宝塚 チケット
実咲凜音の魅力に迫る!宝塚宙組トップ娘役 お茶会の様子は?

華奢な身体で守ってあげたくなる様な女性といった印象が強い実咲凛音の魅力について今回は注目していきたいと思います。

宝塚歌劇 宙組のトップ娘役で、華奢な身体で守ってあげたくなる様な女性といった印象が強い実咲凛音の魅力について今回は注目していきたいと思います。

入団後の大抜擢が実咲凛音をトップ娘役へと駆け上らせた。

歌劇団に入団後の大抜擢によって、若手ながらもトップ娘役へと上り詰めた実咲凛音ですが、決して珍しいことではありません。

最近のトップ娘役は、どちらかというと若いうちから新人公演やバウ公演などでヒロインを演じさせて経験を積み、大劇場公演での役付きを良くしてからトップへさせる傾向があります。

男役スターは10年で一人前と言われていますが、娘役の場合は若くても実力があればトップへの道が開けるのではないでしょうか。現に、実咲凛音も演技力、歌唱力共に安定しています。どんどん技術を吸収して、成長していってもらいたいですね。

実咲凛音ってこんな人~舞台編~

同期に現月組トップ娘役の愛希れいかをはじめ、星組の礼真琴や花組の柚香光などの若手スターがいます。初舞台は宙組公演「Amour それは・・・」。その後花組に配属し、配属後初のショー「EXCITER!!」では、朝夏まなと(現宙組スター)と組みました。

2010年に「麗しのサブリナ」で新人公演初ヒロインに大抜擢されたことから、バウホール・日本青年館公演「コード・ヒーロー」でバウ初ヒロインを務めるなど、若手ながらも抜擢されることが多くなりました。

翌年の「ファントム」では新人公演ヒロインを務め、2012年に宙組に組替えし、凰稀かなめの相手役として宙組トップ娘役に就任。お披露目公演は「銀河英雄伝説@TAKARAZUKA」。

宙組トップ娘役になってからは、2013年「モンテ・クリスト伯 / Amour de 99!!-99年の愛-」のメルセデス、新人公演ではお手伝いとしてオービーヌ役で出演。

同年の「風と共に去りぬ」でメラニー・ハミルトン、2014年の100周年大劇場公演は「ベルサイユのばら-オスカル編-」でオスカルを影から支える女性、ロザリーを演じる予定です。

夏には全国ツアー公演の「ベルサイユのばら―フェルゼンとマリー・アントワネット編―」マリー・アントワネット役と、ベルサイユのばら一色の前半となりますね。

11月からの公演は「白夜の誓い ―グスタフIII世、誇り高き王の戦い― / PHOENIX 宝塚!! ―蘇る愛―」が予定されています。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。