を育成するための大事な場となっており、それと同時に、新人公演で主演を務めることがトップスター、トップ娘役への登竜門ともいわれています。そのため、ファンの注目度も非常に高いです。そんな宝塚歌劇団における新人公演について仕組みや楽しみ方などを掘り下げてご紹介します。

若手の生徒だけで演じる新人公演

たくさんの輝くタカラジェンヌたちが様々な伝統のバトンをつなぎファンを魅了し続けている宝塚歌劇団。その伝統のひとつとも言える新人公演について、ご存じでしょうか?

宝塚歌劇団の新人公演とは、入団して7年目(研究科7年=研7)までの下級生や中堅の若手生徒だけで行われる公演です。
つまり、主役からヒロイン、2番手スターの役はもちろん、深みや味のある老け役などの脇を固める役までもを若手のジェンヌたちが務めます。
そのため、若手を育成するための大事な場となっています。それと同時に、新人公演で主演を務めることがトップスター、トップ娘役への登竜門ともいわれており、将来のトップスター候補生をいち早くチェックできるため、ファンの注目度も非常に高いです。新人公演では、通常の公演ではまだまだ役がつかない生徒にも活躍の場が与えられるため、応援している若手の生徒がいるファンにとってはとても嬉しい公演です。
そんな宝塚歌劇団における新人公演について仕組みや楽しみ方などを掘り下げてご紹介します。

宝塚歌劇団に関するおすすめ記事はこちら

宝塚歌劇団における新人公演とは!?

新人公演の仕組み

宝塚歌劇団の新人公演とは、先述したとおり、入団して7年目(研究科7年=研7)までの下級生や中堅の若手生徒によって行われる公演です。通常の本公演期間中の間に、宝塚大劇場と東京宝塚劇場でそれぞれ1回のみ行われます。

演目は、芝居とショーの二本立て公演の場合、基本的には芝居の方を取り上げ、稽古し公演します。(稀にショーの場合もあります。)
作品は本公演と同じものですが、1本物の芝居の場合は、約2時間半の作品を1時間半ほどになるようにシーンが構成されます。演出も若手の演出家に任されるので、演出が少々変わってきます。

新人公演の際には、衣装やセット、そしてオーケストラまでもが本公演と同じもので上演されます。衣装に関しては、サイズがあまりにも異なる場合は、歌劇団の衣装部に保管されている別の衣装が用意されることもあるようですが、基本的には本公演で着用しているものを着ます。本番同様の恵まれた環境での公演のため、生徒たちの持っている実力を発揮する、そして試される機会となります。

生徒を育成するための重要な場!

宝塚歌劇団におけるこの新人公演は、若手を育成するための大事な場となっています。
主役、ヒロイン、2・3番手スターの役はもちろん、専科の方が演じるような深みを出さなければならない重要な脇役も若い生徒たちだけで演じます。

本公演ではまだ大きな役がもらえなかったり、台詞も少なかったりという若手の生徒たちが、新人公演で上級生の役を演じることで、上級生の芝居から技術的なことはもちろん、舞台人としての精神的なあり方など様々なことを学びます。さらに、課題にぶつかりながらも自分なりに役を追究し作り上げ、実際に舞台で演じることは舞台人として大きく成長することができるでしょう。

その中でも、主役を演じた生徒の多くは、「中心で演じることの難しさや責任感、そして他の出演者たちのパワーの大きさと重要性、どのように演じてもらったら主演が演じやすいかということを学んだ」と語ります。その貴重な経験が、本公演での自らの立ち振る舞いに大きく影響していくに違いありません。
また、重厚な老け役を新人公演で演じるには若すぎるのですが、その配役をうけた生徒は、難しい分もがき苦しみながらも得たものが新しい引き出しとなり、その後の大きな糧となり活かされていきます。

トップスター、トップ娘役への登竜門?!

トップスター街道の道にのることをファンたちの間で”路線にのる”と言いますが、新人公演で主演やヒロインを務めることが、そのための重要なポイントのひとつと言われ、トップスター・トップ娘役への登竜門といわれています。

確かに今までのトップスター、トップ娘役のほとんどが新人公演主演経験やヒロインの経験のある方たちです。そして、2番手、3番手で活躍している生徒たちもまた例にならって同じです。
新人公演の配役は成績で決まるわけではなく、劇団の評価で決まります。そのため、新人公演で主演やヒロインに抜擢されるということは、それだけ劇団からの期待も高く、これからトップ候補生として育てていきたいという思いが少なからずあるというのは間違いありません。トップスターへの路線にのれたかどうかを図る一つの重要な指針といえるでしょう。
さらに、新人公演の成果は、今後の公演における配役を決める上での目安のひとつとなるため、お稽古場から熱が入ります。
ですから、新人公演は生徒にとってもファンにとっても大きな意味をもつ見逃せない特別なものなのです。

しかし、例外もあります。
元雪組トップスター・朝海ひかるさんは、新人公演の主演経験がありません。
最近では、花組トップ娘役の仙名彩世さんも新人公演でのヒロイン経験がなく、娘役としては遅咲きの研9での就任が話題となりました。
その逆に、主演・ヒロイン経験があってもトップスター・トップ娘役にならずに退団される方も少なからずいらっしゃいます。トップスター・トップ娘役になるための重要なポイントの一つであることには違いありませんが、その生徒の人気はもちろんですが新人公演卒業後の成長や貢献具合、その組の中でのバランス、花・月・雪・星・宙の5組のバランス、娘役ならばトップスターとの相性など、様々な側面から総合的に判断され選ばれるのでしょう。
ですが、やはり応援している生徒が新人公演で主演やヒロイン役に抜擢されれば、「路線にのったかも!トップスターやトップ娘役になれるかも!」とファンは喜ばずにはいられませんね!
そのため、新人公演の配役の発表があった日には、ツイッターなどのSNS上ではファンの反応の声が多数見られます。宝塚ファンにとっての新人公演の注目度の高さが伺えますね。

新人公演は宝塚歌劇を深く楽しむためのキーポイント!

ファンにとって宝塚歌劇団の公演を観劇する楽しみは、その作品を楽しむこと、タカラジェンヌという唯一無二の存在に魅せられること、そして生徒たちの成長の過程を見守ることが挙げられるのではないでしょうか。その成長の過程を見守る楽しみの始まりとして新人公演のチェックはうってつけなのです。

新人公演は、本公演よりも活躍の場面が多いため、観劇したり、配役をチェックすることで、「あの歌の上手い子は誰?!」と気になる若手の生徒を発掘したり、「応援していた子が、ついに新人公演主演だ!!」と成長を感じたり、「これからどの生徒がどんなスターに成長していくだろうか?」と予想したり…楽しみが広がります。
本公演では特に気にしていなかった生徒が、新人公演で目に止まりファンになってしまうなんていうことも、新人公演あるあるです!

ファンは、応援している生徒に「うまく演じられるだろうか」などと親心の様な緊張する気持ちを持ちながら、活躍する姿を嬉しく思い、フレッシュさと熱さのこもった新人公演を見守ります。そして、以前の公演からの成長を喜び、次回の公演の時にさらなる期待を持ちながら応援していくのが楽しみのひとつでしょう!

 新人公演をぜひチェックしてみては?

宝塚歌劇団をより深く楽しむことができる新人公演について、その仕組みなどを交えてご紹介しました!

若い生徒たちの成長を親心で見守り喜んだり、トップスターの路線に乗ることを祈り応援したり、そして若いエネルギッシュでフレッシュな力で創りあげるその時しかできない熱い舞台そのものを味わったり。さらには、また気になる生徒さんが現れて…と、ずっとずっと宝塚歌劇団を楽しむためのキーポイントとなっている新人公演をぜひチェックしてみてください♪

 

宝塚歌劇団に関するおすすめ記事はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。