宝塚歌劇雪組『幕末太陽傳』退団者発表 彼女たちのこれまでの活躍を振り返る

早霧せいな、咲妃みゆのトップコンビがともに退団することがすでに発表されていた2017年4月からの宝塚歌劇雪組公演『幕末太陽傳』、ショー『Dramatic “S”!』。それに加えてトップコンビ以外の5人の生徒の退団発表がありました。彼女たちのこれまでの活躍を振り返りながら、紹介していきます。

【宝塚歌劇雪組における退団発表とは】

2017年春を彩る、宝塚大劇場公演を行う宝塚歌劇雪組。舞台は雪組のもっとも得意とする日本物と、トップスター早霧せいなの名前をアルファベットにした頭文字「S」を明記したレビューの二本立てとなった『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)』、ショー『Dramatic “S”!』です。

新たに入団する第103期生お披露目公演となる記念すべき公演ですが、同時に早霧せいな、咲妃みゆという宝塚歌劇雪組の歴史の中の一時代を築いたトップコンビの卒業公演でもあります。

またトップコンビ以外にも、雪組生徒5人がこの公演で退団することを発表。通常トップスター、トップ娘役ではない生徒の退団発表は、別に集合日と呼ばれるお稽古開始日に行われることになっています。

ファンには毎回のことではありますが、心配と恐怖の日と感じる人も多いでしょう。今公演では鳳翔大、香綾しずる、桃花ひな、星乃あんり、蒼井美樹の5人の生徒の退団発表があり、人気スターが多く含まれることもあって、ファンから嘆きの声が多くあがりました。

そんな彼女たちの、これまでの舞台での活躍を振り返りながら紹介していきましょう。

【宝塚歌劇雪組『幕末太陽傳』『Dramatic “S”!』卒業する生徒のこれまでを紹介】

ただ人気スターとはいっても、これまで何年も舞台を観てきた宝塚歌劇雪組ファンでない限り、退団する方達みんなに詳しい方はそう多くないかもしれません。

トップコンビの退団はこれから先も記事になったりニュースで多く配信されますが、そうでない生徒はファンや組ファンの温かい声援が退団公演の励みとなって、努力しているものなのです。

今回は宝塚歌劇雪組に詳しくない方にもできるだけ分かりやすく、卒業生ひとりひとりをこれまでの代表的な舞台遍歴をまじえて、明らかにしていきます。

紹介の表記は上級生から下級生への学年順となっています。

【宝塚歌劇雪組 鳳翔大の軌跡】

宝塚歌劇雪組 鳳翔大

鳳翔大は第88期生。兵庫県西宮市出身。

宝塚ファンの慣例として、組を超えた同期生の絆に強い関心を持つ方が多いはずです。今回はちょうど鳳翔大と同期生である、星組トップスター紅ゆずるお披露目公演の直後の公演での退団となり、さらに惜しまれる声があがりました。

『黎明の風』、『Paradise Prince』新人公演主演2回を経て、2012年に宙組から雪組へ組み替えとなりました。代表的な作品は『一夢庵風流記 前田慶次』での直江兼続役、『るろうに剣心』での相良佐之助役など。

特に宙組時代から続いていた、春風弥里&蓮水ゆうやの同期ふたりとの仲の良さから、「宝塚GRAPH」誌で3人のコーナーを持つほど、人気を呼びました!

宝塚歌劇雪組きっての長身と男役としてのスタイルの良さが魅力で、その明るいキャラクターに加えてイケメンからおじ様までこなせる上級生として組ファンを超えて愛された生徒です。

【宝塚歌劇雪組 香綾しずるの軌跡】

宝塚歌劇雪組 香綾しずる

第90期生。山口市周南市出身。

元々宝塚にとても興味があったわけではなかった彼女でしたが、音楽学校入学から入団と舞台を重ねていくにつれ、しだいに宝塚の魅力を語るほどになったそうです。

下級生であった頃から舞台での存在感と抑え目でありながらキラリと光るオーラをみせていた香綾しずるは、これからも宝塚歌劇雪組を支える柱になる上級生といわれていただけに、今回の退団発表を驚くファンも多かったでしょう。

『私立探偵ケイレブ・ハント』でみせたナイジェルのような独特の一匹狼的な渋い男性から、『星逢一夜』での鈴虫を代表する老人など世の無常を感じさせる切ない演技までこなすことのできる芝居巧者です。

次期雪組トップが決まった、望海風斗さん主演2016年公演『ドン・ジュアン』。騎士団長という役ともに、主人公を死の恐怖で常にさいなむ「亡霊」という役で新境地を開き、役者としての本領をみせてくれました。

【宝塚歌劇雪組 桃花ひなの軌跡】

宝塚歌劇雪組 桃花ひな

第92期生。大阪府池田市出身。

桃花ひなは、お芝居では日本物の雪組の娘役らしく遊女をこなすことも多いひとでした。その色気ある所作は、日舞の名取であることからも納得の娘役。

また彼女自身も好きな役として、2016年『星影の人』博多座公演の加代役を挙げています。

2013年ドラマシティ公演『ブラック・ジャック許されざる者への挽歌』にてヒロインとなるピノコ役として可憐な姿をみせてくれました。

彼女のような色気あるお姉さんキャラは、宝塚歌劇雪組娘役の持ち味ですから、退団はとても残念ですね!

【宝塚歌劇雪組 星乃あんりの軌跡】

宝塚歌劇雪組 星乃あんり

星乃あんりは第95期生。福岡県福岡市出身。

落ち着いた雰囲気を持ち、宝塚歌劇雪組娘役としては可愛いというよりも、大人の女性役がとても似合う方です!安定した演技と歌唱力で、2011年バウホール公演『灼熱の彼方 ~「オデュセウス編」と「コモドゥス編」~』で、Wヒロインのひとりとして起用されています。

翌年2012年バウホール公演『双曲線上のカルテ』では単独ヒロインとして、現在の雪組トップスター早霧せいなの相手役となるなど、早くから抜擢が続いていた娘役でした。

2014年バウホール公演『パルムの僧院』ではすでに退団したOG娘役大湖せしると並んで、彩風咲奈演じる主人ファブリスが、本当に愛する憧れの女性クレリアを好演。

ただ可愛いだけではなく色気も持ちあわせた存在感で芝居では楚々として、しかしショーでは一変して妖艶な魅力をたたえるたたずまいは、必見の娘役として退団後も記憶に残るでしょう。

【宝塚歌劇雪組 蒼井美樹の軌跡】

宝塚歌劇雪組 蒼井美樹

蒼井美樹は第96期生。東京都世田谷区出身。

舞台上で特に大きな役を演じていなくても、美貌の宝塚歌劇雪組娘役として、たびたび話題にあがる方でした。お芝居の目をひくだけでなく、スカイステージでのダンス番組に出演するほど、ダンスのセンスの良さと多彩な才能の持ち主です。

これまで自分が演じた中で、好きな役として『フットルース』の学生役、『伯爵令嬢』のスザンヌ役を挙げています。特に『フットルース』の学生役は、宝塚歌劇としては珍しく男前な女子学生というキャラをつくりあげて、人気となりました。

雪組を支えた名脇役の退団は、さみしいですね。

【宝塚歌劇雪組 歴史がつくられる過程とは】

トップコンビ以外で、今回退団する宝塚歌劇雪組生を簡単に紹介してきました。

しかし昨今では昔のように一年以上、なんの音沙汰もない消息がわからないというケースは減少。

退団後すぐでも舞台や映像、SNSなどでその活躍をみせてくれる機会が多くなってきていますので、今公演で惜しまれつつも卒業する彼女たちのその後に思いをはせながら観劇してみるとよいかもしれませんね!

宝塚歌劇雪組のおすすめ記事はこちら

  • 【 スペシャルドラマ・女の勲章】壮一帆&愛加あゆが女のバトルで共演!
  • 雪組『幕末太陽伝』は日本物ルパン?その理由を検証
  • 雪組トップコンビ・ちぎみゆ退団発表!”いい夫婦の日”の会見で明かされた本音
  • ちぎみゆは宝塚史に残る名カップル!?魅力に迫る!
  • 【宝塚雪組】大劇場公演「幕末太陽傳 / Dramatic “S” !」人情喜劇に挑む!
  • 雪組・彩風咲奈『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)』『Dramatic“S”!』休演!←NEW!

    彩風咲奈 休演を発表


    本日、宝塚雪組の彩風咲奈さんの宝塚大劇場公演『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)』『Dramatic“S”!』休演が発表されました。


    この発表には、宝塚ファンの間でも驚きの声がたくさん見られます。

    なお、現段階では復帰時点が未定ということなので、心配ですね。

    しかし、今は彩風咲奈さんにはゆっくり休養していただき、一刻もはやくまた美しい姿を見せてくれることを待ちましょう。

    『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)』代役の発表

    また、彩風咲奈さんの休演により『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)』の代役も発表されました!

  • 息子徳三郎・・・彩風 咲奈→永久輝 せあ
  • 倉造息子清七・・・永久輝 せあ→縣 千
  • ガエン者玄平・・・縣 千→日和 春磨

  • こちらの発表にも、「代役がんばれ!」という声が多数寄せられています。

    急な出来事にスターさんも宝塚ファンも動揺していることと思いますが、卒業と入団が同時に行われる今回の舞台を無事に迎えられることを祈りたいですね。

    『幕末太陽傳』『Dramatic “S”!』千秋楽 ライブ中継について←NEW!


    雪組『幕末太陽傳』『Dramatic “S”!』宝塚大劇場公演での千秋楽の模様がライブ中継されることが決定しました!

    日程

    2017年5月29日(月)13:00上映開始

    会場

    東京都

    TOHOシネマズ 日本橋
    TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
    TOHOシネマズ 新宿
    TOHOシネマズ 渋谷
    TOHOシネマズ 錦糸町
    TOHOシネマズ 西新井
    TOHOシネマズ 府中
    TOHOシネマズ 南大沢

    神奈川県

    TOHOシネマズ 川崎
    TOHOシネマズ ららぽーと横浜

    千葉県

    TOHOシネマズ 流山おおたかの森

    愛知県

    TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ

    大阪府

    TOHOシネマズ 梅田
    TOHOシネマズ なんば
    TOHOシネマズ 鳳
    TOHOシネマズ くずはモール

    京都府

    TOHOシネマズ 二条

    兵庫県

    TOHOシネマズ 西宮OS
    OSシネマズミント神戸

    福岡県

    TOHOシネマズ 天神
    ユナイテッド・シネマキャナルシティ13

    宝塚大劇場のライブ中継は異例?!

    普段は、ライブ中継をされることがあっても、東京宝塚劇場での千秋楽のみ。
    しかし、今回の宝塚大劇場での千秋楽をライブ中継するという発表には、宝塚ファンも大興奮の様子です。

    『幕末太陽傳』『Dramatic “S”!』は、雪組の多くのスターの退団、そして何と言っても「ちぎみゆ」トップコンビの退団となる大事な公演です。
    「宝塚大劇場には見に行きたいけど行くことができない!」という宝塚ファンにはこのライブ中継は少しでも公演の様子を感じられる絶好の機会ですね!

    【見逃せない宝塚歌劇雪組公演】

    (出典:pixabayより)

    来てほしくないと願っていても、やはり始まればどんな気持ちで舞台に立っているのか、周囲の生徒の反応はどうなのかなどが気になってしまう宝塚歌劇雪組生徒たちの退団公演。宝塚歌劇雪組のトップコンビ退団公演『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)』、ショー『Dramatic “S”!』は、4月に新しく入団した第103期生お披露目公演でもあり、卒業と入団が同時に行われる春ならではの舞台となります。

    お気に入りの生徒が退団してしまうのはとても寂しいことですが、最後の公演に全力をそそぐ卒業する生徒のためにも応援は欠かせませんね!また上級生が卒業することで下級生の出番が増え、違う新しい才能を見出して楽しむのも、宝塚歌劇の面白いところです。

    退団することもあってトップコンビふたりにいつも注目が集まってしまうのは当たり前のことではありますが、その他の生徒の活躍や思いまで感じながら舞台を鑑賞してみるのも、ファン上級者のたしなみでしょう。ぜひ宝塚歌劇雪組公演『『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)』、ショー『Dramatic “S”!』の観劇をしに、劇場まで足を運んでみてください!(敬称略)

    みんなのコメント
    1. ちぎ♥️雪組 より:

      早霧せいなさん、咲妃みゆさんの
      トップコンビの退団公演。
      さよならはとても寂しいですが、最後まで精一杯
      応援します。
      そして、絶対見に行きます!!

    コメントお待ちしております

    内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。