退団を発表した宝塚星組の男役・夏樹れい!美人で歌ウマジェンヌ夏樹れいのプロフィールや魅力を改めてチェック!!

宝塚星組「ベルリン、わが愛/Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケ ド タカラヅカ)」で退団することを発表した夏樹れいさん。夏樹れいさんは2007年に93期生として初舞台を踏み、その後星組配属となりました。なんといってもその魅力は“抜群の歌唱力”。宝塚星組の舞台を支える中堅の男役として近年ではほぼ毎公演ソロの場面があったり星組には欠かせない歌ウマジェンヌとして活躍しています。そんな夏樹れいさんのプロフィールや魅力などを改めてご紹介します!

宝塚星組男役・夏樹れい(なつき れい)

「ベルリン、わが愛/Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケ ド タカラヅカ)」での退団を発表した宝塚星組の男役・夏樹れいさん。

華やかな星組らしい男役として舞台を支えていた夏樹れいさんの退団発表に驚いた方も多いのではないでしょうか?歌うまな男役としてこれからの活躍が期待されていただけにファンにとってもショッキングな出来事でした。

そこで今回は夏樹れいさんのプロフィールや魅力、性格などを、今一度振り返ってご紹介したいと思います。サヨナラ公演前にぜひチェックしてみてください。

星組のおすすめ記事

夏樹れいさんのプロフィール

基本プロフィール

  • 誕生日;11月6日
  • 出身地:大阪府池田市
  • 出身校:雲雀丘学園
  • 身長:170cm
  • 血液型:O型
  • 特技:スペイン語
  • 初舞台:2007年3月「シークレット・ハンター」
  • 愛称:ぽんちょ、ちーちゃん、ちひろ

幼少期から音楽教育を受ける

2歳から音感教育とピアノ、3歳からバレエを習い初めた夏樹れいさん。抜群の歌唱力は幼いころからの音感教育が関係しているのでしょうね。

そんな夏樹さんが宝塚歌劇と出会ったのは中学3年の時。しかし高校1年目はメキシコに留学することが決まっていたため、留学中は宝塚のDVDを持って行き見ては台本に書き起こしたりしていたようです。←伝説①

そして帰国後半年間のレッスンを経て見事音楽学校へ合格。子供の頃からバレエは習っていたものの歌はやったことがなく受験時は小さな声しか出なかった…と語っています。

93期生として音楽学校に入学

2005年に音楽学校へ入学した夏樹れいさんは93期生です。

93期生と言えば…

  • 舞羽美海(元雪組トップ娘役)
  • 芹香斗亜(花組)
  • 彩風咲奈(雪組)
  • 十碧れいや(星組)
  • 愛月ひかる(宙組)
  • 蒼羽りく(宙組)

など人気のスターが揃っています。

夏樹れいさんの舞台経歴

初舞台

2007年星組公演「さくら/シークレット・ハンター」で初舞台を踏んだ夏樹れいさん。入団時の成績は50人中25番でした。

93期生の初舞台は魚をイメージしたストーリー性のあるラインダンスが印象的だった…という方も多いのではないでしょうか?ラインダンス以外にもパーカッションの演奏などを披露しました。

星組配属

初舞台を踏んだ後、星組配属となった夏樹れいさん。

星組配属となって初の大劇場公演2007年「エル・アルコン-鷹-/レビュー・オルキス―蘭の星―」から新人公演で如月連さんの役を演じたり2009年「My dear New Orleans/アビヤント」の新人公演ではマーティン(本役:麻尋しゅん)、少年時代のジョイ(本役:天寿光希)など。

2010年「ハプスブルクの宝剣 /BOLERO」待従長ヨハン/新人公演:アムシェル・モシェ(本役:美弥るりか)に抜擢されたりと順調に色々な役を経験していきます。

そして印象深かったのは2011年紅ゆずるさん主演「メイちゃんの執事」の竜恩寺 泉役ではないでしょうか?今では芝居やショーなどで女役を多数こなしている夏樹れいさんですがこの公演が初の女役となりました。

2013年5月には「ロミオとジュリエット」の新人公演でベンヴォーリオ(本役:礼真琴、紅ゆずる)に抜擢された夏樹れいさん。本番では好評でしたが稽古中はベンヴォーリオの歌に相当苦戦したようです。

本人も思い出深い役だと語っていますが、この経験が今につながっているのでしょうね。

2014年5月「太陽王〜ル・ロワ・ソレイユ〜」では再びの女役であるラ・ヴォワザン。とっても妖しく綺麗だったと評判です。

そして

  • 2015年8月「ガイズ&ドールズ」クバーナの歌手(男)
  • 2016年1月「LOVE & DREAM 」
  • 2016年3月「こうもり /THE ENTERTAINER!」
  • 2017年3月「THE SCARLET PIMPERNEL」サン・シール侯爵/座長

など近年の星組公演では欠かせないタカラジェンヌとして魅力的な芝居と美声を披露しています。

夏樹れいさんの魅力とは?

魅力その1・歌唱力

基本的にダンス・芝居・歌と三拍子揃った実力派の夏樹れいさん。しかしその中でも一番の魅力は“歌唱力”ではないでしょうか?

必ずしも全員歌が上手いとは言えない宝塚歌劇団。そのため、どこの組でも歌ウマジェンヌはありがたがられる存在です。夏樹れいさんもそんな貴重な人気歌ウマジェンヌの一人として活躍しています。

くっきりしたタカラジェンヌらしいビジュアル

今日の集合日、かなり驚きました。。. . れい様。。😭😭😭. . もう少し、宝塚の舞台で観られると思っていたので、かなり残念です😭😭😭. . 私にとっての、生きる楽しみが1つ減ります。。😱. . 村田新八さんのあの熱い演技や、サン・シール侯爵の気迫など、最近凄いオーラを放っていましたのは、このことだったんですかね。。. . 「ベルリンわが愛」は女優の役だから、紀古佐美が最後の男役となったんですね。. . ちーちゃんの男役の最後が観れて、本当に良かった😭✨. . れい様にとって最高の宝塚の締めくくりを迎えられること、れい様にとってのこれからの幸せを願って、最後まで応援します😭✨. #宝塚 #宝塚歌劇団 #星組 #集合日 #ベルリンわが愛 #夏樹れい #まさかの退団発表 #きのこさみが最後の男役 #驚いた #生きる楽しみが1つ減る #最後まで応援します

A post shared by せいか (@golden_coppy) on

そして、大きな瞳にくっきりとした口元…その華やかなビジュアルにも定評がある夏樹れいさん。

月組の二番手男役・美弥るりかさんと夏樹れいさんは似ていると評判ですが、美弥るりかさん本人も星組の舞台を観ると“自分がいる!”と驚いてしまう…と以前番組で語っていました。

二人とも大きな瞳に吸い込まれそうになる…という点で舞台でのインパクト抜群です。

気になる性格

美人で歌ウマジェンヌの夏樹れいさん。どんな人柄なのか気になりますよね。

タカラジェンヌの性格を知るにはお茶会が一番!ということでお茶会でのエピソードをご紹介します。話し上手な夏樹れいさんのお茶会は好評のようです♪
↓伝説②


↓伝説③

退団を発表した夏樹れいさん

宝塚ファンにとってドキドキしてしまう公演集合日…。8月15日の星組大劇場公演の集合日に壱城あずささん、愛水せれ奈さん、そして夏樹れいさんの退団が発表されました。

まだまだ活躍してくれるだろう、と思っていたタカラジェンヌさんの退団はファンにとってはショックです。でも今回退団する三人は上級生で、いまが辞める時だ…!という決意をもっての退団だと思うので、寂しい気持ちはありますが最後の日まで暖かく応援したいですね…。

星組「ベルリン、わが愛/Bouquet de TAKARAZUKA」で退団

夏樹れいさんのタカラジェンヌとしての最後の舞台となるなのが「ベルリン、わが愛/Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケ ド タカラヅカ)」。

  • 2017年11月24日~12月24日 東京宝塚劇場

芝居は原田諒先生、そしてショーは酒井澄夫先生の演出。重厚感のあるお芝居とタカラヅカレヴュー90周年を記念した伝統を紡ぐ豪華絢爛なショーの二本立ては紅ゆずるさんのトップとして二本目の大劇場公演ということで、宝塚らしい舞台になるのではないでしょうか。

今から楽しみですね。

最後の役はジョセフィン・ベイカー

そしてサヨナラ公演で夏樹れいさんの演じる役はジョセフィン・ベイカー。

実在したアメリカ出身のジャズ歌手の役です。タカラジェンヌとして最後の役なのに女役なの?!という声が多く聞こえましたが、歌ウマ夏樹れいさんらしい歌手の役で素敵な歌声を聞かせてくれるのではないでしょうか。

そしてそのジョセフィン・ベイカーと夏樹れいさんのお顔がどことなく似ている…というのも話題になっています。

画像を見ると確かに雰囲気が…ジョセフィン・ベイカー役に抜擢した原田先生の気持ちも何となく分かるような気もしますね。

夏樹れいさんから目が離せない!!

(出典:photo AC

宝塚星組公演「ベルリン、わが愛/Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケ ド タカラヅカ)」で退団を発表した夏樹れいさん。

星組で人気の歌ウマジェンヌとして活躍する夏樹れいさんの退団はとっても残念ですがサヨナラ公演でどんな姿をみせてくれるのかまだまだ目が離せませんね。

宝塚歌劇のその他のおすすめ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。