雪組の新世代を背負う!月城かなとのこれからの活躍に期待大

宝塚歌劇雪組の若手、月城かなとさんはこれからの雪組ファンにとっては要注目かもしれません。彼女が持つ技術と、佇まいは他の誰にもみられないオーラを放ち観るひとを惹きつけて離さないからです。

宝塚歌劇雪組の若手、月城かなとさんはこれからの雪組ファンにとっては要注目かもしれません。

彼女が持つ技術と、佇まいは他の誰にもみられないオーラを放ち観るひとを惹きつけて離さないからです。

月城かなとは、謙虚に、しかし熱い情熱を持つ雪組男役

月城さんは2009年に初舞台を踏んだ実咲凜音、妃海風、礼真琴、柚香光という怒涛の才能を生み出す黄金世代の95期です。

新人公演においては、雪組トップ壮一帆の役を担い、同期が次々と大きな役を射止めて活躍していく様を見つつ、研鑽を重ねてきました。

その舞台姿はこれまで彼女を知らなかったファンからも、その確かな実力に目を見張るという評価が多く寄せられました。

月城さんが持つ信念とそれに裏打ちされたスキルの高さが、宝塚ファン全体から期待を寄せられているのです。

恐れなく歴史を担う!雪組月城かなとの信念とは

舞台に立ち役柄が学年が上がるごとに

という思いを強くしたと月城さんはいいます。これは雪組は他の組と比較しても、日本物芝居をする回数が明らかに多く、それが「日本物の雪組」という伝統となっていることを踏まえています

宝塚の歴史を俯瞰した確固たる考えを持つ、これから楽しみな才能に出会えるのはファンにとっては何物にも代えがたい喜びです。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。