花組若手・水美舞斗がファンを魅了するワケとは?

宝塚歌劇花組ミュージカル「カリスタの海に抱かれて」、3月に幕が開くこの舞台の新人公演配役が発表されました。主演となるシャルル役には、95期生である水美舞斗さん。彼女にとっては初めての新人公演主演作。ぜひこの目でしっかり見届けたいですね。

宝塚歌劇花組ミュージカル「カリスタの海に抱かれて」、3月に幕が開くこの舞台の新人公演配役が発表されました。

主演となるシャルル役には、95期生である水美舞斗さん。彼女にとっては初めての新人公演主演作となり、大きな転換点となる大切な公演となります。ぜひこの目でしっかり見届けたいですね。

公演の日程やチケットの詳細は下記の通りです。

ミュージカル
「カリスタの海に抱かれて」新人公演
作/大石 静 演出/石田 昌也

公演日程:2015/3/31(火)18:00開演
座席料金:SS席 5,200円、S席 4,100円、A席 3,000円、B席 2,500円(税込)

宝塚歌劇公式「カリスタの海に抱かれて」特集サイトはこちら

花組・水美舞斗はどんなタカラジェンヌ?

水美さんは体育会系のダイナミックなダンスと、歌唱力に定評のあるタカラジェンヌ。その何事にも手を抜かない懸命さに応援せずにはいられない!というファンが急増しています。

花組ファン以外では、100周年運動会での笑顔がたやさない頑張りで顔を覚えた!という声もありました。

また芝居もその丁寧な取り組みから、直近に上演された「風の次郎吉」においては、思いがけず重要な役として出演。観客が舞台への集中力を切らせない大きな存在感を示していました。

花組男役・水美舞斗の確かな実力

水美さんのこれまでの軌跡をみてまず目を引くのが、その芝居色のバリエーションの多彩さ。

「オーシャンズ11」でのモロイ、バウ公演「ガーシュイン」では、舞台の狂言回し、「ノクターン」では、主人公の恋敵。そして彼女の真骨頂となったのが花組公演「エリザベート」でしょう。

本公演では妖艶な女役となるマデレーネを、そして新人公演では、まるで違う役作りをしなければならないルキーニ役を見事に演じ分けてみせたことで、評価も注目度も一気に上がったと言えます。

花組公演「カリスタの海」で水美舞斗が挑む新境地

そして今回「カリスタの海に抱かれて」では満を持して、新人公演舞台の真ん中に立ち、苦悩と滅びを体現する大人の渋い男性に挑むことになります。

演じるシャルル・ヴィルヌーブ・ドゥ・リベルタ(カルロ・ヴィラーニ)は、ひとりの女性を愛してしまったがために築き上げた野望と夢のはざまで苦しむことになるという青年。

水美さんの育む演技カラーがまたひとつ増えることになるでしょう!

宝塚歌劇の他のオススメ記事

宝塚花組新人公演は、見逃せない!

花組だけでなく、宝塚ファンから幅広く支持のある水美さんがつかんだ新人公演。見逃す手はありませんよね。注目の舞台とあってプレミア公演になりそうですが、チケットキャンプにはまだ宝塚花組公演のチケットを入手するチャンスがあります!諦めずに探してみてくださいね。新たなスターの誕生を目撃しましょう。

ヅカファン1万人が登録!宝塚歌劇団無料メルマガ配信中!

宝塚のお得なプレゼントやキャンペーン情報も配信中♪抽選で宝塚公演のチケットが当たる!?

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。