宝塚で海洋ファンタジー!雪組公演『CAPTAIN NEMO…ネモ船長と神秘の島…』とは?出演者決定!ついに先行画像解禁!【6/2追記】

雪組三番手スターとして活躍してきた彩風咲奈さんの次の主演公演が発表されました! 夏から秋にかけての新日本青年館と梅田芸術劇場ドラマシティにて上演されます。 雪組公演タイトルは『CAPTAIN NEMO…ネモ船長と神秘の島…』。 ちょっと意外な原作とストーリーに、今からファンは期待は高まるばかり。 そこで原作もまだよくわからないという人のためにこの雪組公演『CAPTAIN NEMO…ネモ船長と神秘の島…』の原作などの概要と、併せて主演となる彩風咲奈のこれまでの活躍を振り返りながら紹介していきましょう!

【雪組公演『CAPTAIN NEMO…ネモ船長と神秘の島…』は、遥かな海洋アドベンチャー】

先ごろ新しいトップコンビの発表があった宝塚歌劇 雪組。そのプレお披露目である全国ツアー公演と同時期に上演されるのが、この公演が別箱主演初となる彩風咲奈の『CAPTAIN NEMO…ネモ船長と神秘の島…』です。

公演は2会場で開催され、新日本青年館ホールにて2017年8月29日(火)~ 9月4日(月) 、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて2017年9月16日(土)~ 9月24日(日)の期間で上演予定です。

公演内容は、深海を冒険する潜水艦ノーチラス号を操る謎多き人物ネモ船長の冒険に、宝塚らしいロマンスを絡ませて新しい物語を紡ぎます。

ここでは舞台のストーリーをはじめ、主演をつとめる彩風咲奈のこれまでの活躍を振り返りつつ、公演の魅力をご紹介していきます。

雪組公演『CAPTAIN NEMO…ネモ船長と神秘の島…』先行画像解禁!【6/2追記】

ファンの声

【雪組公演『CAPTAIN NEMO…ネモ船長と神秘の島…』出演者決定!←NEW

雪組

舞咲 りん
笙乃 茅桜
彩風 咲奈
久城 あす
朝美 絢←2017年5月31日付で雪組へ組替え
愛 すみれ
真地 佑果
永久輝 せあ
沙羅 アンナ
叶 ゆうり
諏訪 さき
野々花 ひまり
彩 みちる
桜庭 舞
眞ノ宮 るい
ゆめ 真音
縣 千
琴羽 りり
望月 篤乃
彩海 せら
潤 花
涼花 美雨
稀羽 りんと
花束 ゆめ(※)
天咲 礼愛(※)
大河 そあ(※)
壮海 はるま(※)
(※)2017年5月30日付で雪組へ配属

専科

汝鳥 伶
華形 ひかる

【原作はどんなストーリー?】

原作はジュール・ヴェルヌのSF小説『海底二万里』。 世界中で今もなお愛され続けている、人類の海への憧れと不思議さをミックスしたベストセラー冒険譚です。

あらすじを前もって知りたいならば公式サイトにて表記はされていませんが、同じ原作で1954年にウォルト・ディズニーの手で映画化された『海底二万哩(マイル)』が、おそらく一番見やすい作品でしょう。

東京ディズニーシーにも『海底二万哩(マイル』をモチーフとしているアトラクションがあります。

過去に迫害を受けたことで陸上世界を憎んでいたネモ船長は、その卓越した頭脳と実行力で潜水艦ノーチラス号の中で陸上世界以上の文明を築き上げ、その文明を奪おうとする陸の軍隊と闘うことになります。

【原作を大幅に変更しての舞台化】

(出典:photoACより)

演出の谷正純氏は、これまでもオペラ作品『こうもり』を改変して脇役を主人公に変更して舞台化している実績があり、今回も原作では悪役ともとれるネモ船長を主人公に据えています。

地上世界に見切りをつけ、地図にない島と島の住民を守ろうとするネモ船長は現代の私たちにはなかなか理解ができず、また逆にどこか遠い憧れにも似た思いを抱かせる存在です。

そのネモ船長にさらにロマンスの要素を加えることでより親近感がわきますし、このお相手の女性を雪組娘役の誰が演じることになるのか気になるところです。

また元々の『海底二万里』には、主人公とされる三人の登場人物が存在していますが、彼らが主要人物になるのか。 こちらも誰がキャスティングされるかがとても重要です。

【孤高と美学が信条!ネモ船長を演じる彩風咲奈】

ネモ船長を演じることになる彩風咲奈は、2017年に研10となる男役スターです。 近年では5作も新人公演主演を行ったスターはほとんどいませんから、劇団からのその期待度の高さが垣間見えます。

2011年バウ・ワークショップ『灼熱の彼方~オデュセウス編~』で宝塚バウホール公演初W主演。

2014年バウホール公演『パルムの僧院-美しき愛の囚人-』で単独主演を果たしているなど順調にスターの階段を昇りつつ、一般的には 『ルパン三世』の次元大介や『るろうに剣心』の齋藤一が代表的な役として知られています。

色男から渋めの男性まで演じ分けられる力量、そしてショーではダンスで惹きつけるパワーを持ちますから、 きっとこれからの雪組に欠かせないものとなるでしょう!

宝塚歌劇雪組のその他おすすめ記事

  • 【 スペシャルドラマ・女の勲章】壮一帆&愛加あゆが女のバトルで共演!
  • 宝塚歌劇雪組・早霧せいな、咲妃みゆの「どっち?どっち?」ちぎみゆ仲良しエピソード
  • 雪組の御曹司が月組へ組替え!“ロイヤル”月城かなとの魅力を徹底解剖!
  • 【雪組公演『CAPTAIN NEMO…ネモ船長と神秘の島…』で彩風咲奈の真価が問われる!】


    (出典:photoACより)

    大劇場公演の内容も発表されて、これから雪組新体制がどんな作品を上演してどんな組カラーで魅せてくれるのか。トップコンビはもちろん二番手スターとなる彩風咲奈にも大きく比重がかかっているといっても過言ではありません。

    その実力がわかる主演公演はファンならずともぜひ観ておきたいもの。『CAPTAIN NEMO…ネモ船長と神秘の島…』、相手役キャストも含めてこれからの展開に目が離せませんね!

    コメントお待ちしております

    内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。