宝塚歌劇 月組 PUCK (パック)チケット
宝塚歌劇 月組 PUCK(パック)をあらすじや魅力を徹底解剖!

100周年を記念した3本立て公演が話題の月組。次の公演は宝塚大劇場で9月26日~11月3日まで、東京宝塚劇場で11月21日~12月27日まで上演される『PUCK(パック)』と、『CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-』です。

100周年を記念した3本立て公演が話題の月組ですが、その次の公演は宝塚大劇場で9月26日(金)から11月3日(月)まで、東京宝塚劇場で11月21日(金)から12月27日(土)まで上演されるミュージカル『PUCK(パック)』と、ショー・ファンタジー『CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-』です。あらすじやみどころについてまとめました。

ついに『PUCK』が再演!

1992年、涼風真世主演の月組で公演された『PUCK』が22年ぶりに再演されます。涼風真世の退団時には、この公演にちなんで「歌の妖精は、静かに森に帰っていきます」と言われたことが逸話として残っています。

それほど涼風真世のはまり役とされている作品だけに、今回の再演については複雑な気持ちのファンも少なくないようです。

その一方で、ぜひ見てみたいと言うファンも多く存在します。当時まだ生まれていなかったファンもいるでしょうから、22年の時を経てどのような形で蘇るのか期待が集まるところでしょう。

『PUCK』のあらすじ

シェイクスピアの『真夏の夜の夢』をモチーフにした作品です。森に生まれた妖精パックが人間の娘ハーミアに恋をして、彼女と結ばれたいと願います。

しかし人間に恋をしたことに怒った妖精の王はパックに1年間声を出してはいけないという罰を与え、人間界に落とします。果たして妖精と人間の禁断の恋は実るのでしょうか。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。