宝塚花組・鳳月杏!大人の色気で周囲を虜に!プロフィールや魅力を徹底解剖!

2006年に宝塚歌劇団に入団、2014年に月組から花組へ組み替えとなった鳳月杏さん。組み替え直後、宝塚バウホール公演の主演に抜擢され、高い評価を受けました。明日海りおさんと仙名彩世さんの新トップコンビ体制となり注目度が増している宝塚花組で、人気急上昇中の鳳月杏さんのプロフィールや経歴に注目!その魅力を徹底解析します!

【宝塚花組スター】鳳月杏(ほうづき あん)さん

演じる役全てで高い評価を受け、人気急上昇中の鳳月杏さん。月組から花組へと組み替え後、確かな実力と存在感でポジションアップ!現在の花組の舞台で欠かせない人となっています。

そんな鳳月杏さんのプロフィールやおいたち、そして宝塚入団後の経歴を振り返りながら、ファンを魅了する鳳月杏さんの魅力に迫っていきたいと思います!

鳳月杏さんに関するおすすめ記事はこちら

鳳月杏さんのプロフィールや経歴は?

基本プロフィール

  • 初舞台:2006年 NEVER SAY GOODBYE
  • 愛称:ちなつ
  • 誕生日:6月20日
  • 出身地:千葉県船橋市
  • 身長:172cm
  • 血液型:A型

生い立ち

3歳の頃からクラシックバレエを習っていたという鳳月杏さん。小学校2年生のときに、テレビで宝塚を観たことがきっかけで興味を持ったそうです。

具体的に宝塚音楽学校の受験を考え始めたのは、身長が伸び始めた中学2年生のころ。自分でチケットを購入し、宝塚の舞台を観て、受験を決意しました。鳳月杏さんはすでにクラシックバレエを習っていたので、もうひとつの受験科目である声楽は1年をかけてレッスンを受け、試験に備えられたようです。

宝塚音楽学校の受験に関しては「ちょっと挑戦してみようと気楽に受験したので楽しかった」と、大物感たっぷりのコメントを残しています。

こうして2004年に宝塚音楽学校へ入学。同じ学年には元花組トップ娘役の蘭乃はなさん、宙組スターの真風涼帆さんなどがいます。

これまでの主な経歴、活動

2006年に宝塚歌劇団に92期生として入団、宙組の『NEVER SAY GOODBYE』で初舞台を踏み、月組に配属されます。

芸名の杏の由来は『ローマの休日』のアン王女だそうで、お母様と一緒に考えられたそうです。

月組ではなかなか大きな役を獲得することはできませんでしたが、2013年最後の新人公演『ベルサイユのばら—オスカルとアンドレ編—』でアンドレ役で歌・ダンス・芝居の三拍子揃った男役と高い評価を受けました。

2014年に花組へ組み替えとなり、直後の2015年『スターダム』でバウホール初主演のチャンスをつかみ取ります。

2016年の『ME AND MY GIRL』では、役代わりで女役・ジャッキーに挑戦し、新たな魅力を発揮しました。(Aパターンでは柚香光さんでした)

花組トップ娘役の花乃まりあさんの退団公演となった『金色(こんじき)の砂漠』では、王ジャハンギールを演じ、圧倒的な風格が話題となっています。

次回作、新トップコンビの宝塚大劇場お披露目公演となる『邪馬台国の風/Santé!!-最高級ワインをあなたに-』ではどんな鳳月杏さんが観られるのか注目です!

鳳月杏さんの魅力その① 長い手足!抜群のスタイル!

長い手足と172cmという長身で、まさに宝塚の男役になるために生まれてきたようなスタイルの鳳月杏さん。舞台に立つと一際目を引く容姿で、ファンの心を掴んでいます。

花組同期の天真みちるさんは『ザ・タカラヅカVI 花組特集』で鳳月杏さんに関して、「美しい顔立ち、長い手足…(本当に足が長い!!!)」とコメントされていて、圧倒的なスタイルは同期のお墨付きのようです。

また、天真さんは「全てを包みこむ大海原のような広い心、存在の全てが宝塚の男役の為に生まれてきたちなつ…恐ろしい子…。」と鳳月杏さんの性格に関しても言及されていて、スタイルだけでなく、心までもイケメンであることが窺えます。

鳳月杏さんの魅力その② 確かな演技力!

「繊細な演技」で定評のある月組出身の鳳月杏さんと言えば、緻密な演技力が高く評価されています。

『金色(こんじき)の砂漠』の王ジャハンギールでは、難しい役どころながら、ファンから専科さん?と思われるほどの安定した演技で存在感と王らしい風格を示しました。

一方で、2016年の『ME AND MY GIRL』では、Aパターン:ランベス・クイーン/Bパターン:ジャッキーと女役に徹した鳳月杏さんは、ここでも新たな魅力を開花させました。しっとりとした大人の魅力たっぷりのジャッキーを披露し、柚香光さんが演じた活動的なもう一人のジャッキーとは違った魅力でファンを楽しませてくれました。

どんな役も、緻密な役作りで舞台に臨まれるので、新しい演目で新たな鳳月杏さんの魅力が堪能できること間違いなしです!

鳳月杏さんの魅力その③ 溢れ出す、渋い大人の色気!

舞台に立つ鳳月杏さんのもう一つの魅力と言えば、隠しきれないオーラと色気です!

『金色(こんじき)の砂漠』では、上品ながらセクシーさも忘れない、王ジャハンギールで多くのファンを虜にしました。

ふとした瞬間の視線や佇まいでファンの心を惹き付ける鳳月杏さんですが、そのまなざしの虜になるのはファンだけではないようです。娘役さんはもちろん、男役のスターまでも虜にしてしまいます。

鳳月杏さんのバウホール初主演作となった『スターダム』では、フィナーレで鳳月杏さんを囲む娘役からひとりを選ぶという演出がされていました。こんなにかっこ良くて色気もたっぷりな鳳月杏さんに選ばれる娘役さんは幸せですね!ちなみに、千秋楽で選ばれたのはネイサン役・水美舞斗(みなみ まいと)さんだったとか。

鳳月杏さんの魅力その④ offのときのほんわかした雰囲気!素敵な笑顔!

舞台上ではキリッと渋いオーラ全開の鳳月杏さんですが、舞台から離れると一変、ふわっと優しい雰囲気を漂わせています。

そのギャップに心をわしづかみにされる方も多いのではないでしょうか?

また、芹香斗亜さんと鳳月杏さんの「キキちな」コンビもお二人のやり取りが可愛すぎると注目が集まっています。舞台上とはひと味違う姿もとても素敵ですね!

「キキちな」コンビといえば、『ME AND MY GIRL』でジェラルドとジャッキーを演じたお二人ですが、ジェラルドを演じた芹香斗亜さんは、公演にちなんで鳳月杏さんに指輪をプレゼントされたとか。鳳月杏さんは「男役11年目なのに指輪をあげるような役に当たらず、まさか貰うのが先になるとは(笑)。」と、ほっこりするエピソードも披露されていました。

鳳月杏さんから目が離せない!

長い手足の圧倒的なスタイルの良さと渋く光る演技力、そして舞台上とオフの時間のギャップでファンを魅了する鳳月杏さんのプロフィールや生い立ち、経歴などを紹介しました。

明日海りおさんと仙名彩世さんの新トップコンビ体制となり、勢いが加速している宝塚花組。芹香斗亜さん、柚香光さんなどスターも勢揃いで、新トップコンビの宝塚大劇場お披露目公演となる次回作への期待がますます高まっています。

そんな花組のなかで実力派スターの鳳月杏さんがどんな活躍をされるのか、見逃せません!

宝塚花組に関するおすすめ記事はこちら

 

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。