宝塚 チケット
音花ゆりの魅力をお茶会、性格、ファンブログから徹底検証!

音花ゆり(おとはなゆり)は、宝塚歌劇団星組の娘役としてヅカファンを魅了しています。「ゆり」「ころ」「ポチ」などの愛称で親しまれる音花ゆりは、1999年に宝塚音楽学校に入学。2001年に宝塚歌劇団に入団しました。

音花ゆり(おとはなゆり)は、宝塚歌劇団星組の娘役としてヅカファンを魅了しています。

「ゆり」「ころ」「ポチ」などの愛称で親しまれる音花ゆりは、1999年に宝塚音楽学校に入学。2001年に宝塚歌劇団に入団しました。初舞台は「ベルサイユのばら2001」。同じ87期生には、月組トップスターの龍真咲や晴華みどりなどがいます。

母親は、元タカラジェンヌ、妹は女優の相武紗季という芸能一家で育った音花ゆり。ここでは、お茶会に参加した様子を綴るファンブログを通して、音花ゆりの魅力的な性格を徹底検証してみましょう。

音花ゆりの魅力的な歌声の虜【紅の風 Blog】

音花ゆりのお茶会に参加した様子を、楽しげに自身のブログ「紅の風 Blog」に綴っているつむぎさん。

と日記の冒頭で紹介しています。音花ゆりがエトワールを務めたのは2006年のこと。舞台でのクライマックスに登場するエトワールは、歌唱力の高さが求められる重要な役割を果たします。音花ゆりの歌唱力の高さが認められている証ですね。

「紅の風 Blog」

可愛すぎる音花ゆりにメロメロ【watakoの宝塚的生活】

お茶会に登場した音花ゆりの可愛さにメロメロになっているwatakoさん。

自身ブログ「watakoの宝塚的生活」で、音花ゆりのお茶会の様子を詳しく紹介してくれています。ハロウィン間近のこの日、まさかのハロウィン衣装で登場した音花ゆり。オレンジのマントに魔女のような帽子、手にはお菓子の入った籠♪

会場のファンひとりひとりにお菓子を手渡しながらの登場に、お茶会は大いに盛り上がったとのこと。

目の前で実際に会えた音花ゆりに大満足だったwatakoさん。公演に関する質問コーナーでの内容など、さらに詳しく紹介してくれていますよ。娘役として活躍する音花ゆりは、その性格も可憐で可愛らしいタカラジェンヌなんですね♪

「watakoの宝塚的生活」

音花ゆりの魅力的な性格まとめ

音花ゆりは、宝塚歌劇団星組の歌姫として宝塚ファンを虜にしています。歌唱力はもちろん、洗練されたダンスや演技力も音花ゆりの魅力のひとつ。「ころ」「ぽち」という愛称で呼ばれるのは、ころころとして可愛いからだそうですよ。音花ゆりの可憐さの魅力は、性格の可愛さから自然とにじみ出ているのかもしれませんね。

宝塚歌劇に関するこちら記事もチェック♪

宝塚歌劇団の公演チケットはチケットキャンプにおまかせ!

エトワールとして起用されることが多い音花ゆりは、宝塚歌劇団星組公演で堪能することができます。チケットキャンプでは、宝塚歌劇団の公演チケットを取り扱っています。入手困難な公演チケットでも、リクエスト機能を活用すると譲ってもらえる人を探すことができますよ。是非チェックしてみてください。

みんなのコメント
  1. みずたん より:

    はじめましてみずたんです
    よろしくお願いいたします

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。