宝塚歌劇の公演の原作となった日本文学たち!

宝塚歌劇の公演には、外部の原作を元にして作られた作品が少からずありますが、多くのヅカファンにとってやっぱり見逃せないのは日本文学が原作となっている作品!ここでは数々の公演の中から日本文学が原作となっている作品に注目してみたいと思います。

宝塚歌劇の公演には、外部の原作を元にして作られた作品が少からずありますよね!

西欧を舞台にした公演は、ドラマチックなものが多く、そのような公演から宝塚に入ってきた方も多いと思います。しかし、その中でも、多くのヅカファンにとってやっぱり見逃せないのは日本文学が原作となっている作品

ここでは、宝塚歌劇の数々の公演の中から、日本文学が原作となっている作品に注目してみたいと思います。

宝塚歌劇の原作には様々な種類がある!

今回、宝塚歌劇の作品のうち、日本文学を元にして作られた作品に注目しますが、そもそも宝塚歌劇の作品の原作は小説以外にも沢山あるんです!一見意外ですよね。

例えば、「相棒」は、テレビドラマが原作ですし、「あさきゆめみし」はマンガが原作になっています。「雨に唄えば」はミュージカル映画が原作です。

上記のように、宝塚歌劇の原作は多岐にわたります。そんなバラエティーあふれる宝塚歌劇のうち、「心中恋の大和路」や「小さな花がひらいた」などの作品を始めとした、数多くある日本文学を原作とする作品をピックアップしていきますね。

宝塚歌劇の原作となった日本文学

宝塚歌劇の公演で日本文学が元となっている作品のうち、「我が愛は山の彼方に」は伊藤桂一の「落日の悲歌」を原作となっており、「若き日の唄は忘れじ」は藤沢周平の「蝉しぐれ」が原作となっています。

「たけくらべ」は樋口一葉の作品が、「殉情」は谷崎潤一郎の「春琴抄」が原作となっています。

谷崎文学の耽美的な世界が、美しい宝塚歌劇団によって再現される世界は、現実を忘れそうになるほど・・・!自分の好きな文学がタカラジェンヌによって演じられるのは、やはりとても嬉しいですね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。