ジェンヌ本気の壁ドン!七海ひろき率いる宙組のBrilliant Dreamsがヤバイ!

100周年のラストを飾るに相応しい(?)迷番組が誕生して話題になっています。それをやってのけてくれたのは七海ひろきさんをはじめとする宙組生。番組について出演していた宙組生の魅力も併せて語ります。これを見た後宙組の舞台を見ると100倍楽しい

宝塚歌劇の専門CSチャンネル「タカラヅカ・スカイ・ステージ」では、舞台作品の放映だけでなく、生徒さん個人の魅力にせまる番組を沢山放映してくれます。加入したら最後、どんどん生徒さんが好きになってしまい抜け出せなくなる恐ろしいチャンネルです。


そんなスカイステージで、100周年のラストを飾るに相応しい(?)迷番組が誕生して話題になっています。それをやってのけてくれたのは、七海ひろきさんをはじめとする宙組生。少女漫画から抜けだしたような胸キュンの波状攻撃にやられてしまったファン続出。


あまりに素晴らしかったこの番組について、出演していた宙組生の魅力も併せて語ります。これを見た後、宙組の舞台を見ると100倍楽しい。

七海ひろき「Brilliant Dreams」で放送された内容とは

この「Brilliant Dreams」は、各組のスターの魅力に迫る番組です。Stage編とPersonal編で構成されていて、Personal編では、スターさんが自分で好きな番組を作ることが出来ます。

今回宙組の七海ひろきさんの「Brilliant Dreams Personal編」で放送された内容というのが、「胸キュンするシチュエーションを再現する自主制作ドラマ」。普段舞台で活躍する彼女たちがテレビカメラの前で見せる本気のお芝居は、なんと脚本・演出まで自分たちでやるという内容。しかも、舞台設定は高校。その前情報だけでワクワクしてしまいますよね。

しかし、放送された内容ははるかに私たちファンの期待を上回るものでした…。3組のカップルによる少女漫画も真っ青な胸キュンミニドラマとその撮影風景(+NG集)だけでお腹いっぱいなのに、休み時間や放課後のシチュエーション、「壁ドン」(男役と女役だけでなく男役同士もあり!)と30分によく詰め込んだな…という濃い内容。舞台とはまた違った魅力にやられてしまいました。

これ、普通のドラマだと臭くて見られないような内容ばかり。でも、ジェンヌさんがやるからこそ理想的で胸キュンで…まさに少女漫画の世界そのものでした。完成度が高すぎて、テレビや映画の少女漫画の実写化が見られそうにありません。これを企画した七海ひろきさん、そして参加した宙組生のセルフプロデュース能力に感動すること仕切りでした。さすがタカラジェンヌ、万能すぎます。

七海ひろきさんはじめ出演者まとめ

このとんでもない番組を企画したのが、Brilliant Dreamsの主役である七海ひろきさん。折しも星組への組替えが発表されたばかり。宙組の下級生との思い出づくりを兼ねてこの番組を企画したのかな(いや、本人がやりたかっただけな気もする…)と背景を考えるとちょっと泣けます。


ほかに男役としてメンバーに選ばれたのが澄輝さやとさんと美月悠さん。娘役からは、瀬音リサさん、彩花まりさん、美桜エリナさん。みんな生粋の宙組育ちで、同じ時間を過ごしているからこそドラマでの息ピッタリの演技が素敵でした。あと、制服も似合いすぎ!ふだん舞台以外でお芝居をする姿を見ることが出来ないので、学校にいるというシチュエーションが新鮮で素敵でした。


なんというか、ファン心がわかっているなあという人選。かいちゃんは舞台人としても優れているけれど、プロデューサーや編集者としての能力がずば抜けているのでは…と思いますよね!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。