宝塚月組「1789」制作発表で豪華衣装&楽曲お披露目!

宝塚歌劇月組の次回公演、「1789 -バスティーユの恋人たち-」の制作発表が行われました。今回は、初日が待ちきれない「1789 -バスティーユの恋人たち-」の最新情報と、制作発表から見る本公演の見どころをまとめました。

宝塚歌劇月組の次回公演、「1789 -バスティーユの恋人たち-」の制作発表が行われました。

今回月組が挑戦するのは、2012年にフランスで初演、大好評を博した作品の日本初演。龍真咲、愛希れいか、凪七瑠海、美弥るりか、珠城りょうが参加して行われた制作発表ではお衣装の披露、楽曲の披露でますます期待が高まりました。

今回は、初日が待ちきれない「1789 -バスティーユの恋人たち-」の最新情報と、制作発表から見る本公演の見どころをまとめました。

「1789 -バスティーユの恋人たち-」は宝塚の歴史を変える!?

「1789 -バスティーユの恋人たち-」は、フランス革命を舞台にした作品。宝塚にとってフランス革命はとても馴染み深く、「ベルサイユのばら」「スカーレット・ピンパーネル」「愛と革命の詩」など、これまでも様々な作品で描かれてきました。

しかし、今回はそのどれとも違います。まず、トップスターが演じるのは民衆の1人。また、トップ娘役が演じるのはその恋人役ではなく、まさに敵役ともいうべきマリー・アントワネット。龍さんの相手役ともいうべき恋人役は役替りで演じられますし、ラブストーリーはどうなるのか、まずそこが注目の的です。

フランスでも、上演を重ねる上で大きな改変があったという本作(上演開始から、劇中で亡くなる人が変わるなど、かなり大きく変わっているようです)。今回も宝塚バージョンということで、名手小池修一郎先生の手により、アレンジが加えられるのではないでしょうか。

月組愛希れいかが生み出す新たなマリー・アントワネット像

ルパン三世におけるマリー・アントワネットのキャラクター造形にも驚いたばかりですが、宝塚歌劇のファム・ファタール、「マリー・アントワネット」もまた新たな魅力を魅せてくれそうです。

制作発表においても、ひときわ豪華で、まるで砂糖菓子のような衣装を完璧に着こなしていた愛希れいかさん。歌唱披露でも、これまでとは全く違う、力強い歌声で聴かせ驚いてしまいました。これまで、あまり高貴な役がなかったちゃぴさん。今回のマリー・アントワネットで一皮むけた姿を魅せてくれそうです。

今回、ちゃぴさんがトップスターの相手役として、純粋な物語のヒロインでは無く、敵役ともいうべきマリー・アントワネットに挑むことは、本人だけではなく宝塚歌劇にとっても大きな挑戦です。相手役に寄り添うだけでなく、一人のスターとしてのあり方が要求されますし、ちゃぴさん自身がそれに足りうるスターさんだと評価されたのだと思います。

また、王妃らしくたくさんの豪華なお衣装を披露してくれるようで、そちらも楽しみです。女性としては、ちゃぴさんの着たお衣装をステージスタジオで着てみたいですね。

みんなのコメント
  1. まりな@宝塚LOVE より:

    楽しみです!

  2. PUCK-Love(*^▽^*) より:

    早く、見に行きたいです

  3. PUCK-Love(*^▽^*) より:

    早く、見に行きたいです

  4. g より:

    見に行きたいです!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。