次期雪組トップスター望海風斗!プロフィールと魅力を徹底解析!

次期雪組トップスターに内定した望海風斗さん!花組から雪組へ組替えし、2番手スターとしての活躍が輝いている望海さんのプロフィールを紹介します♪基本のプロフィールから性格まで、ファンを魅了する望海風斗さんの魅力を徹底解析!

次期雪組トップスター・望海風斗

雪組次期トップスターに内定した望海風斗さん!花組から組替えし、早霧さん率いる雪組を支える2番手スターとして実力を遺憾なく発揮し、現在の雪組の人気に大きく貢献してきました。そんな望海さんの基本プロフィールから生い立ちや活動経歴を振り返りながら、ファンを魅了する望海さんの魅力に迫っていきましょう♪

望海風斗さんのおすすめ記事はこちら

望海風斗さんって、どんな人?

基本プロフィール

  • 出身地:神奈川県横浜市
  • 初舞台:2003年4月 『花の宝塚風土記/シニョール・ドン・ファン』
  • 誕生日:10月19日
  • 身長:169cm
  • 血液型:A型
  • 愛称:だいもん

生い立ち、そして宝塚入団まで

幼い頃から歌ったり踊ったりすることが好きだった望海さん。宝塚ファンの叔母さんの影響で、宝塚を観劇するようになったそうです。

天海祐希さんのファンで、学生時代には天海さんに語り掛ける日記を書いていたことがあると宝塚専門チャンネル・スカイステージの番組で紹介されました。その放送以来、日記の最後につづられる「天海さんも、そんなことある?」というフレーズはとても印象的でファンの中でもツイッター等でたびたび使用されています。

それほどまでに宝塚ファンだった望海風斗さんは、2001年に宝塚音楽学校へ入学。
2003年、89期生として宝塚歌劇団に入団しました。89期生といえば、“美人の期”としてもファンの間では有名ですよね。 望海さんの入団時の成績は2番だったとのことで、当初から成績優秀であったことがわかりますね。

これまでの主な経歴、活動

  • 2006年から2014年の組替えまで
  • 2006年からスカイステージの第5期スカイ・フェアリーズとしての活動を1年間務めました。
    2009年『太王四神記』で新人公演初主演を掴みました。続く『外伝 ベルサイユのばら-アンドレ編-』でも新人公演主演を務め、どちらも豊かな歌唱力を武器に演じ切り、好評を得ました。
    2012年には『Victrian Jazz』でバウホール初主演を果たします。

    2013年、『オーシャンズ11』では、敵役のテリー・ベネディクト役に抜擢。大劇場における初めての大役ですが、存在感たっぷりに演じ強く印象に残っているファンも多いのではないでしょうか。
    2014年、『エリザベート』ではルキーニ役を演じました。色が濃く難しいこの役を、実力を余すことなく発揮し、これまでのルキーニのどれとも違う狂気的な演技で魅せました。
    その後、2014年11月17日付で雪組へと組替えします。

     

  • 雪組へ組替え後の活躍
  • 早霧せいなさん率いる雪組で2番手スターとして活躍する中で、更に歌唱力に磨きがかかり、強弱のある細やかな演技力に加えて男役としての色香も増し、大躍進を遂げました。

    2015年、『星逢一夜』では、可愛らしい子供時代と、深い愛情をもった包容力ある源太を繊細な演技で魅せました。この公演は大好評を得て、2017年に中日劇場で再演されました。そして2015年『アルカポネ』(シアター・ドラマシティ・赤坂ACTシアター公演)、2016年『ドン・ジュアン』(KATT神奈川芸術劇場・シアタードラマシティ公演)では主演を務めます。

    こうして経歴を振り返ると、成績優秀で美貌の持ち主でもある望海さんですが、スピード出世型ではなく、ゆっくりと着実にスター街道を歩いていったという印象を受けますね。

ファンを魅了する、望海風斗さんの魅力!

最大の魅力!圧倒的な歌唱力!!

望海風斗さんの最大の魅力といえば、やはり豊かな歌唱力でしょう!
迫力はもちろん、歌唱の厚み、感情によって変わる表現の色の多彩さ…。圧倒的な美しい歌唱に客席は酔いしれ、観客の心は鷲づかみにされてしまいます。

2016年に主演を務めた『ドン・ジュアン』での、劇場が揺れるかのような歌声は記憶に新しいですね。
また、2016年に『井上芳雄シングスディズニー~ドリーム・ゴーズ・オン!~』の大阪公演にゲスト出演しました。ミュージカル界のプリンス・井上芳雄さんもが認める望海さんの歌声は、現在の宝塚の誇りと言っても過言ではないでしょう。

熱く、男らしい男役!

伝統ある花組で育ってきたこともあってか、群舞などの大勢で出演している場面でも、舞台上でとても大きな存在感を放ちます。ファンでなくてもついつい目を奪われてしまう方も多いのではないでしょうか。

ショーでは要所要所で客席にバッチリウィンクを投げかけたり目線を送ってくれたりとアピールしてくれる望海さん。その姿に、ノックアウトされる方も多いはずです!

応援したくなる、真面目で熱い性格

とても真面目な性格として知られている望海さん。
様々な番組やインタビューでは、舞台や宝塚にかける思いをとても真摯に熱く語られています。
また、100周年記念式典での歌唱では誰よりも大きく口をあけて歌う姿がスカイステージで放送され、その真面目ぶりが浮き彫りとなりました。

しかし、真面目が故なのか、突然ふられるアドリブが少し苦手な一面も。雪組に組替えし最初の大劇場公演である『ルパン三世』では、早霧さんから繰り出される多様なアドリブにたじたじとなる姿が話題となりました。しかし、その姿がまた可愛らしく、応援したくなっちゃいますね。

美しすぎる容姿

涼しげな目元に、彫刻のように通った鼻筋、加えてシャープな顎のライン。非の打ち所がない美貌の持ち主でもある望海風斗さん。

2016年『るろうに剣心』で演じたオリジナルキャラクターである美剣士・加納惣三郎役は、ポスター画像が公式HPにアップされるやいなや、その美しさが話題となりました。

2010年には、POND’Sのイメージキャラクターに同期の明日海りお、美弥るりか、蓮城まこと、凪七瑠海と共に起用されています。改めて、89期が美しいスター揃いであることに気づかされますね。

望海風斗さんから目が離せない!


圧倒的な歌唱力でファンを魅了する望海風斗さんのプロフィールや生い立ち、経歴、活動を紹介しました。
現在は雪組2番手スターとして活躍しており、早霧せいなさんと咲妃みゆさんのトップコンビとのトリデンテも素晴らしく、この雪組が大好きというファンの方も多いことでしょう。

しかし、そんな早霧さんが築かれた素晴らしい雪組を引き継ぐことができるのは、熱く真面目で宝塚愛に溢れた性格の望海さんの他にはありえません!相手役であるトップ娘役には、望海さんと同様に歌唱力に定評がある真彩希帆さんが内定しています。どんなに素晴らしい舞台を発信されるのか、今から楽しみで仕方ありませんね♪

宝塚 雪組のおすすめ記事はこちら

みんなのコメント
  1. しぃ より:

    望海風斗さんが次期雪組トップスターに内定されて本当に嬉しいです!
    花組時代から応援していて当時は「花組でトップスターになって欲しい!」と正直思っていましたが、早霧せいなさん率いる雪組に組替えになって、早霧さんや雪組の新たな魅力あふれる方々に刺激を受けて、更に進化された望海さんを見ていると「雪組でトップスターさんになれて良かった!!!」とファンとして心から感謝の気持ちが溢れてきますし、私自身も雪組が大好きになりました。
    早霧さん、そして咲妃さんコンビの雪組の一員としての作品は、とうとうあと1作となりました……が最後まで絆を築いて輝いてほしいです。
    そして今後相手役になられる希帆ちゃん、そして雪組の組子と同じ方向を向いて、また更に進化される望海さんを見ていきたいです!

  2. より:

    望海風斗さんが次期トップスターに決まった事、本当に嬉しかったです!
    望海さんは歌がとても注目されてますが、近年では『アル・カポネ』での希望溢れる青年から裏社会のドンまでの変貌を演じられた望海さんのお芝居に特に魅入りました。
    雪組トップさんの早霧せいなさんから学ぶ事が多かったのが雪組に代わってからの望海さんを見て分かります。
    2番手としての望海さんも大好きなので今の雪組を十分に堪能したいです!

  3. みどりん より:

    花組時代から望海さんのファンで、雪組への異動は少なからず驚きはありましたが、雪組でもいつも真面目でひたむきで努力惜しまず期待を上回る舞台を見せてくれるだいもんがますます大好きになるばかりです。歌声もお芝居も、目力ある端正なお顔もはもちろんのこと、ダンスの見せ方も私のツボ。
    ちぎさんのご卒業最後の最後まで熱いちぎさんパワー沢山受け取って、次世代に受け継いで下さい! 私も引き続き熱く応援させていただきます。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。