宝塚 チケット
華雅りりかの溢れんばかりの魅力をファンブログから徹底解明

華雅りりか(かが りりか)は、宝塚歌劇団花組で活躍する娘役としてヅカファンを魅了しています。「りりか」「りりこ」の愛称でファンに親しまれる華雅りりか。 ここでは、華雅りりかの魅力的な性格を、ファンブログを通して検証してみましょう。

華雅りりか(かが りりか)は、宝塚歌劇団花組で活躍する娘役としてヅカファンを魅了しています。2006年に宝塚音楽学校に入学、2008年に94期生として宝塚歌劇団に入団しました。初舞台は、宝塚歌劇団月組公演「ME AND MY GIRL」です。

その後、星組に配属。同じ年に開演された「スカーレット・ピンパーネル」では、ルイ・シャルルを演じて注目されました。

2010年のバウホール公演「摩天楼狂詩曲(ニューヨークラプソディー)-君に歌う愛-」では、役替わりではあったものの、ヒロイン役を演じてファンを魅了。2012年に組替えで花組に移動することとなりました。「りりか」「りりこ」の愛称でファンに親しまれる華雅りりか。ここでは、華雅りりかの魅力的な性格を、ファンブログを通して検証してみましょう。

華雅りりかの溢れんばかりの魅力を紹介【強いぞ!】

2012年5月に開演された宝塚歌劇団花組公演「近松・恋の道行」の千秋楽の様子を紹介してくれているジュンタさん。
自身のブログ「強いぞ!」で、華雅りりかについてもコメントしています。

「近松・恋の道行」で、「きは」を演じた華雅りりか。星組から花組へと組替えになってからの初めての舞台でした。

▶︎「強いぞ!」

今後の成長が楽しみな娘役、華雅りりかの魅力~その1~

2014年4月の宝塚歌劇団花組の公演「ラスト・タイクーン-ハリウッドの帝王、不滅の愛-」新人公演で初ヒロインを演じた華雅りりか。宝塚歌劇団レビュー・情報ブログ「365日タカラヅカ」では、華雅りりかの魅力が綴られています。

今後の成長が楽しみな娘役、華雅りりかの魅力~その2~

YACOさんは、舞台の感想を華雅りりかに注目して紹介してくれています。

▶︎「365日タカラヅカ」

宝塚歌劇に関するこちらの記事もおすすめです

華雅りりかのお茶会に参加するために公演チケットを手に入れよう!

素顔の華雅りりかと触れ合える魅力的なお茶会。華雅りりかと直接出会えるお茶会は、公演が終わった後に開催されています。お茶会に参加するためには、宝塚歌劇団花組の公演チケットは必須ですよね。

チケットキャンプでは、華雅りりかが出演する花組の公演チケットを取り扱っています。入手困難な公演チケットでも、譲ってもらえる人を探せるリクエスト機能がおすすめ!あきらめずに是非チェックしてみてくださいね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。