宝塚雪組「ひかりふる路」上演記念!作曲者のフランク・ワイルドホーンが手掛けた作品をご紹介

望海風斗さん&真彩希帆さんコンビ主演の宝塚雪組公演「ひかりふる路」。2017年11月より宝塚大劇場から上演開始の舞台ですが、今回は作品の作曲をすべて手掛けた、アメリカ人作曲家のフランク・ワイルドホーンに注目!彼の作曲家としてのプロフィールをはじめ、これまでにフランク・ワイルドホーンが作曲を手掛けた、代表作や宝塚の過去公演をご紹介します。元・宙組トップスターの和央ようかさんの夫として、宝塚とも縁の深い作曲家フランク・ワイルドホーンが手掛ける、宝塚雪組公演「ひかりふる路」の楽曲にもぜひ注目してくださいね!

宝塚雪組公演『ひかりふる路』を手掛けた作曲家「フランク・ワイルドホーン」とは?

2017年11月10日(金)から宝塚大劇場を舞台に幕を開ける、宝塚雪組公演「ひかりふる路」。フランス革命の時代に生きた男・クシミリアン・ロベスピエールを題材にした時代ロマンです。

今回は、作品の全楽曲を手掛けた作曲家、フランク・ワイルドホーンに注目してお届けします!ワイルドホーンのプロフィールから、これまでに作曲を手掛けた代表作や過去公演とともに、彼の魅力をお伝えします。

宝塚雪組『ひかりふる路』作曲家「フランク・ワイルドホーン」プロフィール

宝塚雪組公演「ひかりふる路」では、全曲の作曲を手掛けた、フランク・ワイルドホーン。1959年11月29日生まれ、アメリカ合衆国ニューヨーク市出身の彼は、2014年には元宝塚宙組トップスターの和央ようかさんとの婚約を発表したことでも知られる人物です。

中学生の時に独学でピアノを学んだのをきっかけに、大学時代に作曲を開始し、ミュージカル作品の作曲を手掛けるようになりました。ワイルドホーンの作り出す音楽は、観劇した人の耳に残るようなキャッチーな名曲ばかり!

ブロードウェイミュージカルをはじめ、数々の宝塚作品の作曲を手掛けています。

宝塚雪組『ひかりふる路』作曲家「フランク・ワイルドホーン」の代表作!

宝塚雪組公演「ひかりふる路」で作曲を手掛けたフランク・ワイルドホーン。大学生時代に作曲家としてのキャリアをスタートさせ、これまでに多くの作品で作曲を手掛けてきました。

そんな彼の代表作を、いくつかご紹介します。

ジキル&ハイド

フランク・ワイルドホーンの作曲家としてのデビューともなった代表作「ジキル&ハイド」。日本でも有名な作品で、ジキル博士の第2の人格ハイドをめぐる物語です。

この作品を手掛けたことをきっかけに、フランク・ワイルドホーンは、次々にミュージカル作品の作曲を手掛けるようになりました。

The Civil War

アメリカで優れた演劇作品に贈られる、トニー賞のオリジナル楽曲賞にノミネートされた代表作「The Civil War」。アメリカの南北戦争を背景にした歴史作品で、フランク・ワイルドホーンはゴスペルやカントリー調のロックなど、アメリカの伝統音楽を取り入れた作曲を披露しました。

宝塚雪組『ひかりふる路』作曲家「フランク・ワイルドホーン」が手掛けた宝塚過去公演!

宝塚雪組公演「ひかりふる路」での作曲を担当したフランク・ワイルドホーンですが、宝塚の過去公演でも作曲を手掛けています。和央ようかさんの退団公演「NEVER SAY GOODBYE」など、宝塚の名作の作曲を手掛けたワイルドホーンの過去公演を、ご紹介します!

スカーレット・ピンパーネル

2017年には星組が演じた過去公演「スカーレット・ピンパーネル」。フランク・ワイルドホーンが手掛けたミュージカル作品の宝塚版として2008年に公演を開始し、宝塚公演に向けて書き下ろした新曲の作曲も手がけています。

モンテ・クリスト伯

2013年に宙組が上演した過去公演「モンテ・クリスト伯」。小説では「巌窟王」の題名でも知られる作品で、フランク・ワイルドホーンが2009年に手掛けたミュージカル作品として、宝塚でも演じられました。

作曲家フランク・ワイルドホーンの楽曲にも注目!宝塚雪組公演「ひかりふる路」

(出典:Photo ACより)

望海風斗さん&真彩希帆さんコンビの宝塚雪組公演として、2017年11月より公演開始となる作品「ひかりふる路」。今回は作品の楽曲をすべて手掛ける作曲家のフランク・ワイルドホーンについて、プロフィールや代表作、宝塚での過去公演作を交えてご紹介しました。

ブロードウェイミュージカルを数々手掛け、宝塚作品とも縁の深い作曲家のフランク・ワイルドホーンが全曲を作曲した、宝塚雪組公演「ひかりふる路」。フランス革命時代の作品の世界観を表現した音楽にも注目して、ぜひ作品をお楽しみくださいね!

宝塚雪組のおすすめ記事はコチラ!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。