ギャップが最高!『宙組のイケメン王子』真風涼帆のプロフィールや魅力とは?!

宙組の2番手男役スターとして活躍する真風涼帆さんのプロフィールとは?早くからスター候補として抜擢され経験を積んできた真風涼帆さん。近年ではそのイケメン度がとんでもないことになっている…!と評判です。そんな真風さんの今後のさらなる活躍を期待して、魅力やプロフィールなどをご紹介したいと思います。

朝夏まなとさん率いる宙組の二番手

2015年5月に星組から宙組へ組替えとなり、現在宙組二番手スターとして活躍中の真風涼帆さん。
『エリザベート』のフランツ・ヨーゼフ役や宝塚巴里祭2017も任されるなど、着実にスターのキャリアを積んでいます。朝夏まなとさんの退団が発表された今、時期トップも噂される真風涼帆さんのプロフィールや経歴、生い立ちなどをご紹介したいと思います。

真風涼帆さんのプロフィール

基本プロフィール

  • 出身地:熊本県菊池郡
  • 身長:175cm
  • 血液型:B型
  • 出身校:熊本県立大津高等学校
  • 好きだった役:「日のあたる方へ」のジキルとイデー、「メランコリック・ジゴロ」全国ツアー公演のスタン

生い立ちと宝塚との出会い

熊本県出身の真風涼帆さんは、お母さんがダンス教室を経営していた影響もありダンスが好きな子供でした。
宝塚との出会いは月組全国ツアー公演『大海賊/ジャズマニア』。お母さんの勧めもあり、音楽学校を受験するも何も準備をせずに臨んだため不合格。次の年は声楽などの受験準備をして受験。しかし、また不合格でした。

そして、最後と決めて挑んだ三度目受験で見事合格しました。地元熊本のアピールをしまくったのが決め手だったとか?

受験のためにバイト

学生時代はバイトをしていたという真風涼帆さん。パン屋さんや郵便局で働いて稼いだお金をレッスン代にしていたようです。

真風涼帆さんは早くから抜擢されていたスター

初舞台は宙組

真風涼帆さんは2006年の宙組公演「NEVER SAY GOODBYE」で92期生として初舞台を踏みました。

92期生は元・花組トップ娘役の蘭乃はなさんや雪組スター彩凪翔さんなどを輩出した期です。スター揃いというわけではないですが、脇を支える実力派が揃った期です。

初舞台は当時の宙組トップスターの和央ようかさんと花總まりさんのサヨナラ公演でした。そして真風涼帆さんが宙組に組替えになってから宙組に在籍する92期生は松風輝さん、凛城きらさんと男役三名となっています。

スター街道まっしぐらな経歴

真風さんは早くから注目され華やかなスターらしい経歴をもっています。

星組に配属されると、研3で新人公演の主演に抜擢され一気に注目されました。その後も新人公演の主演を計5回も経験しています。小劇場公演でも星組時代に2回主演を務めています

星組時代は夢乃聖夏さん、紅ゆずるさんと同じショーの場面で活躍したり、三人で役替わりを経験したり…と個性が強い上級生と一緒に切磋琢磨できたことで実力を身につけていきました。

入団当初から、元雪組トップスターの水夏希さんに似ている…と評されていた真風涼帆さん。「ロミオとジュリエット」で演じた「死」では水夏希さんが演じたトート閣下のような迫力があり、伸びやかでダイナミックなダンスで好評を博しました。

真風涼帆さんは大人の色気のあるスター

黒髪の人

プロフィールにもあるように真風涼帆さんは下級生の頃から大抜擢されていたのでアイドル的要素もありますが、それ以上に大人の色気が魅力的なスターです。特に、黒髪がとっても似合っていると評判です。

以前FNS歌謡祭に出演されていた時は黒髪があまりにも似合っていて、宝塚を知らない人も釘付けになったと話題でした。

人間以外の役にも定評あり

また、好評だった『ロミオ&ジュリエット』の死役や2016年に主演した『ヴァンパイア・サクセション』ではヴァンパイア役を演じ、近年色気を増したことで人間以外の役に定評があります。

男性的な魅力

男役の中にも中性的なフェアリータイプとがっちりとした男らしいタイプと分かれますが真風涼帆さんの場合は後者です。最近ではその色気がすごすぎて、もう男性にしか見えないという声も多く聞こえています。

オフはゆるふわな“ゆりかちゃん”

こんなに男らしい色気でファンを魅了している真風涼帆さんですが、もう一つの魅力がそのほんわかした性格だと言われています。要するにギャップですね!

宝塚の男役さんの中にはオンオフがイメージと違う?という方が多くいますが真風さんもその一人のようです。

真風さんの愛称は本名からとって“ゆりか”ですが、度々インタビューなどで登場するゆる~い喋り方の真風さんを見てファンの間から“ゆるふわなゆりかちゃん”や“まかたん”などと呼ばれ親しまれています。

ファンの声

とにかくスタイル抜群な真風涼帆さん!

真風涼帆さんはプロフィールに載っている通り、身長175センチ。

男役の中でも長身で、バツグンのスタイルの持ち主です。身長が高い男役さんが多い宙組は長身の真風さんにピッタリな組ではないでしょうか。

身長が高く素晴らしいスタイルを持つ真風さんなので何を着ても似合います。シンプルな黒燕尾やスーツから、コスチュームものまでなんでも着こなせてしまう真風さん…男役として素晴らしい才能ですね。

真風涼帆さんと朝夏まなとさんの並びは完璧

真風涼帆さんは、朝夏まなとさん率いる宙組の2番手スターとして活躍されています。組が魅力的になるには、トップスターと2番手スターの相性も大切ですよね。それを考えると「まあまか」の並びは完璧ではないでしょうか?

二人共スタイル抜群なので、まず見た目のバランスは最高です。

またキラキラ王子様タイプの朝夏さんと男くさい芸風の真風さん、ということでキャラバランスも良いですよね。

朝夏まなとさんは佐賀県出身、真風涼帆さんは熊本県出身と九州出身同士ということで性格的にも仲が良いと話題です。朝夏さんのことを慕っているコメントを度々目にします。九州出身というだけで親近感がわくのかもしれませんね。

しかし退団を発表された朝夏さん、“まぁまか”の並びを観れる期間が少なくなっていると思うと少し寂しくなってしまいます。

今後が楽しみな真風涼帆さんの現在の活動

現在の活動

2017年3月31日~4月30日まで東京宝塚劇場で宙組トップ娘役の実咲凛音さんの退団公演である『王妃の館/VIVA!FESTA!』に出演の真風涼帆さん。

劇中ではルイ14世の役をコミカルに演じています。

今後の予定

その後の予定は…

  • 6月26日、27日  ホテル阪急インターナショナル
  • 7月3日、4日 パレスホテル東京

にて宝塚巴里祭2017に出演予定です。

宝塚巴里祭といえば、毎年7月14日のフランス革命が行われた「革命記念日」前後に行われているディナーショーです。

シャンソンをメインとした宝塚ファンにはお馴染みの楽曲で綴るディナーショーで真風さんの新たな魅力を感じることができるのではないでしょうか?また、ディナーショーというと個々の歌の実力が如実に分かってしまう…というのもあって今回のキャスティングは下級生まで歌が得意なメンバーで揃っているようです、期待ですね。

真風涼帆さんの活躍する舞台を見に行こう♪

(出典:PAKUTASO

これからの活躍にますます要注目な真風涼帆さん。宙組二番手としてのキャリアを積んでいずれはトップに…。そんな真風涼帆さんのプロフィールや生い立ち、現在の活動などをご紹介しました。

そのイケメンっぷりが近年ますます上がって今後がさらに楽しみです。

ぜひ舞台でその活躍を見てみてはいかがでしょうか?

宝塚歌劇の他のオススメ記事

みんなのコメント
  1. みぃすけ より:

    ゆりかちゃんのトート閣下が観てみたいと思うのは私だけかな?

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。