春野寿美礼、真飛聖…2000年代花組OGの現在をまとめてみた

燦然と輝く宝塚歌劇団の舞台で活躍するタカラジェンヌ。その格好良さやかわいらしさは、同じ女性と思えない現実離れしたものがありますよね。しかし、舞台の上で私たちを魅了したスターもいつかは、必ず迎え入れなければならないのが退団です。

燦然と輝く宝塚歌劇団の舞台で活躍するタカラジェンヌ。その格好良さやかわいらしさは、同じ女性と思えない現実離れしたものがありますよね。しかし、舞台の上で私たちを魅了したスターもいつかは、必ず迎え入れなければならないのが退団です。

宝塚歌劇団を卒業すると、元タカラジェンヌの活躍は女優のみに止まらず、その輝かしい実績や経験を生かして、インストラクターになったり、美容アドバイザーになったり、はたまた家庭に入ってお母さんになったりと千差万別です。

退団後は、ご贔屓にしていた元ジェンヌの活躍は追うことは出来ますが、それぞれの道を歩み始めたOG全員の活動を全て追うことは難しいですよね。そこで今回は、ここ10年花組で活躍した、元生徒さんたちの現在をまとめてみました

時代を彩った元花組トップスターの現在の活躍は

まずは、2000年以降に活躍したトップスター3人の現在から見てみましょう。

◎春野寿美礼(トップスター就任期間:2002年6月~2007年12月)

トップスター在任中から絶賛されていた伸びやかで心に響く歌唱力をいかして、現在はコンサートや歌唱力が要となるミュージカルを中心に活動しています。シアタークリエで8/13(木)に幕を開ける「貴婦人の訪問」に出演が決定しています。

シアタークリエ『貴婦人の訪問』

◎真飛聖 (トップスター就任期間:2007年12月~2011年4月)

ダンス、歌、演技、美貌と4拍子揃ったトップスターとして活躍しました。退団後は、映像に軸足を置きながらも舞台もコンスタントに出演しています。新橋演舞場で8/1(土)に幕を開ける芝居、舞台「もとの黙阿弥」(作:井上ひさし、演出:栗山民也)に出演が決定しています。

演舞場8月『もとの黙阿弥』|松竹株式会社

◎蘭寿とむ(トップスター就任期間:2011年4月~2014年5月)

退団して日が浅いですが、「ダンスの花組の再興」と呼ばれたほど、まゆさんは踊れるトップスターでしたよね。空気を纏いながらも、キレのあるダンスが踊れるので、退団後はダンスがメインのショーなどに出演しています。草月ホールで6/4(木)に幕を開ける、安寿ミラダンスコラボレーション「FEMALE vol.12 ~35th Anniversary~」に出演が決定しています。こちらには、春野寿美礼さんも出演します。

時代に花を添えた、元花組トップ娘役の現在の活躍

男役がフィーチャーされがちですが、娘役は時代に花を添えるために欠かせない存在。彼女たちもまた、それぞれの分野で素晴らしい活躍をされています。

◎桜乃彩音(トップ娘役就任期間:2006年2月~2010年5月)

かわいらしく華のあるトップ娘役さんでした。現在は、舞台を中心に女優活動を行っています。

◎蘭乃はな(トップ娘役就任期間:2010年5月~2014年11月)

ダンスが得意でしたが、トップ娘役在任中にどんどん実力を伸ばし、退団公演の「エリザベート」では、ダンス、演技、歌の全てがこなせる娘役へと変身しました。透明感がありながらも、芯のある演技をこなすことができた娘役さんでした。帝国劇場で6/13(土)に幕を開ける「エリザベート」でシシィ役での出演が決まっています。

帝国劇場 ミュージカル「エリザベート」

こうして芸能界で活躍する方もいれば、退いた方もいます。

◎ふづき美世(トップ娘役就任期間:2003年2月~2006年2月)

下級生の頃から歌、ダンス、演技と安定した実力を示して注目を集めていました。退団後は結婚し、現在はOGイベントに出演することはありますが、基本的には芸能活動を行っていません。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。