【動画】花組の芸達者・天真みちるはタンバリン芸人!

花組の天真みちるさん。いわゆる三枚目的な役者で、花組の舞台には無くてはならない存在なんです。どの舞台でも、たそさんしか出来ない役で舞台のどこにいても目立ちます。今回は、天真みちるさんの魅力を動画付きで紹介します。

宝塚歌劇といえば、カッコいい男役、可愛い娘役…というイメージが有りますが、実はそれだけではありません。

多彩な舞台を彩るのは、個性豊かなタカラジェンヌたち。その中でも異彩を放っているのが、花組天真みちるさん。

いわゆる三枚目的な役者で、花組の舞台には無くてはならない存在なんです。どの舞台でも、たそさんしか出来ない役で舞台のどこにいても目立ちます。今回は、天真みちるさんの魅力を動画付きで紹介します。

花組の「余興の女王」天真みちる

天真みちるさんは花組に所属する92期の男役。同期には、元花組のトップ娘役蘭乃はなさんや、星組から宙組に組替えする真風涼帆さん、雪組で活躍する彩凪翔さんらがいます。

スターも多い92期の中で異彩を放つ天真みちるさん。ファンだけでなくジェンヌさんの間でも、おもしろキャラとして愛されています。宝塚公演中には、生徒さんの間で宴会が行われ、その時に下級生が余興をすることで知られています。その時、スベリ知らずなのが天真みちるさん。芸達者なジェンヌさんの中にあって笑いが取れるというのは、まさに天性の才能。

余興の様子をファンが見ることは出来ませんが、一度スカイステージで天真みちるさんの芸が放送されました。「あたりまえ体操」のパロディで「男前体操」を披露したんです。宝塚を愛している彼女だからこその渾身のネタに爆笑した人も多いのでは?面白いだけでなく、カッコ良さも見せてくるのがまた卑怯。こういった笑いのジャンルは宝塚にしか無いことでしょう。

テレビにも天真みちるは「タンバリン芸人」として出演

天真みちるさんの余興のネタの1つが「タンバリン芸人」。タソのタンバリン芸は、全国ネットで放送され話題になっています。その番組は、SMAP×SMAP。タカラジェンヌが100人登場したスペシャルな回で、その芸を披露したんです。

この面白さ・カッコ良さは文章では伝わりません。動画でどうぞ。

タンバリン捌きもさることながら、男役芸との絡ませ方も絶妙ですよね。このまま舞台で通用しそうなクオリティ。どこまでもとことん極めるのがジェンヌさんらしいです。

タソのタンバリン芸の愛されっぷりは、その言葉を聞いただけで顔を覆って崩れ落ちる花組トップスター蘭寿とむさんや、会場のジェンヌさんの笑顔でわかります。まさに天真みちるさんは宝塚の誇る愛されキャラですね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。