宝塚歌劇団 花組新トップ娘役 花乃まりあさんの魅力を徹底解剖

花組トップ娘役として、東京国際フォーラムホールC公演「Ernest in Love」でお披露目となった花乃まりあさん。今回は、花乃まりあさんの魅力について、改めて振り返ってみたいと思います。

宝塚歌劇花組トップ娘役として、東京国際フォーラムホールC公演「Ernest in Love」でお披露目となった花乃まりあさん。

新トップコンビ「みりかの」として、今後の活躍もますます楽しみです。花乃まりあさんは、新人公演で結果を出してヒロインの座を掴んできた努力家娘役。綾瀬はるかさん似ともいわれるキュートな笑顔も魅力的です。

花乃まりあさんのように、トップ娘役になるまでに小劇場公演でのヒロイン役が少ないのは、とてもレアケース。ですが、プレお披露目公演でも素敵な演技を見せ、ますます今後が楽しみです。今回は、花乃まりあさんの魅力について、改めて振り返ってみたいと思います。

宝塚花組トップ・花乃まりあさんの舞台歴を振り返る

花乃まりあさんは、2008年に宝塚音楽学校に入学し、2010年月組公演「スカーレット・ピンパーネル」で初舞台を踏んだ96期生。同期には、雪組トップ娘役として活躍する咲妃みゆさんなどがいます。

宙組に配属されると、「銀河英雄伝説@TAKARAZUKA」で初ヒロインに抜擢。その後も、「モンテ・クリスト伯」「風と共に去りぬ」と連続して新人公演のヒロインを射止め、花組に組み替えとなりました。「エリザベート」の新人公演ではタイトルロールとなるエリザベートに抜擢され、蘭乃はなさんの後を継いで花組トップ娘役に就任します。

トップ娘役は、学年の若いうちから新人公演ヒロインや、バウホール等の小劇場公演のヒロインを経ている事が多いですが、花乃まりあさんにおいては小劇場公演でのヒロイン経験は少ないです。珍しい形での抜擢です。

宝塚新人公演での好演でキャリアを重ねる花乃まりあさん

前述のとおり、花乃まりあさんは新人公演ヒロインを4度経験しています。「風と共に去りぬ」「エリザベート」と大作を連続して演じることで、その才能を大きく開花させました。宝塚のヒロインらしいヒロインよりも、自立した、強くしなやかな女性の役が多く、そのどれもを好演していたのが特徴的です。

特に、「風と共に去りぬ」のスカーレット役は、本役を男役さんが務めているほど強い女性の役で、娘役としては沢山苦労したことも多いはず。

しかし、翻訳さんに負けるとも劣らない、堂々とした演技を見せ喝采を浴びました。トップ娘役が発表されてからのエリザベートは、プレッシャーも大きかったでしょうが見事な歌唱を見せ、ファンを納得させていました。まだまだ発展途上であるものの、演技、歌、とても魅力的な娘役さんです。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。