流行語で読み解く宝塚歌劇2014年!

宝塚歌劇は100周年という節目の年であった2014年を超え2015年へと踏み出しました。様々な話題を振りまいてくれた宝塚、昨年度にネット等で爆発的に話題になった「名言」流行ワードがありました。そんな流行語を通し宝塚の2014年を振り返ります

宝塚歌劇は100周年という節目の年であった2014年を超えて、新しい2015年へと踏み出しました。

さまざまな話題を振りまいてくれた宝塚、昨年度にネット等で爆発的に話題になった「名言」や、流行ワードがありました。

そんな流行語を通して宝塚歌劇の2014年を簡単に振り返っていきます

宝塚を現すにふさわしい「100周年」

まずはなんといっても「100周年」というワード。

いわずとしれた、宝塚歌劇が生まれてから100年の記念すべき年を示すものとして、宝塚歌劇団でのイベントやまたマスコミなどで紹介される際に幾度となく使われました。

10年に一度の大運動会でも流行語が生まれました

神頼み」は、大運動会で月組がフィーチャーしていた言葉です。

努力するだけして、優勝するかどうかあとは運を天に任せた!という鬼気迫る月組生たちの気合が、観ているファンの共感を生み出しました。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。