月組龍真咲 退団前コンサート「Voice」の千秋楽で伝説を作る

大好評のうちに千秋楽を迎えた、宝塚歌劇団龍真咲さんのコンサート「Voice」。龍真咲さんの希望が随所に散りばめられ、今の月組でしか観られない、斬新で、挑戦的な作品となりました。今回は、「Voice」千秋楽で龍真咲さんが残した伝説について、振り返りたいと思います。

先日、宝塚歌劇団月組の龍真咲さんコンサート「Voice」が無事に幕を下ろしました。芝居と、歌と、ダンス。これまでの龍真咲さん出演作を中心に、月組生の魅力がコレでもか!と詰まった、歴代でも異色のコンサートとなりました。

特に千秋楽は、一見すると「やりたい放題」に見えるほどの内容。しかしそこには、龍真咲さんのトップスターとしての魅力と、組子への愛が存分に詰まっていました。今回は、「Voice」千秋楽で龍真咲さんが残した伝説をまとめて紹介します。

月組Voice千秋楽では、こだわりのアフロが登場

月組といえば、アフロ。貸切公演など、特別なときにだけ見られるアフロが、千秋楽でも登場。しかも龍真咲さんのアフロは、黄緑をベースにゴージャスな大きさで、しかもてっぺんにペンライトが刺さっているという特別仕様!

組子たちも、それぞれにこだわりぬいた究極のアフロを見につけ、全力でパフォーマンス。会場は興奮のるつぼと化しました。

客席の盛り上がりはもちろん、舞台上の組子もハイテンション!全員が「楽しい」という気持ちを共有できる千秋楽でした。

Voice千秋楽にて、とうとう美弥るりかが…

千秋楽では、とうとう美弥るりかさんが龍真咲さんをお姫様抱っこ!あんなに細いのに、どこにそんな力が…と男役パワーに感心せざるを得ません。公演中に、一度はお姫様抱っこを断られていた美弥るりかさんですが、千秋楽では念願かなって実現。その背景には、ファンからの手紙があったそうです。

それは、美弥ちゃんのファンが、龍真咲さんに向けて送った「みやちゃんを漢にしてください!」というお手紙。こうして、お手紙の内容が公演に反映されるのも、宝塚らしいですよね。それを汲みとってファンサービスをしてくれるまさきさんもまた、素敵です。

また、千秋楽ではありませんが、その前日に観劇に来た全国ツアー出演組の月組生も、舞台上からたくさんいじっていました。凪七瑠海さんにニワトリのモノマネをさせたり、飛鳥組長に言葉をかけたり。こうして、組子への愛をたくさん見せてくれたまさきさん。そんな姿に、ますます惚れなおした方も多いのではないでしょうか。

Voice千秋楽、カーテンコールでアカペラ替え歌

また、千秋楽はカーテンコールも伝説的なものとなりました。龍真咲さん作詞作曲による、自由奔放なナンバーがたくさん登場したのです。「なんでフランス人じゃないのにマチネソワレというの」「雨の日にかっぱを着て自分の身は守るが、お手紙は濡れている」というような”ぶっちゃけソング”が多数誕生。爆笑の渦に包まれながらも、合いの手を完璧に入れる月組生と客席のファン。ライブ会場のような一体感に包まれた千秋楽でした。

退団公演を控えた、龍真咲さんのコンサート。龍真咲さんの魅力はもちろん、月組生の魅力が存分に発揮され、ファンとの信頼関係が伺える温かい千秋楽でした。すでに、サヨナラショーを見ているかのような演目でしたね…。いよいよ、残すは退団公演「NOBUNAGA<信長> / Forever LOVE!!」。これまでに類を見ないトップスター・龍真咲さんの集大成を、楽しみに待ちましょう。

宝塚歌劇の他のオススメ記事

龍真咲ラストステージ、月組公演「NOBUNAGA<信長> / Forever LOVE!!」に期待

いよいよ、次の公演は龍真咲さんの卒業公演。華々しい織田信長、楽しみですね。龍真咲さんの魅力、今の付き組の魅力が濃縮された2本立てになることでしょう。チケットキャンプ(チケキャン)では「NOBUNAGA<信長> / Forever LOVE!!」のチケットを取り扱い中です。100周年を代表するトップスター、龍真咲のラストステージ、目に焼き付けましょう。

宝塚歌劇倶楽部編集部 イチ押し公演!

宝塚歌劇 月組 「NOBUNAGA<信長> / Forever LOVE!!」

アプリなら手数料半額&プッシュ通知が届く「宝塚歌劇チケット定番アプリ」のチケットキャンプ(チケキャン)で!

ヅカファン1万人が登録!宝塚歌劇団無料メルマガ配信中!

宝塚のお得なプレゼントやキャンペーン情報も配信中♪抽選で宝塚公演のチケットが当たる!?

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。