宝塚 チケット
寿つかさの性格やお茶会の様子をファンブログから徹底分析!

寿つかさは、宝塚歌劇団宙組の男役として数々の舞台で活躍しています。「すっしぃ」の愛称で親しまれる寿つかさ。ここでは、寿つかさの性格を、お茶会に参加した様子を綴るファンブログを通して徹底検証してみましょう。

寿つかさは、宝塚歌劇団宙組の男役として数々の舞台で活躍しています。

1990年に76期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は、宝塚歌劇団の代表的な舞台公演「ベルサイユのばら」でした。

その後、雪組に配属。1999年に新たに創設された宙組に立ち上げメンバーとして配属されました。

2005年からは、宙組の副組長を務め、2008年に宙組組長に就任した寿つかさ。

宝塚歌劇団宙組を牽引する存在として、ファンのみならずタカラジェンヌからも厚い信頼を集めています。

「すっしぃ」の愛称で親しまれる寿つかさ。ここでは、寿つかさの性格を、お茶会に参加した様子を綴るファンブログを通して徹底検証してみましょう。

宝塚スターの輝きを放つ寿つかさのお茶会を紹介

「さはら」

もう何度も寿つかさのお茶会に参加しているさはらさん。

2014年5月に開かれた寿つかさのお茶会の様子を自身のブログで紹介してくれています。

寿つかさのお茶会は、いつも妹さんの司会で楽しく信仰されるとのこと。

実の妹の達つかさは、2002年に宝塚歌劇団を退団した、元タカラジェンヌです。

お茶会に登場した寿つかさは、白地に黒の花模様のジャケット姿♪

長年、男役として活躍する寿つかさのスターらしさに、魅了されたさはらさん。

トークは、宝塚歌劇団宙組公演「風と共に去りぬ」で演じた役柄「ミード博士」のお話で始まります。

3度目になる役なのに、セリフは「今でも難しい…」と本音を語ってくれたそうです。

創設当初から在籍している宙組のことも話題になったとのこと。

丁寧に話してくれる寿つかさに、ベテランならではの大人の雰囲気を感じます。

「普段は控えめでやさしげなところが素敵です」と印象を述べているさはらさん。寿つかさのお食事会に参加した様子も注目のブログですよ。

宝塚歌劇団宙組の組長の役割を果たす寿つかさ

宝塚歌劇団宙組は、長身で素敵な男役スターが揃っていることでも知られています。

その中で、組長として宙組を代表する寿つかさ。宝塚歌劇団の在籍年数が高いタカラジェンヌが任命される組長。

寿つかさは、3年間の副組長時代を経た後、2008年に組長に就任しました。

寿つかさが、豊かな舞台経験を持ち、統率力のあるリーダーとして認められている証ですよね。

宝塚歌劇団宙組公演の初日と千秋楽では、宙組組長寿つかさの舞台挨拶を見る事ができます。

宝塚歌劇団宙組男役、寿つかさの魅力を紹介

「銀橋Weekly」

寿つかさの魅力を綴っているブログ「銀橋Weekly」♪

管理人さんの銀橋さんは、「新世代組長論」と題して宝塚歌劇団の組長について語っています。

星組組長、寿つかさについては、「すっしいさんの組長というのも、これまた完璧にハマっているわけです」とコメント。

個性的な宙組のパワーを活かせるマネジメント能力に優れた組長だと絶賛しています。

さらに「宙組結成から組の成長を見守り、自らも研鑽し続けたすっしいさんにも敬意を払いたいです」と述べています。
寿つかさの包容力のある素敵な性格を感じることができますよね。

宝塚歌劇に関するこちら記事もチェック♪

寿つかさが出演する宝塚歌劇団の公演チケットはチケットキャンプにおまかせ!

チケットキャンプでは、宝塚歌劇団宙組の公演チケットを取り扱っています。入手困難な公演チケットでも、譲ってもらえる人を探せるリクエスト機能があります。あきらめずに是非利用してください。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。