月組全国ツアー「激情」福岡公演、余震での中断に見せた珠城りょうの神対応

月組全国ツアー公演「激情 / ApasionadoⅢ!!」が、福岡公演を持って4/17に無事千秋楽を迎えました。熊本地方を震源とする地震が相次ぐ中での全国ツアー公演は、公演中に緊急地震速報が発せられるトラブルも。それを乗り越えた珠城りょうの対応についてお届けします。

宝塚歌劇団月組の時期トップスターに決定している珠城りょうさん。「激情 / ApasionadoⅢ!!」にて立派に全国ツアー初主演を成功させ、堂々たるパフォーマンスで「これからの月組も大丈夫!」という気持ちをファンに与えてくれました。

この公演のラストを飾ったのは、4/16(土)、17(日)の福岡市民会館での4公演。しかし、前日・当日に発生した熊本県を中心とする大規模な地震の影響で、ぎりぎりまで公演が開催されるかわからない状況でした。また、4/16(土)には公演中に緊急地震速報が発せられ、公演が一時中断。

こういったトラブルに負けず、公演を最後までやり遂げてくださった月組のみなさまには、感謝の言葉しかありません。今回は、地震に負けず公演した月組・珠城りょうの「神対応」について振り返ってみたいと思います。

地震に負けず公演してくれた宝塚歌劇団に感謝

地震のあった直後にもかかわらず、「実施の方向で検討」を進めてくれていた、宝塚歌劇団と福岡市民会館。不安も苦悩もあったと思いますが、それをはねのけ公演してくれた姿には感謝しかありません。東日本大震災の時も、すぐに公演を再開し、ロビーで募金活動を行った宝塚。特に、地震が起きた九州での公演ということで、宝塚の舞台に希望をもらった人も少なくないでしょう。

また、大阪で公演中だった龍真咲さんのコンサート「Voice」でも、地震に負けず公演する全ツ組に対するコメントがあったようです。

地震により、急遽来られなくなった人の影響か、やや空席も目立ちましたが、会場は満員御礼以上の熱気にあふれていました。

月組全ツ「ApasionadoⅢ!!」冒頭で地震による中断

4/16(土)の14:00公演、お芝居の「激情」は無事に上演されました。しかし、二幕の「ApasionadoⅢ!!」でアクシデントが発生します。

プロローグの娘役のダンスが終わり、今まさに珠城りょうさんが登場する、その寸前のタイミングで緊急地震速報が発せられ、舞台進行が中断してしまったのです。アパショナードをご存じの方ならわかると思いますが、ちょうど「小林幸子状態」で大きな衣装を身にまとった珠城りょうさんが、1人舞台で目覚めるシーンでストップしてしまいました。

すぐに客電が付き、ざわめく客席。舞台上には、珠城りょうさんが1人。為す術のない状況に、自然とたまきちに向けての拍手が湧きました。たまきちは、それに応えるように一例。程なくして、安全確認のため再び幕が下ります。深々と客席に頭を下げる珠城りょうさんに、一段と熱い拍手が贈られました。

10分程度の中断を受け、ショーは再び冒頭から行われました。舞台上で揺れを感じ、恐怖もあっただろうに平然と盛り上げてくれるタカラジェンヌには、感動と尊敬の念でいっぱいです。

終演後は、月組組長と珠城りょうからお見舞いの言葉も

また、無事に公演が終了した後、月組組長・飛鳥裕さんと、珠城りょうさんからそれぞれ地震に対してのお見舞いのコメントが。組長の言葉は、少し涙ぐんでも聞こえ、観客の心に染み入りました。

トラブルに負けず、今までで最高の舞台を見せてくれた月組生。珠城りょうさん率いる月組になっても、きっと大丈夫、という確信を持てる舞台でした。次はいよいよ龍真咲さんのサヨナラ公演。月組が集結して魅せる舞台、今から楽しみですね。

宝塚歌劇の他のオススメ記事

月組公演「NOBUNAGA<信長> / Forever LOVE!!」での珠城りょうに期待!

全国ツアー主演を経て、さらに魅力をました珠城りょうさん。龍真咲さんのサヨナラ公演となる「NOBUNAGA」での熱演に期待です。チケットキャンプ(チケキャン)では「NOBUNAGA<信長> / Forever LOVE!!」のチケットを取り扱い中です。ぜひ観てみてくださいね!

宝塚歌劇倶楽部編集部 イチ押し公演!

宝塚歌劇 月組 「NOBUNAGA<信長> / Forever LOVE!!」

アプリなら手数料半額&プッシュ通知が届く「宝塚歌劇チケット定番アプリ」のチケットキャンプ(チケキャン)で!

ヅカファン1万人が登録!宝塚歌劇団無料メルマガ配信中!

宝塚のお得なプレゼントやキャンペーン情報も配信中♪抽選で宝塚公演のチケットが当たる!?

みんなのコメント
  1. 熊本の宝塚ファン より:

    福岡月組公演を楽しみにしていた一人です。1回目の地震ではまだ行けるだろうと僅かな期待と少しの不安でしたが2回目の地震では、完全に気持ちも思考もシャットアウト状態。交通網もすべて遮断されました。直接被災した者にとっては、公演中のトラブルで片付けていただきたくないです。まだまだ余震が続いています。また、大きな地震がくるかもしれないという恐怖があるのですから。

  2. オバメイ より:

    被災した人の心情を考えると、トラブルという表現はいかがなものかと思います。
    余震が続いていると聞きます。気をつけてください。頑張れ熊本‼️

  3. 匿名 より:

    私も震災で行けなかった熊本在住の者です。阪神大震災の時も21日に観劇しようとしていたら17日の大震災で行けませんでした。今回本震の直後ということととなりの熊本ということも鑑みて中止の決断もあってよかったのかなと思います。とても複雑な思いでした。被災者ぶってるのではありません。

  4. がまだすばい熊本‼︎ より:

    熊本震災で公演に行けなかった熊本在住のひとりです。阪神大震災の時も21日公演を観劇しようとしていたら17日の大震災で行けませんでした。どこでも起きるかもしれない災害です。今回の福岡公演は本震直後、犠牲者も多数、余震に怯える日々での開催。少し複雑な思いです。みんな頑張ってます、無理かもしれませんが、TVでも流して貰えたら嬉しいですし、お願いしたいです。

  5. エリザベス より:

    熊本地震で被災された、宝塚ファンの方は本当に残念でならないと思います。自分の大好きなものが突然奪われて。
    でも、負けないでください。今はまだ観劇する気持ちもないかもしれませんが、宝塚で何度もエネルギー貰ったのではないでしょうか。
    この苦難、乗り越えましょう‼️

  6. 熊本の宝塚ファン より:

    熊本へのたくさんの応援ありがとうございます。
    まだ、学校も再開されず、子ども達の声のない学校は廃墟のようです。
    でも、この厳しい現実を受け止めて次へ繋いでいきたいです。

  7. 熊本の宝塚ファン より:

    学校が再開しました‼️地域の方が涙を流して喜んでくださいました。私も久しぶりに宝塚のDVDを見る事ができました。エネルギーを充電して、また、頑張ります。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。