風馬翔の魅せる演技をプロフィールと出演作品から徹底分析

風馬翔(ふうまかける)は2008年に宝塚歌劇団に入団した94期生で、宙組で男役を演じています。京都府出身の風馬翔は、172センチという長身を生かした演技が魅力です。今回は風馬翔のプロフィールなどを紹介していきたいと思います!

風馬翔(ふうまかける)は2008年に宝塚歌劇団に入団した94期生で、宙組で男役を演じています。

京都府出身の風馬翔は「ふー」や「かける」、「あんな」などの愛称で親しまれ、172センチという長身を生かした演技が魅力です。

今回は風馬翔のプロフィールなどを紹介していきたいと思います!

風馬翔のプロフィールを紹介します!

風馬翔は2006年に宝塚音楽学校に入学をし、2008年に宝塚歌劇団に入団をした第94期生になります。

宝塚歌劇団入団当時の成績は9番と高く、入団後すぐに行われた初公演は、月組公演の「ME AND MY GIRL」で赤を基調とした可愛いコスチュームで同期生と共にラインダンス、通称ロケットを踊りました。

初公演後に宙組に配属され、これまでに15作を超える舞台に立っています。まだまだこれから成長していく風馬翔から目が離せませんよ!

風馬翔の主な舞台を紹介します!

風馬翔は長身を生かした演技がとても魅力で、多くの舞台で存在感を感じられる舞台が魅力でもあります。

そんな風馬翔が出演している主な舞台は、「Paradise Prince」の新人公演や「TRAFALGAR -ネルソン、その愛と奇跡-」の新人公演、「銀河英雄伝説@TAKARAZUKA」の新人公演、「モンテ・クリスト伯」の新人公演など多くの新人公演で演じています。

「銀河英雄伝説@TAKARAZUKA」の新人公演で演じたオフレッサーでは、重そうな斧を振り回し、迫力のある演技を演じ、クオリティーの高い役柄を演じ切るほどの実力の持ち主ですよ!

風馬翔のお茶会を紹介します!

宝塚歌劇団の劇場に足を運ぶ多くの方は、各タカラジェンヌの私設ファンクラブに所属している人が多数います。

私設ファンクラブに所属すると、タカラジェンヌの情報やお茶会の情報などがわかり、入り待ちの時など最前列に座れたりもします。風馬翔も私設ファンクラブがあり、お茶会などを開催しています。

お茶会の内容は公演されている舞台の裏話であったり、私生活の話、ゲームや写真撮影など様々なものが企画されています。普段は宝塚メイクをして舞台の上で演じているタカラジェンヌの素顔が見える一面があり、ファンなら一度は足を運んでみたいイベントでもあります。

宝塚歌劇に関するオススメ記事一覧

風馬翔の舞台を見に行こう!

風馬翔はタカラジェンヌとして伝統ある宝塚の舞台に立ちづつけています。華麗に舞い、綺麗な声で観劇に来たファンを楽しませてくれますよ!そんな風馬翔の舞台を見に行きませんか?チケットキャンプでは風馬翔が所属する宝塚歌劇団の宙組公演チケットを取り扱っております。これからも活躍を続けていく風馬翔を応援していきましょう!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。