宝塚 チケット
鳳真由の天然キャラをファンブログやお茶会の様子から紐解く!

宝塚歌劇団花組91期生の鳳真由。「ふじP」「まゆ」「マヨ」などの愛称でファンから親しまれている人気の男役です。今回はファンの方のブログを通して、鳳真由の魅力的なキャラクターをお茶会の様子とともにご紹介したいと思います。

宝塚歌劇団91期生の鳳真由。

「ふじP」「まゆ」「マヨ」などの愛称でファンから親しまれている人気の花組の男役です。

多くの舞台で活躍し、タカラヅカ・スカイ・ステージのメインMCである第2期スカイ・ナビゲーターズも務める鳳真由ですが、お茶会ではどんな素顔を見せてくれるのでしょうか?今回はファンの方のブログを通して、鳳真由の魅力的なキャラクターをお茶会の様子とともにご紹介したいと思います。

知っておきたい鳳真由の基本情報

鳳真由は2003年に宝塚音楽学校に入学、2005年に宝塚歌劇団に入団した91期生です。

「エンター・ザ・レビュー」で初舞台を踏んだ後、花組に配属されました。

祖母の代から宝塚のファンであり、名前の由来は大先輩の鳳蘭の文字をもらったそうです。

2009年の舞台「太王四神記」では準主役であるヨン・ホゲ役に抜擢され、注目を集めた鳳真由。

2010年には新人公演「虞美人-新たなる伝説-」で初主演を務め、2011年の「ファントム」の新人公演でも主演を務めました。

観る人を魅了する鳳真由の確かな演技力は宝塚ファンにも高く評価されており、今後さらなる活躍が期待されている一人です。

鳳真由の魅力が楽しめるお茶会

2012年10月に行われたお茶会に参加したはまこさん。

お茶会の最後は鳳真由が見送ってくれるのも楽しみの一つなのですが、見送りの際に鳳真由から覚えていますよと言われたはまこさんはとても感激したそうです♪

支えてくれるファンの顔をしっかり覚えてくれる鳳真由の律儀な性格が感じられますよね。

▶︎「宝塚歌劇をこよなく愛する和尚のごゆるり日記Z」

お茶会では親しみやすいキャラクターの鳳真由

2011年9月のお茶会に参加したはなそらさん。

生で見る鳳真由はとても可愛かったそうです。

また鳳真由の話す様子を間近で見て、とても親しみやすく、ますますファンになってしまったことが自身のブログに綴られています。

お茶会の鳳真由は舞台に立つ姿とはまた違った雰囲気がうかがえますが、そのギャップがまたファンを魅了しているようですね♪

▶︎「脱・恋愛ニート」

お茶会で分かる鳳真由の天然キャラ

2013年3月に鳳真由のお茶会に参加したひまわりさんは、素敵な画像を添えてその様子を自身のブログにアップしています。

鳳真由の素の部分が見られるお茶会ならではの感想ですよね♪

▶︎ひまわりの宝塚的ブログ

宝塚歌劇に関するこちらの記事もおすすめです

鳳真由が出演する宝塚の公演チケットならチケットキャンプへ!

今回は鳳真由の魅力的なキャラクターについてお茶会の様子からご紹介しましたが、いかがでしたか?舞台上では知りえない鳳真由のキャラクターをじっくり楽しめるお茶会はファンにとってとても楽しいイベントですよね。

チケットキャンプでは宝塚歌劇団の公演チケットも取り扱っています。入手困難なチケットもチケットキャンプなら入手できるかもしれません。ぜひチェックしてみてくださいね!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。