宝塚 チケット
芸能一家の姫歌ひな乃のプロフィールに注目!

姫歌ひな乃は、宝塚歌劇団花組の娘役として多くのヅカファンを虜にしています。幼い頃から、子役としてミュージカルの舞台を経験してきた姫歌ひな乃。ここでは、姫歌ひな乃の魅力を、プロフィールとともにまとめて紹介します。

姫歌ひな乃は、宝塚歌劇団花組の娘役として多くのヅカファンを虜にしています。
2011年に宝塚音楽学校に入学、2013年に99期生として宝塚歌劇団に入団しました。
初舞台は、「ベルサイユのばら」でした。

その後花組に配属され、娘役スターとしての一歩を踏み出しました。
幼い頃から、子役としてミュージカルの舞台を経験してきた姫歌ひな乃。
「ひなの」「ひぃ」「とま」などの愛称で親しまれています。
ここでは、姫歌ひな乃の魅力を、プロフィールとともにまとめて紹介します。

姫歌ひな乃の初舞台直前の練習風景に注目!

2013年5月19日から開演された宝塚歌劇団雪組公演「ベルサイユのばら-フェルゼン編-」で初舞台を踏んだ姫歌ひな乃。
フィナーレ直前に行われるラインダンスは、宝塚歌劇団の舞台を盛り上げる見どころのひとつです。

新入生の晴れの舞台、ラインダンス♪
その練習風景が、公開されています。

この年、新入団した99期生は、37名。
舞台の華やかさとは打って変わって、全員が黒のレオタード姿でした。
「一か月間、同期が一体となってきて、やっとひとつになれたような気がします」と笑顔で答えたのは、99期生の首席、美園さくら。

同期とともに、タカラジェンヌとしての道を歩み始めた姫歌ひな乃も同じ気持ちだったのではないでしょうか。

姫歌ひな乃の魅力あるプロフィール

姫歌ひな乃は、芸能一家であることにも注目されています。
父親は、福岡ソフトバンクホークスコーチの笘篠誠治。
叔父は、元プロ野球選手の笘篠賢治です。

幼い頃から、ミュージカル舞台に出演していた経験もある姫歌ひな乃。
主な出演作には、1999年のミュージカル「アニー」や、2003年に開演された劇団四季の「ライオンキング」があります。

宝塚音楽学校に在籍していた2年間で、歌やダンスの稽古にさらに磨きをかけたようです。
その証に、タップダンス部門優秀賞で表彰されています。
念願の娘役として、宝塚歌劇団花組に入団を果たした姫歌ひな乃。

2014年6月に宝塚バウ劇場で開演された花組公演「ノクターン -遠い夏の日の記憶-」では、ニーナ役を演じています。
姫歌ひな乃のさらなる活躍に期待したいですよね♪

宝塚歌劇団花組の娘役、姫歌ひな乃を贔屓にして応援しよう!

タカラジェンヌが開催するお茶会は、「会」と呼ばれる私設ファンクラブが中心となって開催されます。「会」は、研修生3年目までは、作ってはいけないという暗黙のルールがあるようです。娘役として注目される姫歌ひな乃ですが、宝塚歌劇団に入団したのは2013年ですので、お茶会が開催されるのはまだ先になりそうですね。

まずは、姫歌ひな乃が出演する宝塚歌劇団花組の舞台公演をチェックして、贔屓として応援してみてはいかがでしょう。新人のタカラジェンヌさんを早くから応援して、成長を見守っていくのも宝塚歌劇団の楽しみのひとつですよ。

ここでは、宝塚公演が開演されている劇場前で撮影された様子を紹介します。
姫歌ひな乃の魅力的な姿に注目してみてくださいね。

宝塚歌劇に関するこちらの記事もおすすめです

姫歌ひな乃が出演する宝塚歌劇団花組の公演チケットは、チケットキャンプにおまかせ!

チケットキャンプでは、宝塚歌劇団の公演チケットを取り扱っています。入手困難な宝塚歌劇団の公演チケットですが、希望の公演チケットを譲ってもらえる人を探せるリクエスト機能がおすすめですよ!あきらめずに是非チェックしてみてください。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。