檀れいさんの、語り継ぎたい3つの伝説

今やすっかりテレビでおなじみの檀れいさんですが、実は彼女、宝塚歌劇団の出身なのです。宝塚時代から圧倒的美貌で数々の伝説的ヒロインを演じてきた檀さんについて、当時のエピソードを交えながら紹介していきましょう。

今やすっかりテレビでおなじみの檀れいさんですが、実は彼女、宝塚歌劇団の出身なのです。

宝塚時代から圧倒的美貌で数々の伝説的ヒロインを演じてきた壇さんについて、当時のエピソードを交えながら紹介していきましょう。

新人公演時代の伝説

雪組時代にヒロインを務めた新人公演では、壇さんのでている場面で落雷のため照明がすべて落ちてしまったそうです。しかし舞台設備の復活後、壇さんは全く動じずに舞台を演じきったそうです。すごい度胸と集中力ですね。

しかし、新人公演にハプニングはつき物ですが、ここまで派手なものはあまり聞きませんね。やはり当時から壇さんには何かツイていたとしか思えません。

楽屋での伝説

ある星組下級生による証言です。「王家に捧ぐ歌」の公演中、アムネリスの舞台メイクをバッチリした状態で玉子かけご飯を勢いよくかき込んでいたそうです。

あのゴージャスな格好で玉子かけご飯…すごいギャップですね!

檀さん曰く、開演10分過ぎぐらいに出番があるので、着替えも済んでいない状態でしたが、歌が多くて体力を使うので必ずご飯を食べていたと。その公演のさいは開演している音楽を聴きながら毎日食べていたそうです。大物感溢れる、男前なエピソードですね。

掲示板閉鎖伝説

新人公演最後の年でヒロインに抜擢され、その翌年に真琴つばささんの相手役として月組トップ娘役となった壇さん。

しかし、スター候補生として育てられておらず、技術に全く秀でたところのない檀さんはトップにふさわしくないと批判や疑問視する声がでてきました。バッシングはどんどんひどくなり、ついには公式ホームページの掲示板が閉鎖する騒ぎとなりました。

退団後、当時はつらいこともあったと話す壇さん。しかし、彼女はバッシングや嫌がらせに負けずに真琴つばささんの相手役を全うしました。そのあとは専科に移動し、星組で湖月わたるの相手役として再びトップ娘役に就任しました。本当に芯の強い女優さんです。

女優に必要なのは、一に集中力、二にプレッシャーに強いこと、三にバッシングに耐えられることといいますが、このエピソードを聞くと壇さんはどれも兼ねそろえていらっしゃいますね。

宝塚歌劇団のオススメ記事はこちら

宝塚歌劇で、新たな伝説に立ち会えるかも?

お楽しみいただけたでしょうか?檀れいさんって宝塚時代からすごい人なんですよ。チケットキャンプでは宝塚歌劇のチケットも取り扱っていますので、是非ご利用ください。宝塚には豊富の人材が集まっているので、第2の檀れいとなる宝塚女優の誕生に立ち会えるかもしれません。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。