ヅカファンって異様‥・?宝塚好きになった理由って?

魅惑の世界、宝塚。足を踏み入れたが最後、首までドップリ浸かる可能性も…。そんな宝塚ファン・通称ヅカファンになる理由、そしてヅカファンに成り果てた者の姿を考察していきたいと思います。

魅惑の世界、宝塚。足を踏み入れたが最後、首までドップリ浸かる可能性も…。


そんな宝塚ファン・通称ヅカファンになる理由、そしてヅカファンに成り果てた者の姿を考察していきたいと思います。

初宝塚のきっかけはさまざま。

学校の演劇鑑賞会、テレビ、友人に誘われて、親が代々ヅカファン等、初めての宝塚体験は人それぞれ。タカラジェンヌ本人達でも宝塚音楽学校に入学して初めて宝塚を観劇した、なんて子もいる位。筆者は中学生時代にテレビで舞台中継を観たのがきっかけで宝塚を見るようになりました。


実は最初は独特の台詞回しや衣装を笑って観ていたクチなのですが、気付けば真顔で食い入るように観、顔の判別も付くようになり、特定のお気に入りスターまでできてしまう始末。因みにそこに至るまで三か月ほどでしょうか。


それからは録画した舞台中継や情報番組を毎日のように見、お年玉やお小遣いが気付けばチケットに変わる素敵な魔法に掛かり、『宝塚』という47個目の必須栄養素が必要な身体のヅカファンライフに突入していくのでした。

財布の紐を緩めるというより抜き去るさまざまな公演関連グッズ。

ある特定のスターのファンになればどうしても欲しくなるのがグッズ。トップスターですと各組それぞれの方が監修したタオルやポーチ、Tシャツ等の品々が並びます。


因みにこれは数年ごとにデザインが総変わります。それに加え各公演毎に発売されるその公演のポスターや写真をあしらったステッカー、メモパッド、クリアファイル、それに加えタカラジェンヌのブロマイド、舞台写真、ポストカード等々……。


はたらけど はたらけど猶 わが生活( くらし) 楽にならざり ぢつと手を見たらグッズの山。ヅカファンは石川啄木の心をとても理解できるのではないでしょうか。そんな宝塚グッズが買えるキャトル・レーヴというショップのすみれ色の袋を街中で見かけると同志と会ったような不思議な心持になります。しかしよくよく見たら博品館の袋だったなんてのもヅカファンあるあるといえるでしょう。

チケット発売日の電話占拠。

今となってはさまざまな伝手やインターネットを使い取りやすくなったチケットですが、むかーしむかしのチケット発売日には劇場に直接並んだり、繋がるまで数時間家電を占拠し掛け続けたりと大変だったものです。


友の会に入り発売日前に優先的にチケットを取ることも可能ですが、何か月も先の予定はなかなか分からないもの。

宝塚歌劇団のオススメ記事はこちら

やはり生の舞台を一度は体感して頂きたい!

100周年を迎え、連日のようにタカラジェンヌのOGの方がテレビに出演されていたりと今年に入って興味を持たれた方も多いのではないでしょうか。しかしなかなか敷居が高そうで…なんて躊躇するのは勿体ない!チケットキャンプでは宝塚歌劇のチケットを取扱中です。百聞は一見に如かず。生の舞台の華やかさに圧倒されて下さい!!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。