七生眞希の実力をプロフィールと出演作品から徹底分析

宝塚歌劇団が初公演を行った1914年から2014年で100周年を迎え、様々なイベントで盛り上がっている宝塚歌劇団では、5つの組で様々な舞台が上演されています。今回は七生眞希のプロフィールなどを紹介していきます!

宝塚歌劇団が初公演を行った1914年から2014年で100周年を迎え、様々なイベントで盛り上がっている宝塚歌劇団では、5つの組で様々な舞台が上演されています。

そんな中、2009年に宝塚歌劇団に入団し、第95期として活躍をしている七生眞希は宙組に所属する男役です。

今回は七生眞希のプロフィールなどを紹介していきます!

七生眞希のプロフィールを紹介します!

七生眞希は2007年に宝塚音楽学校に入学し、2009年に宝塚歌劇団に95期生として入団をします。

入団時の成績は22番目で、入団後すぐに行われる初舞台は、宙組の公演「Amour それは…」で同期生と共にラインダンス、通称ロケットを披露します。

同期生には宙組トップ娘役の実咲凜音や月組トップ娘役の愛希れいかなどがおり、多くの実力派タカラジェンヌがいます。

七生眞希の主な舞台を紹介します!

七生眞希は宝塚歌劇団に入団後、様々な舞台に立ってきました。

主な出演舞台は「TRAFALGAR(トラファルガー)-ネルソン、その愛と奇跡-/ファンキー・サンシャイン」の新人公演や「クラシコ・イタリアーノ-最高の男の仕立て方-/NICE GUY!!-その男、Yによる法則-」の新人公演、「銀河英雄伝説@TAKARAZUKA」の新人公演など新人公演を中心に活躍をしています。

2010に開催された「TRAFALGAR(トラファルガー)-ネルソン、その愛と奇跡-/ファンキー・サンシャイン」では主人公の息子役でもある役に抜擢されるなど、入団後すぐに中心的な役を演じる程の実力を持っています。

七生眞希のお茶会を紹介します!

宝塚歌劇団の舞台に立つタカラジェンヌはとても輝いており、一度舞台を見ると、ファンじゃなくても誰かのファンになってしまう程の魅力があります。

そんな舞台で活躍をしているタカラジェンヌには様々な方法で舞台以外で会うことができます。まずは宝塚友の会で開催しているトークショーがあり、会場に行くタカラジェンヌの入り待ちや、その他には私設ファンクラブが行うお茶会があります。

お茶会には私設ファンクラブを通じて参加するのが一般的ですが、知り合いに頼んで参加することもできます。お茶会では、舞台の裏話や質問への回答、写真撮影会やビンゴゲームなどのゲーム、抽選会など様々な企画があり、贔屓にしているタカラジェンヌのお茶会はファンなら参加してみたいイベントですよ!

宝塚歌劇に関するオススメ記事一覧

七生眞希の舞台を見に行こう!

ここまで七生眞希を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?宝塚歌劇団に入団してから新人公演を中心に活躍を続けている七生眞希の舞台を見に行きませんか?チケットキャンプでは七生眞希が在籍する宙組公演のチケットを取り扱っております。歴史ある舞台で輝く男役、七生眞希の舞台を見に行きましょう!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。