医者、写真家…元タカラジェンヌの意外なOG生活を追跡!

「清く正しく美しく」をモットーに華やかな舞台を楽しませてくれる宝塚歌劇。宝塚を卒業したジェンヌさんは、どのような人生を歩むのでしょうか。今回は、意外なOG生活を送っているジェンヌさんについてまとめてみました。

「清く正しく美しく」をモットーに華やかな舞台を楽しませてくれる宝塚歌劇。宝塚を卒業したジェンヌさんは、どのような人生を歩むのでしょうか。

八千草薫さん、天海祐希さん、真矢みきさん、黒木瞳さん、檀れいさんらのように芸能界で活躍する元タカラジェンヌも多いです。最近は、真琴つばささんや紫吹淳さん、遼河はるひさんらなど、宝塚OGがバラエティで活躍する姿もよく見ます。しかし。芸能界入りするジェンヌさんは、全体の一部に過ぎません。実は、とても意外なその後を送っている元ジェンヌは多いんです。

そこで今回は、意外なOG生活を送っているジェンヌさんについてまとめてみました。

実は元タカラジェンヌ…歌手やうたのおねえさん

NHK教育テレビ「うたのおねえさん」、はいだしょうこさんは元タカラジェンヌです。千琴ひめかさんという芸名で、歌に定評のある娘役でした。

芸能界入りとはいえ、うたのおねえさんと言うイメージが強いので、意外と思う人も多いのでは?スプーの絵で知られる画伯ぶりが、あまりにタカラジェンヌとかけ離れていますからね。

また、「瀬戸の花嫁」などのヒット曲で知られる小柳ルミ子さんも、実は元タカラジェンヌ。56期を主席で卒業しながらも、どうしても歌手になりたくてわずか2ヶ月で退団を決意した伝説の持ち主です。

歌・踊り・お芝居全てが求められるタカラジェンヌですから、卒業後歌の道に進む人も多いんですね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。