目と鼻の先にタカラジェンヌ!客席降りって?

客席にタカラジェンヌが降りてきて運が良ければハイタッチまで出来る。目と鼻の先にタカラジェンヌ!そんな夢のような演出・客席降りについて語っていきましょう。

客席に宝塚歌劇団のタカラジェンヌが降りてきて運が良ければハイタッチまで出来る。

そんな夢のような演出・客席降りについて語っていきましょう!

降りてくる?降りてこない?の見分け方。

すべての公演に客席降りがあるわけではありません。

そこで簡単な見分け方として銀橋と呼ばれる本舞台からオーケストラピットを挟み弧を描くように張り出したエプロンステージから通路へ階段が設置されているかを確認しておきましょう。

これが設置してあればミュージカルもしくはショーでスター達が降りてきます。ただこの客席降りにもパターンがあり、出演者総出で通路に並ぶこともあればトップスターが降りてきて銀橋と一列目の間を抜けまた銀橋を上がって行きあまり後方までは来てくれないものまで様々。

開演前に劇場の方が「開演中に通路を使いますのでお荷物や足を出されませぬよう云々」の注意事項をどの辺りまで言うかも見分けるポイントですね。

客席参加型な客席降り。

何度も再演を重ねるミュージカル『ミー&マイ・ガール』の「ランベス・ウォーク」の場面は客席も一つになって楽しめる名シーンです。

トップスターを始め数十人のタカラジェンヌが客席に降りてきてくれます。2008年に月組で公演された折には、初舞台生44名が二階席にも降りて来る劇場全体を巻き込んだ演出に。

そしてこの「ランベス・ウォーク」には簡単な振り付けが付いており、覚えて一緒に踊ることも可能なのです。因みに東宝ミュージカルでの上演の際には、開演前のロビーで楽団と出演者による振り付けレクチャーもあったりします。今のところ再演される予定はないものの、再演されたときにはYouTube等で振り付けを覚えて参戦してみてください。

通路側の強み。

終演後出易い等なかなか便利な通路側の席、客席降りがある公演でもそのパワーを発揮します。

先日まで行われていた星組公演『パッショネイト宝塚!』では前方のみではありましたが、トップスター柚希礼音が両手を広げて両サイドのお客様とハイタッチ。

その他の公演でもずっと見つめながら歌ってくれたりと失神寸前になる演出もあります。現在公演中の月組公演『PUCK/CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-』でも客席降りがあるそうですよ。

宝塚歌劇団のオススメ記事はこちら

客席降りで一緒に盛り上がろう!!

いかがでしたか?客席のボルテージを更に上げてくれる“客席降り”。

憧れのスターと目が合ったり運が良ければハイタッチなんてことも。チケットキャンプでは宝塚歌劇のチケットを取扱中です。間近でタカラジェンヌを見つめられるまたとないチャンス!是非観に行ってみて下さい。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。