永遠の大スター!鳳蘭さんよいつまでも

宝塚歌劇団の元星組のトップスターで、ミュージカルスタートして活躍し、退団を発表した時には多くのファンから惜しまれた、宝塚を代表するタカラジェンヌ、鳳蘭(おおとりらん)さん。ここでは、そんな鳳蘭さんの宝塚歌劇団での活躍に注目してみたいと思います

宝塚歌劇団の元星組のトップスターで、ミュージカルスタートして活躍し、退団を発表した時には多くのファンから惜しまれた、宝塚を代表するタカラジェンヌ、鳳蘭(おおとりらん)さん。

宝塚の演技を極めたからこそ続けて欲しいというファンの声と、極めたからこそ退団するというトップスターの色々な想いがありました。しみじみしちゃいますよね。

ここでは、そんな鳳蘭さんの宝塚歌劇団での活躍に注目してみたいと思います。ぜひ最後までお付き合いくださいね。

鳳蘭のプロフィール

宝塚歌劇団の元星組のトップスターとして活躍した鳳蘭は、1962年に宝塚音楽学校に入学し、宝塚歌劇団50期生となりました。

1964年に「花のふるさと物語」で初舞台を踏み、星組に配属されて活躍しました。その後は、「ベルサイユのばら」のフェルゼン役や、「風と共に去りぬ」のレット・バトラー役として、数々の大役を演じてきたのです!

”蘭”は本名から。名付け親は、白石鉄造さん。著名な演出家の方ですね♪

鳳蘭の宝塚時代の舞台での魅力

鳳蘭さんは、1970年に「僕は君」の舞台で星組トップスターに就任しました。

それ以来、元宝塚歌劇団星組の男役トップスターとして活躍しましたが、1979年に「白夜わが愛」の公演で退団しました。

鳳蘭さんのファンには、人妻が多く、鳳蘭さんの舞台を終わった後は、出待ちせずすぐに家に帰るファンが多かったそうですよ♪そして、ご自宅に帰られても、ご主人の顔はすぐにはみないファンが多かったそうです(笑)

鳳蘭の性格の魅力

鳳蘭さんは、元宝塚歌劇団星組の男役トップスターとしてのイメージにふさわしく、非常にさわやかな性格の持ち主です。

とても大らかな人格のようで、周りの人からの人望もかなり厚いようです。

そんな男らしいイメージと、温かい人柄が、多くのファンを惹きつける理由だったのでしょうね。

宝塚歌劇の「鳳蘭 セ・マニフィーク」を動画で見てみよう

ここでは、宝塚歌劇の「鳳蘭 セ・マニフィーク」を、動画で見ていきましょう。


(出典:youtube)

宝塚歌劇団の歴史を語る上で忘れることはできない、鳳蘭さんの演技に熱い情熱や美しさが感じられて素晴らしいですね。

目が釘付けになってしまいます。なんて素敵なんでしょう。鳳蘭さんが動くと、まわりがどんどん色づいていくようです。目が離せません。

宝塚歌劇団のオススメ記事はこちら

宝塚歌劇の公演を見に行ってみよう

宝塚歌劇の元トップスター鳳蘭さんのプロフィールと宝塚時代の舞台での魅力、十分にお楽しみいただくことができたでしょうか。チケットキャンプでは、宝塚歌劇の公演チケットを取扱中です。感動をいっぱいにもらえる、宝塚歌劇の公演をぜひ見に行ってみてくださいね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。