宝塚花組・水美舞斗!プロフィールや性格を大調査!迫力の身体能力とはじける笑顔でファンを魅了♪

宝塚歌劇団の中でも最も歴史のある組である花組。そのため、花組の男役であるということに強い誇りを持つ熱いスターが多く在籍しています。その中でも、より一層の熱さを感じる95期生の水美舞斗さんについてご紹介します。長身で体格も良く、ダンスを筆頭に実力も揃った水美舞斗さん。最近、重要な役や場面でのキャスティングも多くなり、今後の配役がどうなるのか動向がとても気になるスターの1人ではないでしょうか?そんな水美舞斗さんの基本のプロフィールや経歴、お茶会などから垣間見える性格などについて大調査しました。

今後の配役に注目が集まる、花組・水美舞斗さん

明日海りおさん・仙名彩世さんコンビの新体制も大好評の宝塚歌劇団・花組。花組は、宝塚歌劇団の中でも最も歴史のある組で、そのため”花組の男役(娘役)たるもの””花組の男役(娘役)とは”という誇りをもった想いが組全体に流れていて、それは「花男」「花娘」と表現され、ファンの間でも浸透しています。

そんな熱い想いを持った「花男」の中でも、より一層の熱さを感じる95期生の水美舞斗さんについてご紹介します。長身で体格も良く、ダンスを筆頭に実力も揃った水美舞斗さん。最近、重要な役や場面でのキャスティングも多くなり、2番手スター・芹香斗亜さんが宙組へ異動する人事発表もあった花組で、今後の配役がどうなるのか動向がとても気になるスターの1人ではないでしょうか?そんな水美舞斗さんの基本のプロフィールや経歴、お茶会などから垣間見える性格などについて大調査しました。

宝塚歌劇 花組に関するおすすめ記事

水美舞斗さんって、どんな人?

基本プロフィール

  • 出身地:大阪府寝屋川市
  • 初舞台:2009年4月 『Amour それは・・・』
  • 誕生日:6月28日
  • 身長:170cm
  • 血液型:O型
  • 愛称:マイティー

生い立ち、そして宝塚歌劇入団まで

水美舞斗さんは、幼い頃から宝塚ファンの祖母の影響で宝塚歌劇を観劇していたそうです。ショーが好きで、バレエを習っていたこともあり、「1日中踊っていられる!」という思いが、宝塚歌劇団への入団を目指すきっかけだったようです。芸名の”舞”という文字も、踊りが好きという想いがこめられているんだとか。

そして、2007年に見事、宝塚音楽学校に入学し、2009年に95期生として宝塚歌劇団に入団しました。
95期生といえば、既に愛希れいかさん、実咲凛音さん、妃波風さんの3人がトップ娘役となっており、男役にも礼真琴さん、柚香光さん、桜木みなとさん、月城かなとさん、朝美絢さん、瀬央ゆりあさんなど、華やかで実力もあるスター揃いの期としてファンの間でも有名です。そんな中で、水美舞斗さんの入団時の成績は3番ということで、とても優秀であることが伺えますね。
同年に、『Amour それは・・・』で初舞台を踏み、その後、花組へと配属されました。

これまでの主な舞台経歴

2011年、壮一帆さん主演の『カナリア』(梅芸ドラマシティ・日本青年館公演)で研3ながらに、悪魔たちのリーダーであるウカ役に抜擢。台詞も多く、キレのあるダンスと、人懐っこい笑顔が可愛らしく存在感があり印象に残りました。

2013年『オーシャンズ11』では、本公演でメインキャラクターに選ばれる大抜擢で、同期の柚香光と共にモロイ兄弟を演じました。
息の合った同期ならではの掛け合いを見せ、その姿がとても愛らしくファンの心を掴みました。

2014年『エリザベート-愛と死の輪舞-』では、マデレーネ役に抜擢。初めての娘役に挑戦します。マデレーネは、ダンスに定評のある娘役が演じることが多い役でしたが、そのダンス力を活かし好評を得ました。新人公演ではルキーニ役に抜擢。男役であれば誰もが挑戦してみたいであろうこの難しい役を演じたことで表現力の幅が広がったのではないでしょうか?また、アドリブで客席を沸かせる舞台度胸もみられました。

2015年『カリスタの海に抱かれて』では、新人公演でついに主演の座を掴みます。待望の主演で意気込み十分に臨んだ新人公演では、キレのあるダンスで魅了しながら、歌声ものびやかに、堂々と演じ好評を得ました。

花組同期・柚香光さんとの掛け合いも人気

同じく花組の同期である柚香光さんとの掛け合いが好きという声も多く聞かれます。
舞台でも、先述した『オーシャンズ11』の他に、2016年『ME AND MY GIRL』では水美舞斗さんがジェラルド役を演じ、柚香光さんがジャッキー役を演じるという回があり、このカップルの並びが美形すぎると話題になりました。
同じ組ということもあり、宝塚専門チャンネル・スカイステージの番組などでも2人が話している姿を見られる機会が多く、仲の良さが伝わってきてそのなんとも微笑ましい姿がファンにはたまりません。

水美風斗さんの魅力

男役として恵まれた体格と、それを活かしたダンス

水美舞斗さんは花組内での腕相撲大会で1位に輝いたほどの筋肉の持ち主です。
その筋肉質な体格を生かした、しなやかかつキレのあるダンスで多くのファンを魅了しています。
そのダンス力が買われ、先述の通り、2014年花組公演『エリザベート-愛と死の輪舞-』ではフランツを誘惑するマデレーネ役に抜擢されました。男役が演じることは稀でしたが、見事な身体能力で妖艶に演じました。
また、2017年『Santé!!~最高級ワインをあなたに~』でも、女役として瀬戸かずやさんと組んだ濃厚なデュエットダンスを披露しました。「人間って、そんな動きできるの?」というような振付も軽々とこなし、さらに、その美しい肉体美で観客を驚かせました。

はじける笑顔と熱い性格

水美舞斗さんといえば、外見は長身でがっちりとした体格で凛々しい印象ですが、とにかくいつも明るい笑顔がはじけています。お茶会や入待ちの時にも、とにかく笑顔を絶やさないことで有名で、その曇りのない笑顔にファンは元気をもらい癒されてしまいます。

また、宝塚専門チャンネル・スカイステージの番組「スカイ・ステージ・トーク Dream Time」では飛龍つかささんと共にMCを務めています。ゲストを迎えトークをする番組ですが、上級生の男役がこだわりや舞台にかける想いなどを話していると、水美舞斗さんは前のめりで頷きながら話を聞き、その態度から熱さと一生懸命さが感じられ、ファンから好感が持たれています。
お茶会でも、「花男」というキーワードがよく出てくるようで、「花組の男役たるもの」と常々、誇りを持ち一生懸命に考えていることが分かりますね。なんでも吸収して成長したいという思いが伝わってくるので、ファンはそんな水美舞斗さんを応援せずにはいられないでしょう!

さらに、宝塚100周年記念大運動会の大縄跳びでは、水美舞斗さんはマイクでカウントをしたり指示を出す役だったのですが、終盤にはカウント忘れ「いけーーー!!!!」「がんばれーーーー!!!」と応援する熱い男っぷりを発揮していました。

水美舞斗さんの今後の活躍に大注目!!

長身で恵まれた体格と身体能力を活かしたダンスと、お茶会でもいつも笑顔を絶やさず一生懸命さがストレートに伝わる性格で応援したくなってしまう水美舞斗さんについてプロフィールや経歴と共にご紹介しました。今後の配役に注目が集まる宝塚歌劇団 花組ですが、魅力たっぷりな水美舞斗さんのますますの活躍と飛躍を大いに期待したいですね♪

宝塚歌劇団 95期生に関するおすすめ記事はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。