宝塚 チケット
宝塚をどりのここに注目したい!あらすじ、新人公演情報まとめ

既に100周年を目前にして盛り上がりを見せていますが、100周年イヤーの中でも最も重要な100周年目の公演が月組の「宝塚をどり」「明日への指針-センチュリー号の航海日誌」「TAKARAZUKA花詩集100!」。今回は、その中でも宝塚の歴史をたっぷり味合うことができるであろう「宝塚をどり」の魅力についてご紹介します。

既に100周年を目前にして盛り上がりを見せていますが、100周年イヤーの中でも最も重要な100周年目の公演が月組の「宝塚をどり」「明日への指針-センチュリー号の航海日誌」「TAKARAZUKA花詩集100!」の豪華三本立てです。大変華やかな舞台になること間違いないでしょう。

今回は、その中でも宝塚の歴史そして魅力をたっぷりに味合うことができるであろう日本物レビューの「宝塚をどり」の魅力についてご紹介します。

月組公演「宝塚をどり」には各組トップスターが特別出演!

何といっても、目玉は各組トップスターが入れ替わりで出演することですよね。こんな豪華なラインナップは今まで見ることは出来なかったことなので、皆さん出演が発表された時は興奮したかと思います。

公演日程は、平成25年3月21日~4月28日までで、トップスター出演日は

  • 花組(蘭寿とむ)3月24日(月)~3月28日(金)の全5公演
  • 雪組(壮一帆)3月29日(土)~4月1日(火)の全7公演
  • 宙組(凰稀かなめ)4月 7日(月)~4月10日(木)の全5公演
  • 星組(柚希礼音)4月11日(金)~4月13日(日)の全5公演

となっています。

月組トップスター龍真咲が「宝塚をどり」で新たな魅力を魅せる!

現在の月組トップスターである龍真咲にはあまり日本物のイメージが湧きにくい大変現代的な容姿ですが、そんな彼女だからこそ100周年、そして新たな宝塚歌劇の幕開けにふさわしい新鮮かつ勢いのある舞台をみなさんにお見せすることでしょう。

なんと言っても幼いころから宝塚大好きな彼女ですので、彼女本人もこの重要な舞台を任せられたことを嬉しく感じ、またトップスターとして改めて責任を感じているのではないでしょうか。今までの彼女の姿を見ている方ならおわかりでしょうが、とても真面目に舞台に取り組み方なので、イメージにはない日本物ですが、彼女ならではも日本物レビューが期待できますね。

「宝塚をどり」で月組のフレッシュさを魅せる!

龍真咲だけでなく、月組といえば、愛希れいか、美弥るりか、凪七瑠海、星条海斗とどの組よりも現代的ルックスの揃った組ですよね。そんなフレッシュさ溢れる彼女たちの創り出す日本物のレビューはまだまだ想像がつきません。お稽古が始まり、徐々に詳細が明らかになっていくのが楽しみで仕方ありません。

「宝塚をどり」の新人公演はどうなる?

新人公演日程は、平成25年4月22日です。どういう風に新人公演が行われるかも未発表ですが、「宝塚をどり」の新人公演も上演されると楽しみが増えますね。なかなか日本物のレビューなので、新人公演は無いのかなとも思いますが・・・・・何はともあれ詳細の発表が待ち遠しいです。

<宝塚歌劇団 公演 オススメ記事>

このような豪華なレビューは100周年ならでは!100周年でしか見ることのできない作品、そしてメンバーです。チケットは入手困難と見受けますが、ぜひ全てのトップスターがそれぞれ出演しているのを観劇したいですね。ファンも100周年に向けてそろそろ本格始動です。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。