星組公演「ロミオとジュリエット」のフィナーレがゴージャスすぎる!!

2013年夏、気温37度を超える灼熱の日比谷をさらに熱くさせる公演がありました。星組の「ロミオとジュリエット」です。何故この公演に人が押しかけたのでしょうか?今回はファンを魅了した星ロミジュリのフィナーレを紹介します!

2013年夏、気温37度を超える灼熱の日比谷をさらに熱くさせる公演がありました。宝塚歌劇団星組の「ロミオとジュリエット」です。ムラで大好評だったこの作品、東京公演では連日朝早くからファンが立ち並び、徹夜組まででる始末。全日立ち見まで完売という超人気公演となりました。

何故この公演に人が押しかけたのでしょうか?その秘密はフィナーレにあります。今回はファンを魅了した星ロミジュリのフィナーレを紹介します!

感動的な再会、そして華やかなロケット

お芝居のラスト、天国で再会したロミオとジュリエットが満面の笑みで抱き合い、幕が下りる。息をついたのもつかの間、下手から2番手が登場し、銀橋ソロを披露。宝塚の1本モノの定番ですね。

曲は劇中でロミオが歌う「バルコニー」のアレンジバージョン。紅ゆずるさんの真っ直ぐ響き渡る歌声に心射抜かれます。

続いてロケット。キャピレットの赤とモンタギューの青で彩ったハートモチーフの衣装です。劇中歌「きれいはきたない」に合わせてダイナミックな星組の下級生が全力で踊ります!ロケットセンターは十碧れいやさん。長身で華やかな風貌に、キュートな笑顔が光ります。

全身GOLDの美男・美女たちのフラメンコ

待ってました!トップスター柚希礼音の登場です。劇中歌「憎しみ」のスパニッシュアレンジで、全身ゴールドの衣装に身を包み、フラメンコドレスのゴージャスな美女たちに囲まれて踊ります。

お芝居ではひたむきで可愛らしい少年ロミオを演じた柚希礼音が、フィナーレで豹変!

柚希さんを初めてみるお客様は、ロミオと同一人物だと認識できないと思います。それくらい豹変しています。格好よすぎて失神しちゃいそうです。

ギラギラ!端から端までどこをみてもギラギラの男役群舞!!

いよいよ大階段が登場。そしてその大階段には、紅ゆずるさん、真風涼帆さん、十輝いりすさん姿が。

大階段をふんだんに利用したこのナンバー、今までみたことないふりがでてきます。大胆に階段に横たわったり、座り込んだり…とてもセクシーな振り付けで、ドキドキしちゃいました。

その中に柚希さんもまじり、ダンスはますます激しくなります。星組男役たちがギラギラとキザって踊りまくります。極めつけは、ハートを描いた投げキッス!はい、降参です。ご贔屓様の投げキッスをうけるため、私も劇場へ通いつめました。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。