宝塚星組・瑠璃花夏!華やかで可愛らしい容姿…103期生期待の娘役である瑠璃花夏さんの魅力をご紹介します!

宝塚星組に配属が決まった娘役・瑠璃花夏さん。2017年早霧せいなさんと咲妃みゆさんのサヨナラ公演「幕末太陽傳/Dramatic “S”!」で初舞台を踏んだ103期生で、入団時の成績2番ということもあり注目されています。どんな持ち味の娘役さんになるのかはまだ未知数ですが華やかな容姿に文化祭で見せたキュートな演技やダンス力の高さなど…今後が楽しみです。そこで今回は宝塚星組の瑠璃花夏さんの魅力やプロフィールをご紹介します!

宝塚星組・瑠璃花夏(るり はなか)

星組配属となった研究科一年目の娘役・瑠璃花夏さん。

人気トップコンビ早霧せいなさんと咲妃みゆさんのサヨナラ公演「幕末太陽傳/Dramatic “S”!」で初舞台を踏み、可愛らしい容姿で注目されている瑠璃花夏さん。星組配属が決まり今後の活躍が気になるところです。

そこで今回は期待の新星娘役・瑠璃花夏さんのプロフィールや経歴、そして魅力などをご紹介したいと思います。ぜひチェックしてみてください♪

宝塚星組に関するその他のおすすめ記事

瑠璃花夏さんのプロフィール

  • 誕生日:7月1日
  • 身長:160cm
  • 出身地:京都府京都市
  • 出身校:京都光華高等学校
  • 初舞台:2017年4月「Dramatic “S”!」
  • 愛称:ちな、るりはな

芸名は本名から一字とって家族で考えたものだそうです。

瑠璃花夏さんの経歴

音楽学校の文化祭

2015年に103期生として宝塚音楽学校に入学した瑠璃花夏さん。

103期生の音楽学校の文化祭は2017年2月25日と26日に宝塚バウホールで行われ、二年間の学んできた成果を発表しました。宝塚ファンにとっても音楽学校の文化祭は未来のスターを発掘する一大イベントですよね。

文化祭の内容は例年通り一部は日舞とボーカル、二部は演劇、そして三部はダンスをメインにした三部構成の舞台となっていました。

一部のボーカルでは瑠璃花夏さんを含む娘役さん4人で「メモアール・ド・パリ」を披露し、二部の正塚晴彦先生演出の「A MONOLOGUE VolⅢ」では主人公の婚約者であるわがままなリディア姫を演じた瑠璃花夏さん。

少し個性的な役どころでしたが宝塚の娘役らしくキュートに演じ切りました。

三部ではモダンな振り付けのバレエやジャズダンス、タップダンスなどを披露し、ダンスが得意な生徒さんなのだろうな…と予感させる大活躍でした。

瑠璃花夏さんは103期生の成績二番ということもあり全体を通して目立つポジションが多かったため注目した方も多かったのではないでしょうか?

初舞台

103期生は成績上位10人中8人が娘役、という少し珍しい期です。瑠璃花夏さんも2番目の成績で入団したため初舞台のインタビューなどを受ける機会も多く注目を集めていましたね♪

そんな103期生の初舞台となったのが雪組トップコンビ早霧せいなさんと咲妃みゆさんのサヨナラ公演「幕末太陽傳/Dramatic “S”!」。

ラインダンスは近年宝塚の振り付けを多数担当している人気振付師のKAZUMI-BOY先生が担当しました。KAZUMI-BOY先生にとって初めての初舞台ラインダンスの担当だったということもあり思い入れのあるシーンになったのではないでしょうか。

今までにないようなドミノ倒しやウェーブなどが印象的でしたね。

103期生は仲が良く団結力がある期だと言われていますが、その団結力が生かされたラインダンスとなりました。

星組配属

初舞台を踏んだ後、星組配属が発表された瑠璃花夏さん。103期生のうち星組配属になったのは

  • 侑蘭 粋
  • 星咲 希
  • 紘希 柚葉
  • 羽玲 有華
  • 音佳 りま
  • 瑛美花 れな
  • 孔雅 といろ

星組配属が決まり、星組生としての初の舞台は「ベルリン、わが愛/Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケ ド タカラヅカ)」となっています。

瑠璃花夏さんの魅力とは?

可愛らしい容姿

とにかく可愛らしいと言われている瑠璃花夏さん。近年娘役でも高身長のタカラジェンヌさんが増えているなか、瑠璃花夏さんの身長は160cmと小柄です。

元花組の桜一花さんもそうでしたが小柄な娘役さんって体型に負けないよう、ダンスなど大きく表現することを意識しているため逆に舞台で目を引き、応援したくなりますよね♪

また、顔の印象としては元月組の娘役・愛風ゆめさんに似ていると評判です。

オールマイティな技術力?

まだまだ研究科一年目で未知数な魅力を持つ瑠璃花夏さんですが、成績優秀だったこともあり、全体的に器用にこなせるタイプなのではないでしょうか?

特にダンスは文化祭や初舞台を見る限りパッと目を引くタカラジェンヌさんだと思われます。

瑠璃花夏さんの気になる性格やお茶会は?

瑠璃花夏さんは研1生なので、情報が少ないですがサンリオのキャラクター“ポムポムプリン”が好きという可愛らしい性格の持ち主のようです。

また、タカラジェンヌの素顔や性格などを知るにはお茶会が一番ですが、瑠璃花夏さんはまだ下級生のためお茶会やお茶飲み会は開催されていません。今後お茶飲み会が開催されるのを楽しみに待ちましょう♪

瑠璃花夏さんの今後の舞台をチェック

瑠璃花夏さんが星組生として初の舞台となるのが「ベルリン、わが愛/Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケ ド タカラヅカ)」

期間は…

  • 2017年9月29日(金)〜11月6日(月) 宝塚大劇場
  • 2017年11月24日(金)〜12月24日(日) 東京宝塚劇場

紅ゆずるさん、綺咲愛里さんがトップコンビに就任してから二度目の大劇場公演、芝居とショーの二本物ということもあり、宝塚らしい舞台になるのではないでしょうか?

「ベルリン、わが愛」は若手演出家の原田諒先生が担当するベルリンを舞台にしたオリジナルミュージカルです。

あらすじは…

サイレント映画からトーキーへと移り変わる頃──。1920年代から30年代にかけて、ハリウッドと並ぶ映画の都として栄華を誇ったドイツ・ベルリンにも、ナチスが暗い影を落とし始めていた。そんな中、新しい娯楽作品を模索する男達は、ミュージカル映画こそ大衆が求めるものだと確信し、その実現へ向けて邁進していた。無名の踊り子を抜擢し撮影された映画は大成功を収める。しかし、プロパガンダとして映画を利用しようとするナチスの圧力は強まる一方だった。理想と現実の狭間で苦悩しながら、映画を愛した彼らが描いたシナリオとは…。

(出典:宝塚歌劇HP

そして「Bouquet de TAKARAZUKA」は酒井澄夫先生演出の宝塚レヴュー90周年を記念した華やかなショーで、懐かしい宝塚ソングが詰まった楽しい作品になりそうです♪

新人公演では下級生まで目立つので瑠璃花夏さんの活躍に期待です!

期待の娘役・瑠璃花夏さんに注目!

(出典:photo AC

宝塚星組に所属する娘役・瑠璃花夏さんのプロフィールや経歴、魅力などをご紹介しました。

研究科一年目でまだまだ未知数の瑠璃花夏さんですが、成績も優秀で星組の娘役らしい華やかな舞台をみせてくれることでしょう。今後人気の娘役さんになってくれるのがとても楽しみなひとりです。

星組公演を観劇する際には、ぜひ瑠璃花夏さんをチェックしてみてください♪

宝塚に関するその他のおすすめ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。