宙組「王家に捧ぐ歌」のアイーダ!娘役・実咲凜音の第二章

宝塚歌劇団の宙組新トップスター朝夏まなとの大劇場お披露目公演「王家に捧ぐ歌」。 そのアイーダ役が発表され、宙組トップ娘役、みりおんちゃんこと実咲凛音さんが演じることになりました。星組初演版では、当時2番手男役で歌唱力に定評のあった安蘭けいさんが演じたアイーダ役。今回の再演にあたって、誰が演じるのか注目を集めていましたよね。

宝塚歌劇団宙組新トップスター朝夏まなとの大劇場お披露目公演「王家に捧ぐ歌」。

そのアイーダ役が発表され、宙組トップ娘役、みりおんちゃんこと実咲凜音さんが演じることになりました。星組初演版では、当時2番手男役で歌唱力に定評のあった安蘭けいさんが演じたアイーダ役。今回の再演にあたって、誰が演じるのか注目を集めていましたよね。

歌・芝居・踊り3本揃った超実力派娘役の実咲凜音さん。これまで、演目の関係でヒロインとして申しどころのない役が続き、せっかくの実力が勿体無い!とやきもきしていた中でのアイーダ役発表。新トップコンビのプレお披露目公演「TOP HAT」に続き、れっきとしたトップ娘役として、まさに大輪の花を咲かせようとしています。

進化の止まらない娘役、実咲凜音の第二章の幕開けです。今回は、実咲凜音さんの軌跡を振り返ってみましょう。

組配属当初からヒロイン抜擢が続いた、現宙組・実咲凜音

実咲凜音さんは、スター揃いの95期の一員。花組に配属され、早くから新人公演のヒロインや小劇場公演のヒロインに抜擢されます。「ファントム」新人公演でのクリスティーヌ役は、本役をも超える実力で、話題をさらいました。

バウホール公演「カナリア」のヒロイン、アジャーニは宝塚の娘役らしくない蓮っ葉な役でしたが、体当たりの演技が絶賛の嵐を呼び、芝居心の高さを伺わせました。花組最後の公演である「近松・恋の道行」では、和物の所作も美しく、その切ない芝居で劇場を涙に包みました。

芝居力や歌唱力の高さが評価され、トップ娘役を多く排出している花組のなかでヒロイン街道を駆け抜けたのです。

実咲凜音 宙組トップ娘役として、凰稀かなめの相手役を勤めあげる

そして、研4の若さで美貌の男役、凰稀かなめさんの相手役としてトップ娘役に就任。最初は初々しかった二人も、役作りを通して真剣に向き合い、この二人だからこその信頼感を築き上げました。

ですが、凰稀かなめさんトップ時代は一本物の大作が続き、「風と共に去りぬ」のメラニー役、「ベルサイユのばら」のロザリー役と、トップ娘役としてはどうしても物足りなかったのは事実です。もちろん、どの役も徹底的な作り込みで素晴らしい物でした、だからこそもっとヒロインとしての活躍が見たい!と多くのファンを思わせてきたのです。

そして、相手役の凰稀かなめさんのご卒業。かなめさんはみりおんちゃんが常に美しくあれるよう、様々なアドバイスを続けてくださいました。そのお陰で、みりおんちゃんは作品を重ねるごとに美しく輝きを増しました。相手役をさらに美しく見せる寄り添い方、劇場に情感たっぷりに響く歌声、誰しも感情移入してしまう芝居心。今の実咲凜音さんは、史上最高の娘役とも言うべき存在です。

まさに、今の実咲凜音さんは凰稀かなめさんのつくり上げた最高傑作なのです。朝夏まなとさんとの息も既にピッタリで、歌、芝居、踊りどこと見ても不安のない、久しぶりに安定感のあるトップコンビの誕生かもしれません。

みんなのコメント
  1. 匿名 より:

    アイーダはエジプト王女ではありません。エチオピアの王女です。

  2. 匿名 より:

    アイーダはみりおんちゃんにやって欲しかったから、よかった。

    しかし、誤記は困ります。
    アイーダはヌビア(宝塚版ではエチオピア)の王女です。
    エジプト王女はアムネリス。
    オペラ、四季、宝塚の初演をご覧になってないのかしら?
    そして、初演を越えてと言うのも、星組トップ、今は女優として活躍している安蘭さんに対して不遜な表現で、みりおんちゃんにとって少々迷惑な感じを受けます。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。