宝塚星組・美稀千種!明るく星組を支える副組長のプロフィールや魅力に迫る!

宝塚歌劇団星組に在籍し、2012年から副組長を務めるベテラン男役・美稀千種さん。副組長として明るく星組の舞台を盛り上げるコメディセンス抜群の79期生です。今回は、入団以来ずっと星組で活躍を続ける宝塚歌劇団星組副組長美稀千種さんのプロフィールや経歴を徹底解剖!お茶会の様子やファンの声などから美稀千種さんの性格や魅力、人気の秘密に迫ります。

宝塚星組 副組長 美稀千種さん

8月16日 美稀千種さん happybirthday♡ #美稀千種

A post shared by i-u-y (@yu0.6.0.2) on

現在、宝塚大劇場で星組の『ベルリン、わが愛/Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケ ド タカラヅカ)』が絶賛公演中です。

宝塚歌劇団星組といえばエネルギッシュでユーモアたっぷりの舞台が評判ですが、そんな星組の公演を明るく盛り上げ、支えているのが星組副組長を務める美稀千種さんです。ベテランの男役さんでありながら、時には女性役までこなし幅広く活躍されています。そんな美稀千種さんのブロフィールや経歴、お茶会から見える魅力についてご紹介します。

美稀千種(みき ちぐさ)さんのプロフィール

  • 誕生日:8月16日
  • 出身地:千葉県市川市
  • 身長:165cm
  • 血液型:O型
  • 初舞台:1993年4月「BROADWAY BOYS」
  • 愛称:ちぐ、ちーくん

宝塚音楽学校入学まで

舞台人として抜群のセンスを発揮し、星組の副組長として活躍している美稀千種さんですが、宝塚音楽学校に合格するまでの道のりは簡単ではなかったようです。

過去に宝塚のテレビ番組に出演した際、宝塚音楽学校の受験に関して以下のように語っていました。

学生時代にバスケットボール部に入ろうと思ったが、校内の文化祭で演劇クラブの舞台を見て、「カッコイイー!やってみたいなー!」と、思わず演劇クラブに入部する。「もちろん、男役もやりました!」 高校卒業後の進路選択で、一生に一度の人生なら普通の人生を歩むより、演劇クラブもやっていたし「宝塚を受けてみようかな・・・」と、軽い気持ちの受験だった。ところが声楽、バレエの習い事を始めるには少し遅かったのもあり、辛くて大変で、涙した事もあった。「でも、すごく楽しかったです。」と、持ち前の明るさで語る美稀。(TAKARAZUKA SKY STAGE「舞台に懸ける#48 美稀千種」 より)

宝塚歌劇団入団後の経歴

苦労した受験準備を乗り越え、1991年に宝塚音楽学校へ入学を果たしたした美稀千種さん。1993年に月組公演「グランドホテル/BROADWAY BOYS」で初舞台を踏みました。同期の79期生には、元月組組長の越乃リュウさん、元雪組トップスターの水夏希さん、元花組トップ娘役の大鳥れいさん、元雪組副組長の未来優希さん、立樹遥さんなどそうそうたる面々がそろっています。

美稀千種さんは入団後から星組に配属になり、以来ずっと星組で活躍を続け、現在では星組の作品で欠かせない存在となっています。2012年には前星組組長、英真なおきさんの専科移動、そして副組長を務めていた万里柚美さん組長昇格に伴い、星組副組長に就任することとなりました。

以降、副組長として柚希礼音さん、夢咲ねねさんコンビ、北翔海莉さん、妃海風さんコンビ、そして現在の紅ゆずるさん、綺咲愛里さんコンビの3代にわたるトップコンビを支えていらっしゃいます。

美稀千種さんの魅力

お茶会でわかるファン思いの美稀千種さん

なんと言ってもお茶会の評判がとても高い美稀千種さん。お茶会は美稀千種さんのお人柄の良さやファンを大切にしてくださる想いがわかる貴重な場です。

公演に関する裏話や普段はなかなか聞けないオフの日のお話、さらに美稀千種さんの歌声を堪能できるお茶会では、他にもクイズコーナーや美稀千種さんの愛用グッズが当たる抽選会、美稀千種さんと一緒に写真が撮れる時間などが用意されています。

過去にはお茶会で歌だけではなく、ダンスパフォーマンスを披露されたこともあるなど、お茶会の内容はその時々によって少しずつ変化するので、何度も足を運ばれる方も多いのではないでしょうか。

お茶会が行われるのは一般的に公演期間中の公演終了後ですが、公演終了後とは思えないパワフルさで、美稀千種さんを間近に感じることができる本当に夢のような時間となっています。

お茶会はあくまでもタカラジェンヌさんのファンクラブによる、非公式のイベントです。ファンクラブの会員でなくとも参加は可能な場合が多いですが、あまり広く公開されているものではありません。そのため、お茶会に参加したことがないファンにとっては、参加されたファンの方のブログやSNSは貴重で嬉しい情報源ですね。

ユーモアセンス抜群の美稀千種さん

持ち前の明るい性格で星組の舞台をいっそう明るくしている美稀千種さん。そんな明るい副組長・美稀千種さんが在籍する星組ではトップスターを務める紅ゆずるさんもコミカルな演技を得意とされており、星組作品の随所で繰り広げられる全力のアドリブはファンにとって楽しみの一つになっています。

毎回さまざまなバージョンでファンの期待に応えて会場を笑いでいっぱいにしてくれる美稀千種さんのアドリブは、もはや宝塚歌劇団星組の名物と言っても過言ではありません。

紅ゆずるさんと綺咲愛里さんの新トップコンビが宝塚大劇場でのお披露目公演を終えて再演に挑んだ『オーム・シャンティ・オーム~恋する輪廻~』では、珍しく母親役だった美稀千種さんですが、インド映画としても有名な同タイトルの原作を超える勢いのアドリブで会場の笑いを誘いました。

美稀千種さんの活躍がもっと見たい!


美稀千種さんの今後の出演が予定されている作品は以下の通りです。今後も星組の舞台を盛り上げてくれること間違いなしの美稀千種さんの活躍をお見逃しなく!

  • 『ベルリン、わが愛/Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケ ド タカラヅカ)』

宝塚大劇場:2017年9月29日(金)〜11月6日(月)

東京宝塚劇場:2017年11月24日(金)〜12月24日(日)

宝塚歌劇団星組に関するおすすめ記事はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。