宙組新トップコンビの「TOP HAT」で見る宝塚の新境地

宝塚歌劇宙組の新トップスター朝夏まなと。そのプレお披露目公演は梅田劇場メインホール・赤坂ACTシアターで行われる「TOP HAT」。今回先日行われた制作発表の様子を含めて新トップコンビの魅力、「TOPHAT」の見どころについてまとめました。

宝塚歌劇宙組の新トップスター朝夏まなと。そのプレお披露目公演は梅田劇場メインホール・赤坂ACTシアターで行われるミュージカル「TOP HAT」です。

日本では初上演となるミュージカルで、映画史上最高のダンシングペア、フレッド・アステアとジンジャー・ロジャースの共演というこの作品はダンサーとして花開く朝夏まなとさんのためのようなもの。

華やかなダンスの世界を演じることが出来るのは、宝塚だけでしょう。

今回は、先日行われた制作発表の様子を含めて新トップコンビの魅力、「TOPHAT」の見どころについてまとめました。

宙組新トップコンビは安定感抜群

宙組新トップスター朝夏まなとさんと実咲凛音さんは、ともに花組育ち。実咲凛音さんが花組に組み配属されてからはショーの場面で組んだり、まあくんの主演公演「コード・ヒーロー」では相手役を務めるなどこれまでに相手役としての経験も豊富でした。

大空祐飛さん・野々すみ花さんの宙組トップコンビの退団に伴う新生宙組の誕生という同じタイミングで組替するなど、相手役となることを運命づけられていたかのような二人なのです。トップコンビになるまで全く関わりがなかったり、相手役を務めても数回…というトップコンビも多いのが現状。(もちろん、そういう初々しさ溢れるトップコンビも素敵です)この歴代でも珍しい共演経験の多さが、まあみりコンビの安定感に繋がっています。

先日行われた制作発表では、見事なタップダンスも披露!実咲凛音さんとの新トップコンビの並びは、これまでの経験もあってすでに貫禄十分。昨年夏の全国ツアー公演「ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編-」でも分かっていたことですが、ダンスの相性も、歌の相性もピッタリ。今後の宝塚を担うゴールデンコンビの誕生に、今から期待に胸が膨らみます。

二人の頭身バランスも相性ピッタリで、ポスターを始め並んだ時の「しっくり感」が見ていて惚れ惚れしますよね。

TOP HATを皮切りに、「踊る宙組」が誕生する?

宙組といえば、これまでは「コーラスの宙」と呼ばれるなど、重厚感溢れる安定した歌唱が魅力だった組。トップ娘役の実咲凛音を筆頭に、歌唱力の高い生徒さんが多数いますし、まあくんも安定した声量で聴かせてくれます。今後も「コーラスの宙組」としての地位は揺るぎないものでしょう。

そこに屈指のダンサー朝夏まなとがトップスターになることで、TOPHATなどそのダンス力を活かす作品が今後増えてくると思います。朝夏まなとさん本人も「親からもらった長い手足を活かし」と制作発表で述べていたとおり、ダイナミックなダンスは宝塚で生かさなければ、損。

今回のTOP HATではタップダンスを始め、踊りまくるまあくん、踊りまくるみりおん、踊りまくる宙組子の姿が見れるはずです!長身のジェンヌさんが多い宙組は、群舞も迫力満点。今後は宙組のダイナミックなダンスからも目が離せません。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。