宝塚 チケット
将来が期待される飛龍つかさは新人公演でも大活躍!

宝塚歌劇団98期生の飛龍つかさは、花組の所属している男役です。高校卒業後の2010年に宝塚音楽学校へ入学し、2年後に宝塚歌劇団へ入団しました。こちらでは飛龍つかさの魅力や性格をブログなどを通して探ってみます。

宝塚歌劇団98期生の飛龍つかさは、花組の所属している男役です。高校卒業後の2010年に宝塚音楽学校へ入学し、2年後に宝塚歌劇団へ入団しました。

初舞台は宝塚大劇場での宙組公演『華やかなりし日々』でした。その後花組に配属され、まだまだこれからの成長が楽しみとされる新人タカラジェンヌの1人です。こちらでは飛龍つかさの魅力や性格をブログなどを通して探ってみます。

飛龍つかさのプロフィールをご紹介しましょう。

飛龍つかさは「まいか」と呼ばれ、初舞台後は『ロミオとジュリエット』、『藍と革命の詩-アンドレア・シェニエ-/Mr.Swing』や『ラストタイクーン-ハリウッドの帝王、不滅の愛-TAKARAZUKA ∞夢眩』などの新人公演に出演しました。新人ながらも堂々とした姿を舞台で見せ、少しずつファンの方々に名前と顔が浸透してきています。

新人公演で早くも飛龍つかさの将来が楽しみに!

▶︎「ステゴざうるすの部屋のブログ」

大作『ベルサイユのばら』でも注目される飛龍つかさの存在感

♪ご覧なさい、ご覧なさい、ベルサイユのば〜ら〜♪
という歌を歌う役としてファンにはもうお馴染みなのが小公女と小公子ですね。花組公演の『ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編-』でかわいらしい小公女を演じる娘役は真彩希帆、そして小公子が飛龍つかさです。

研三ながらスタイルの良さと美しい顔立ちに注目も集まっています。pupuさんはツイートで笑顔を見せる飛龍つかさの写真をアップ。2年後、3年後の成長が益々楽しみになります。

宝塚歌劇に関するこちらの記事もおすすめです

飛龍つかさが出演する花組公演のチケットはチケットキャンプで!

笑顔が爽やかでハンサムな飛龍つかさは、これからいろいろな経験を積み大きく成長していける、楽しみな新人の1人です。花組の公演をご覧になったら、是非飛龍つかさに注目してみてください。

チケットキャンプでは宝塚歌劇団の公演チケットも多数扱っています。出かけてみたいお目当ての公演のチケットがすぐなくても、是非リクエスト機能を使ってみてくださいね!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。