月組・凪七瑠海が専科異動!その時ファンは何を思う?

驚きの人事が発表されました。月組の男役スター・凪七瑠海さんが、「NOBUNAGA<信長>/ Forever LOVE!!」の千秋楽をもって専科に異動するのです。また、主演ディナーショーも発表されました。今回の発表と、近年の専科事情についてまとめてみました。

宝塚歌劇月組の男役スター・凪七瑠海さんが専科に異動することが発表されました。また、月組組長の飛鳥裕さんも、同時に専科異動となります。

月組生としての最後の大劇場公演は、「NOBUNAGA<信長>/ Forever LOVE!!」。トップスター・龍真咲さんのサヨナラ公演でもあるこの公演、月組ファン・凪七瑠海さんファンとしても大きな意味を持つ公演となります。

今回は、専科異動が決定した凪七瑠海さんのこれまでの活躍と、近年の専科事情について特集します。

専科異動が決定した凪七瑠海さんの経歴

凪七瑠海さんは、スター揃い89期の首席入団を果たしています。宙組に配属され、早くから新人公演でも抜擢されていました。

2009年には、月組「エリザベート」にヒロイン・エリザベート役で特別出演。新進気鋭の男役でありながら、ヒロインを演じるという異例の抜擢でした。

その後、2009年「カサブランカ」で新人公演初主演。2010年には「Je Chante(ジュ シャント)」-終わりなき喝采-」にてバウ公演初主演。その後も、宙組の一員として重要な役どころを担っていました。

2013年、「ME AND MY GIRL」より月組に異動。梅芸・青年館公演「THE KINGDOM」にて同期の美弥るりかさんとW主演。「オイディプス王」では轟悠さんの相手役としてヒロインを務めるなど、躍進が続いていました。2016/9/5の「NOBUNAGA」千秋楽をもって、専科に異動されます。

専科異動後ディナーショーも決定

専科移動後、初のディナーショーが決定。11月に宝塚ホテル・第一ホテル東京にて開催されます。まだ出演者等は発表されていませんが、月組から専科に異動した沙央くらまさん・星条海斗さんを見ると、月組生が出演していることから、今回もその可能性が高そうです。

演出は酒井澄夫先生。宝塚らしさもあり、カチャさんらしさも発揮できるDSになりそうですね。

凪七瑠海さんの専科異動についてのファンの声

カチャさんの専科異動については、ファンからも賛否両論。驚きの声が上がっています。これまで女役での役も多く経験していることから、女役としての出演も増えるのでは…?という声も。

89期が専科…ということに、時の流れを感じてしまいますね。

専科異動後の公演についても、注目が集まっています。

近年専科異動したスターたち

近年、専科には各組スター級のタカラジェンヌが多数移動しています。85期の華形ひかるさん、86期の星条海斗さん、87期の沙央くらまさん。いずれも、新人公演主演経験もあり、組の中心として活躍していたスターさん。専科移動後も、ディナーショーを開き、大劇場公演・小劇場公演に主要な役どころとして出演が続いています。

100周年前後から、専科には強力なメンバーが増えています。2015年には専科を中心とした公演「オイディプス王」が好評を博しましたよね。ぜひ、今後もこういった挑戦的な演目を専科で見ていきたいものです。

専科に異動後の凪七瑠海さんに注目

専科は、誰でもなれるものではありません。その実力が認められ、宝塚に無くてはならないと認められたからこそ、スペシャリストとして専科の一員に選ばれるのです。

専科のみなさんは、どの組に出演しても、印象深い役を担当されます。凛々しい男役も、女役も見事に務めてきたカチャさんだからこそ、できる役の幅は広いです。89期の共演も見られるかも!今後、各組に出演して更に飛躍する姿を楽しみにしましょう。

宝塚歌劇の他のオススメ記事

凪七瑠海専科異動前の月組ラスト公演「NOBUNAGA」は必見

月組生として、最後の舞台となる「NOBUNAGA<信長> / Forever LOVE!!」。チケットキャンプ(チケキャン)では、龍真咲サヨナラ公演として入手が難しい本公演のチケットも取り扱っています。これからのカチャの活躍を応援に劇場に足を運びましょう。

宝塚歌劇倶楽部編集部 イチ押し公演!

宝塚歌劇月組公演「NOBUNAGA<信長> / Forever LOVE!!」

アプリなら手数料半額&プッシュ通知が届く「宝塚歌劇チケット定番アプリ」のチケットキャンプ(チケキャン)で!

ヅカファン1万人が登録!宝塚歌劇団無料メルマガ配信中!

宝塚のお得なプレゼントやキャンペーン情報も配信中♪抽選で宝塚公演のチケットが当たる!?

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。