宝塚宙組の元トップコンビ 大空祐飛&野々すみ花の迷対談

大人の魅力溢れる大空祐飛さんと、宝塚の北島マヤと言われた憑依系娘役、野々すみ花さん。アンバランスなようで相性抜群のこのトップコンビは、2人でいる時の魅力が最高。この2人だからこその空気感が味わえる素敵なサヨナラ対談をご紹介します。

大人の魅力溢れる大空祐飛さんと、宝塚の北島マヤと言われた憑依系娘役、野々すみ花さん。アンバランスなようで相性抜群のこのトップコンビは、2人でいる時の魅力が最高でしたよね!

そのふたりがそろって卒業する前に宝塚GRAPH誌で行ったサヨナラ対談が、抱腹絶倒、この2人だからこその素敵な対談なんです。「退団後は棺桶か雪山でお会いしましょう」という名言(迷言)も飛び出し、この2人だからこその空気感が味わえる素敵な対談です!

この対談について、私が注目したポイントをご紹介します。

奇跡的な宙組トップコンビ、大空祐飛・野々すみ花

遅咲きのスタートして知られる大空祐飛さん。歴代でも最年長でのトップスターです。王道のスター街道を歩んでいたわけではなく、下級生トップスターのもとで2番手を務めるなど、トップスターに就任が決まった時は驚く声がありました。

78期生のトップスター、大空祐飛さんの相手役を務めたのは、91期生の野々すみ花さん。娘役は若手で抜擢されることが多いですが、それにしてもかなり学年差の有るコンビですよね。

ふたりは花組時代に出会い、いわゆる落下傘として宙組トップコンビに就任。少年から大人の魅力溢れる男性まで演じられる包容力を持ったゆうひさんと、宝塚離れした演技力を持つ野々すみ花さんの相性は抜群!お披露目公演の「カサブランカ」は、とても美しい大人の恋愛でしたね。

大空さんの魅力を存分に引き出すため、大人っぽい作品が多かったトップコンビ。さぞかし、舞台の外でも大人っぽいのか・・・と思いきや、絶妙の掛け合い、クールに突っ込むゆうひさん、にょろにょろニコニコのすみかちゃんとそのギャップにハマるファンが急増!大空祐飛さんが遅咲きだったのは、すみかちゃんの入団を待っていたのでは…と思えるほど、運命的なトップコンビなんです。

サヨナラ対談は、野々すみ花さんの猛アピールで実現

宝塚GRAPH、2012年7月号に掲載された野々すみ花のサヨナラ対談。「ゆうひさんなくして今の自分はないので、最後の対談は絶対ゆうひさんと!と思ってお願いした」とすみ花ちゃん。「心よくお受けしてくださって」というすみ花ちゃんに、「快くはなかったよね。超忙しいんだけど!!って」とツンと返すゆうひさん。

このお互いに遠慮のない感じが、3年間苦楽を共にしたトップコンビの信頼感を見ている気がします。

しかも、歌劇誌でも対談をした後だったそうで、それでもなおゆうひさんと対談をしたかったすみ花ちゃん。最後の対談は…というその愛情に泣けますよね。ゆうひさんのセリフが冷たいところも、照れてるんだろうな~と勝手に想像してしまいます。ゆひすみ最高!

喧嘩するほど仲がいい?対談で明かされたあのケンカ

舞台上でも、インタビューでもにこやかなトップコンビ。でも、お稽古場では本音でぶつかることもありますよね。このサヨナラ対談では、「誰がために鐘は鳴る」の時のケンカのエピソードが披露されていました。

役作りのために、娘役としては異例のベリーショートヘアで臨んだすみ花ちゃん。男役さんよりも短いくらいの長さに髪の毛を切るというのは、とても勇気がいることなので、いろんな人の意見を聞いて心が決まらず悩んでいたすみ花ちゃん。その姿に、ゆうひさんは思わず「じゃ、切らなきゃいいじゃん!もう知らない!」と大人げない対応をしてしまったそうです。でも、その翌日すみ花ちゃんの行く美容院に車で駆けつけ、隣にいたんですって。とっても素敵なエピソードですよね。

常に本気で向き合い、一番の理解者だからこそ意見を言い合えたり、思い合ったり出来るんですね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。