花組新人公演主演は水美舞斗!95期の勢いが止まらない

宝塚歌劇花組公演「カリスタの海に抱かれて」の新人公演配役が発表されました。今回新人公演で主演を務めるのは水美舞斗さん。ヒロインは城妃 美伶さんです。今回は、95期の中から6人目の主演となる水美舞斗さんについてまとめました。

宝塚歌劇花組公演「カリスタの海に抱かれて」の新人公演配役が発表されました。今回新人公演で主演を務めるのは水美舞斗さん。ヒロインは城妃 美伶さんです。実力も華も個性も花組の若手スターの中で際立っている水美舞斗さん。

研究科7年という新人公演長期で待ちに待った主演の座を射止めました。この演目が発表された時から、「新人公演の主演はマイティしかいない」と思うファンが多いほど、はまり役が予想されている新人公演。今回は、95期の中から6人目の主演となる水美舞斗さんについてまとめました。

花組・水美舞斗さんを始め、95期の勢いが止まらない

水美舞斗さんは、泣く子も黙る華の95期の一員です。95期といえば、歴代でも群抜いてスター揃いの期。月組トップ娘役・愛希れいか、宙組トップ娘役・実咲凛音、星組新トップ娘役・妃海風とすでに3人のトップ娘役を排出しています。また、星組・礼真琴、花組・柚香光、雪組・月城かなと、月組・朝美絢、宙組・桜木みなとと各組で新人公演の主演を務めたスターのいる、まさに歴史的な学年なのです。

もちろん、これまでに新人公演主演を経験していないスターさんたちにも実力派が多く、新人公演最終学年を迎えて特に主演が望まれていたのが花組の水美舞斗さんだったのです。今回、ファンにとっても待ちに待ったマイティの主演。たくましい腕、胸板、軍服…きっと本役の明日海りおさんを凌ぐほど、男臭い主人公シャルルを演じてくれることと思います。

これまでも新人公演で実績を残している花組・水美舞斗さん

これまでの新人公演でも、「オーシャンズ11」で2番手で主人公の親友役のラスティ(本役:北翔海莉)、「ラスト・タイクーン」でも2番手で敵役のパット・ブレーディ(本役:明日海りお)、「エリザベート」では狂言回しとなるルキーニ(本役:望海風斗)を見事に演じ、実績を重ねています。

新公学年とは思えないほど骨太の演技、安定した歌唱で多くのファンを魅了していました。同じく花組95期の柚香光さんとペアで推されることも多く、どちらかと言うと柚香光さんの方がメインになることが多かったため、ここまで実力があるのに、なかなか主演に恵まれないことにやきもきしているファンも多かったことと思います。

今回の新人公演ではようやくマイティの魅力を存分に楽しむことが出来るのです。記念すべき宝塚101周年の中でも、とてもおめでたいことです。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。