実羚淳の魅力をプロフィールから出演舞台の活躍をご紹介!

実羚淳は宝塚歌劇団に所属するタカラジェンヌで、95期生として宙組に在籍しています。兵庫県出身で、身長が173センチと長身を生かし、宝塚では男役を演じています。今回はそんな実羚淳のプロフィールやお茶会を紹介したいと思います。

実羚淳は宝塚歌劇団に所属するタカラジェンヌで、95期生として宙組に在籍しています。

兵庫県出身で、身長が173センチと長身を生かし、宝塚では男役を演じています。

今回はそんな実羚淳のプロフィールやお茶会を紹介したいと思います。

実羚淳のプロフィルを紹介します!

実羚淳は2007年に宝塚音楽学校に入学し、2009年に宝塚歌劇団に入団します。

第95期生として入団後、宙組公演の「Amour それは・・・」で初舞台を踏み、白地に赤の模様が入ったレトロなデザインの衣装で95期生44名でラインダンス、通称ロケットを披露しました。

その後15作品以上の舞台に立ち、これからも多くの舞台で活躍していく実羚淳から目が離せませんよ!

実羚淳の主な出演舞台を紹介します!

実羚淳がこれまで出演した舞台は多く、様々な役を演じてきました。

実羚淳が出演した主な舞台は、宙組に配属されて初めての舞台になるミュージカル・ロマン「薔薇に降る雨」 ロマンチック・レビュー「Amour それは・・・」 やスペース・ファンタジー「銀河英雄伝説@TAKARAZUKA」 、宝塚グランドロマン 「ベルサイユのばら―オスカル編―」等があります。

「ベルサイユのばら―オスカル編―」の新人公演では、中心人物でもあるアンドレを演じるなど、伝統ある宝塚の舞台で活躍しています。

実羚淳のお茶会を紹介します!

宝塚では多くのタカラジェンヌが在籍しており、タカラジェンヌを間近で見れるチャンスもあります。

宝塚友の会が開催しているトークショーをはじめ、私設ファンクラブが開催するお茶会などもタカラジェンヌに合うイベントの1つになります。

実羚淳は2014年5月頃からファンクラブが立ち上げとなり、公演中にお茶会が開催されるようになりました。

お茶会では本公演や新人公演の裏話やゲーム、プレゼント抽選会などがあり、写真撮影も行えます。

ファンクラブが設立されたことで、これからも多くのお茶会が開催されていくので、ファンの方はぜひ参加してみてくださいね

宝塚歌劇に関するオススメ記事一覧

実羚淳の舞台をみにいきませんか?

ここまで実羚淳を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?多くの舞台で活躍を続けてきた実羚淳の舞台を見に行きませんか?チケットキャンプでは実羚淳が所属する宙組の公演チケットを取り扱っております。これからも活躍を続けていく実羚淳は目が離せませんよ!ぜひ宝塚が公演されている劇場で実羚淳を堪能してください!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。