【決定】宝塚歌劇流行語2014!栄冠に輝くその言葉は?

年末恒例のタカラヅカスペシャルも近付き、100周年となった2014年もあとわずかですね。今回は、生徒が残した言葉や、出来事、ファンが感じたことを集めて、宝塚歌劇流行語2014を決定しました!

年末恒例のタカラヅカスペシャルも近付き、100周年となった2014年もあとわずかですね。今年も一年、作品に涙し、笑い、胸をときめかせました!そして、大運動会や花組雪組でトップスターの退団、お披露目、宝塚3大名作の上演と色々ありました。また、スターさんの名言、迷言にもお腹を抱えて笑いましたよね!

今回は、生徒が残した言葉や、出来事、ファンが感じたことを集めて、宝塚歌劇流行語2014を決定しました!さあ、大賞に輝くのはどんな言葉に、またそれを手にするのは誰になるのでしょうか!

ドゥルルルルルルルルル…宝塚歌劇流行語2014、発表します!

宝塚歌劇流行語2014 トップ5「愛に溢れた雪山のジャイアン」

元雪組トップスター、壮一帆さんの言葉。

当時雪組トップスターだった壮一帆さんが100周年記念イベント「時を奏でるスミレの花たち」の中で、司会の真矢みきさんから専科の轟悠さんと各トップスターさんへの「キャッチコピー付きで自己紹介してください。」と言うムチャ振りに対して、即興で考えて見事に返した言葉です!

ジャイアン好きの壮さんだけに、この言葉選びはあっぱれです!ちなみに、元雪組の未涼亜希さんと、星組の柚希礼音さんとジャイアン話で盛り上がった際に壮さんは“心がジャイアン”ということになったそうです。

宝塚歌劇流行語2014 トップ4「望海だいもん」

花組トップスター、明日海りおさんの言葉。

花組「エリザベート」初日の舞台挨拶で明日海りおさんが「初日の舞台をご覧いただき、ありがとうございました。」とお堅い挨拶をしている中、緊張のせいか、望海風斗さんを紹介する際、「同期の望海だいもんは、……“だいもん”って言う愛称なんですけど、この公演で花組最後となりますし、」と必死に言い直し、会場を爆笑の渦に巻き込んだ言葉です!

ほんわかみりおちゃん(明日海)の人間性が出たゆるふわ挨拶でしたが、だいもんを紹介するみりおちゃんは涙声で、客席は、笑いながらもそのあたたかい心に感動しました。

宝塚歌劇流行語2014 トップ3「チケ難」

これは、今年、誰もが感じたはずです。そう、チケットが取れない!!宝塚友の会の先行発売でも、一般発売でも、当日券でも、どう足掻いても取れないんです!

特に東京宝塚劇場での「エリザベート」は凄惨さを極め、一般発売は5秒で完売。チケットキャンプやオークションでは3倍の値が付き、当日券は多くのファンが徹夜で乗り切り、午前6時前には定数に達してしまうという前代未聞の状態。

宝塚ファンが増えることは嬉しい限りですが、このチケット難はヅカファンにとってかなり厳しい時代になりましたね。

みんなのコメント
  1. 宝塚好き より:

    元専科の未涼亜希さんとありますが、未涼さんは元雪組では?

  2. みー。 より:

    未涼さんが専科…それだけ何でもできる人だったよ、との認識で良いのか⁇(^_^;)

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。