宝塚の革命児!真矢みきさんのスペシャルなエピソードたち♪

今でも芸能界で華やかに活動している真矢みきさん。CMにドラマにとひっぱりだこです。今回は、そんな真矢みきさんの素敵なエピソードを集めてみました。これをみて、宝塚時代を懐かしむもよし、今の麗しい姿を愛でるもよし、ですね♪

今でも芸能界で華やかに活動している真矢みきさん。CMにドラマにとひっぱりだこです。

今回は、そんな真矢みきさんの素敵なエピソードを集めてみました。

これをみて、宝塚時代を懐かしむもよし、今の麗しい姿を愛でるもよし、ですね♪

男役なのにセミロング?

真矢みきさんは、宝塚時代に、男役なのにセミロングの髪型をしていたそうです。男役は普通、ショートヘア。ですが、髪の毛をひとつむすびにして結わえていました。いかに真矢みきさんが独創的だったかわかりますね。

化粧も大変薄く、逆に目立っていました。それだけ自由なことをしても許されるほど、実力がそろっていたのです♪

さまざまな革命を起こし、「宝塚の革命児」と呼ばれた真矢みきさん。その後も芸能界で大活躍されていますね。

真矢みきさんの舞台動画を見てみよう!


(出典:youtube)

ではここで、1991年の真矢みきさんフィナーレの「THE FLASH!」を見てみましょう。フィナーレで舞台袖から踊りだして飛び出してくる真矢みきさん。男性に見えますね。

バックを従えて踊っているのですが、彼女しかみえません。視線を一身に集めて、輝いています。本当に素敵です。

今も自信溢れる女性に見えますが、この男役の頃から、自信にみなぎっていますね。

真矢みきさんの、化粧革命!

真矢みきさんは、宝塚時代、男役でした。それまでの男役は、男も娘役も、アイシャドウは水色に紫で口紅は赤でした。それを、「男でそれはありえないよ!」といいだし、今のように、目元をグレーにしてベージュ系の口紅にかえたのです!まさに革命ですね。その言い分もまっとうだし、それが通るぐらいに真矢みきさんには実力があるのです。

また、肩パッドをはずしたのも真矢みきさんが最初だったんですよ。あまり理解しないまま宝塚に入った真矢みきさん。だからこそ、いろんな革命を起こすことができたのですね。男役の中でも背が低目だったので、コスチュームもマントでなくスーツにしたり、色黒になってみたり、電車に乗って本物の男性をすごく観察したそうです。

「男になりたいな」と当時は思っていたそうです!

写真集での革命!

また、真矢みきさんは、現役時代に出した写真集でも革命を起こしています。

篠山紀信さんの撮りおろし写真集「GUY」でも、宝塚座付きのカメラマンではなく、普段宝塚を見ない人や、嫌いな人にまで見てもらいたいと思い、外の空気を感じつつ、つくったそうです。

男役にもかかわらず、ワンピース姿もあり、当時は現役の男役が女装をするのはNGだったそうです。心は男でありながらも、そんな写真集を上梓した真矢みきさん。すごい革命児ですね。

宝塚歌劇団花組のオススメ記事はこちら

真矢みきさんがきになったら宝塚の舞台へ!

いかがでしたか?宝塚をよく知らないからこそ出来た、革命の連続だった真矢みきさん。すごいですよね。今でも第一線でがんばっておられます。

そんな真矢みきさんの舞台がありますので、ぜひ本物の真矢みきさんを舞台で見てみましょう。

チケットキャンプでは、そんな真矢みきさんを輩出した宝塚のチケットを取り扱っています。ぜひみてみてください。また、宝塚のホームページでもチェックすることができるので覗いてみてくださいね♪

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。