宝塚星組・瀬央ゆりあの魅力に迫る!性格は面白いのにイケメン!星組の男役としてバリバリ成長するせおっちに期待しかない!

宝塚歌劇団の男役、瀬央ゆりあさん。スター揃いの95期生として初舞台を踏み宝塚星組に配属され現在急成長するタカラジェンヌとして注目されています。そんな瀬央ゆりあさんは舞台姿も素敵ですが素顔の性格は少し天然で面白い!というところが魅力のひとつ。スカイステージやお茶会などで披露されるせおっち語録はファンを楽しませています。舞台での宝塚星組の男役としてバリバリキザる姿とのギャップにハマる方は多いのではないでしょうか?宝塚歌劇団の男役としての瀬央ゆりあさんの今後の活躍に目が離せません!

宝塚星組男役・瀬央ゆりあ

宝塚歌劇団・星組の男役スターとして活躍する瀬央ゆりあさん。

近年メキメキと成長を続け、舞台での男役としてのカッコ良さや普段の暖かい人柄が注目され気になる!というファンが続出しています。

下級生時代はあまり抜擢されていなかった瀬央さんは“遅咲き”と表現されることもありますが、新人公演「ガイズ&ドールズ」で主演を演じて以降、「オーム・シャンティ―・オーム~恋する輪廻~」のパップ―役や「スカーレット・ピンパーネル」のアルマン・サン・ジュスト役など、印象的な役を演じ快進撃を続けています。

そこで今回は瀬央ゆりあさんのプロフィールや魅力あふれるエピソードなどを画像とともにご紹介します。

瀬央ゆりあさんに関するおすすめ記事

瀬央ゆりあのプロフィール

基本プロフィールをおさらい

  • 誕生日;6月15日
  • 出身地:広島県広島市
  • 身長:172cm
  • 血液型:B型
  • 初舞台:2009年、宙組「薔薇に降る雨/Amour それは…」
  • 愛称:せおっち、せお、なおみ

広島出身ジェンヌ

広島県出身の瀬央ゆりあさん。現在広島県出身の男役は月組の暁千星さんと瀬央ゆりあさんの二人ということもあり、広島コンビとしてファンの間でも認知されています。

ちなみに瀬央ゆりあさんは広島県広島市生まれ、出身校は広島女学院高等学校。暁千星さんは広島県福山市で福山暁の星女子中学校出身ということで宝塚歌劇団に入る前は特に接点がなかったそうです。

スカイステージの特別番組では下級生の暁千星さんを優しくフォローしている瀬央さんの姿が印象的でした。またタカラヅカスペシャルでは瀬央さんが女役でデュエットダンスを踊るなど、今後も“せおあり”コンビに期待です!

スター揃いの95期生

瀬央ゆりあさんは2009年初舞台の95期生です。95期といえば、実咲凛音さんや妃海風さん、愛希れいかさんなど娘役トップや路線スターを多数輩出している“黄金の期”とも言われています。

 中学のとき、宝塚ファンだった小学時代のピアノの先生に誘われ、広島からバスツアーで宝塚を観劇。ゼロから勉強を始め、3度目の受験で合格した。

出典:日刊スポーツ

音楽学校受験も三度目で合格。決して器用なタイプではなく、入学してからも苦労が多かったそうですが瀬央ゆりあさんの生まれ持った明るい性格で音楽学校時代を過ごしていたようです。

95期生の初舞台は舞台全面を使ったハードな振り付けでした。そのため思い出話として瀬央さんは「お稽古が大変すぎてエレベーターが止まってこのまま稽古場に行かなくて済めば良いのに…エレベーター止まれ!と心の中で思っていた」というエピソードを披露しています。

最後のチャンスで新人公演主演

初舞台を宙組で踏んだのち、星組配属になった瀬央ゆりあさん。

下級生のころは成績順に抜擢されることが多い宝塚歌劇団。主席入団の同期、礼真琴さんが下級生のころから抜擢されていたのに比べて95期45人中40番だった瀬央ゆりあさんは下級生時代はあまり注目されていませんでした。

しかし、2014年の「眠らない男・ナポレオン」の新人公演で紅ゆずるさんのマルモン役に抜擢され注目を集め、その後も紅ゆずるさんの役や壱城あずささんの役を新人公演で演じ経験を積みます。

宝塚歌劇団の場合、新人公演の主役に抜擢されるかどうかで路線か非路線かという立ち位置の基準になってきます。もちろんスターになるのだけが全てではありませんが、新人公演の主演を掴み取ることで今後の役に大きく影響してくる大切な機会なのです。

そして瀬央ゆりあさんは新人公演最後のチャンスとなった2015年「ガイズ&ドールズ」 のスカイ・マスターソン(本役:北翔海莉)で初の主演を経験します。

新人ラストチャンスで大役をつかんだ。

「びっくりし過ぎると、逆に冷静に。いや、私、成績が悪いから(笑い)。新人公演主演って、成績がいい人たちがたどっていく道筋なのであろうと」

同じ組の礼は既に本公演で主要キャストを得る。同期でも「先生のよう」と笑い、首席の礼はお手本でもある。

出典:日刊スポーツ

ファンの間でも一度でもせおっちに主演を!という声が多く、配役発表時には盛り上がりました。

瀬央ゆりあの魅力とは?

瀬央ゆりあさんの面白エピソード

瀬央ゆりあさんの最大の魅力は美形なのに面白い!というところです。どちらかというと狙っているというより、天然の愛されキャラというのは生まれ持った朗らかな性格によるものでしょう。

数々の面白語録を生み出している瀬央ゆりあさんは自身のキャッチフレーズも“あなたの心にテレポーテーション”や“あなたの心を背負い投げ”など独特です。

そんな瀬央さんのお茶会やスカイステージなどで披露された面白エピソードをまとめてみました。

同期生はもちろん、上級生や下級生のお茶会でもたびたび登場する瀬央エピソード。組内でも愛されているのが伝わりますよね♪

ギャップが良い

こんなにお茶会での面白エピソードを持っている瀬央さん。そのため忘れがちですが画像を見るとわかるようにビジュアルも素晴らしいのです。

そして舞台ではバリバリ星組男役。最近はさらにカッコよくなって戸惑ってしまうファンも…

瀬央ゆりあは現在、『阿弖流為』に出演中!

礼真琴主演の「阿弖流為」に出演の瀬央ゆりあさんは坂上田村麻呂役を熱演しています。同期の初東上作品での二番手としての出演は大きな経験になり舞台人として飛躍できるチャンスです。

シアタードラマシティ公演の初日から評判が良く、日本青年館ホールでの舞台も期待が高まります。

公演情報

~ 

会場:日本青年館ホール

演出:大野拓史

あらすじは…

1999年に講談社より刊行され、2000年に吉川英治文学賞を受賞した高橋克彦氏の小説「火怨」を舞台化。8世紀、東北へ支配領域を拡大する大和朝廷が蝦夷征伐に乗り出す中、故郷を守る為に立ち上がった蝦夷の若き指導者・阿弖流為は、仲間と力を合わせ朝廷軍を打ち破っていく。しかし勝利は更なる戦いを招き、やがて朝廷軍の切り札である坂上田村麻呂に征夷の命が下される。蝦夷の誇りを守るため戦う阿弖流為の生き様を、迫力に満ちた立ち回りを織り交ぜ、スペクタクルなミュージカル作品としてお届け致します。

出典:宝塚歌劇団HP

主なキャスト

  • 阿弖流為:礼真琴
  • 佳奈:有沙 瞳
  • 坂上田村麻呂:瀬央ゆりあ

公演ポスター画像

ファンの声

今後の瀬央ゆりあに期待!!

出典:PAKUTASO

星組でますます成長する瀬央ゆりあさん。ただ面白いタカラジェンヌというだけではなく、スターとして舞台での技術やビジュアルにもますます磨きがかかっています。

大きく真っ直ぐな瞳に真摯に役と向き合う姿、またお茶会やスカイステージなどで見せるお茶目な姿など、気付いたら瀬央さんの魅力にはまっていた…なんてことも。これからも瀬央ゆりあから目が離せません!

宝塚歌劇団のその他のおすすめ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。