宝塚 チケット
宝塚歌劇団へのファンレターの書き方をご紹介。宛先や手紙のマナーなど徹底解剖

宝塚歌劇を観劇すると、タカラジェンヌあてにファンレターを書きたいと思うことがありますよね。あのシーンのこのしぐさが素敵だった……など、あなたが思ったことを伝えてみませんか。この記事では、宝塚歌劇団へのファンレターについての書き方、宛先、マナーについてご紹介します。

宝塚歌劇を観劇すると、タカラジェンヌあてにファンレターを書きたいと思うことがありますよね。あのシーンのこのしぐさが素敵だった……など、あなたが思ったことを伝えてみませんか。

この記事では、宝塚歌劇団へのファンレターについての書き方、宛先、マナーについてご紹介します。

まずは封筒と便箋を用意

基本的には市販の封筒と便箋で問題ありません。同じ人からだということを判ってもらえるよう同じレターセットを使い続ける方もいれば、公演がフランスを舞台にしたものだったらフランスのデザインの物を使うなど、時期に応じて使い分けるファンもいます。

デコレーションしたオリジナルのカードを作る人もいますが、郵便料金が変わってくる場合がありますので注意しましょう。

何を書いたらいいの?

基本的には自分の思っていることを書けばよいのですが、はじめて書くときは何から書けばいいのか迷ってしまいますよね。まずはあいさつ、自己紹介、観劇歴から書いていくといいでしょう。

次にその方を好きになったきっかけについて書き、どんなところに魅力を感じるか書いてみましょう。

書いているうちに筆が乗ってきてたくさん書いてしまうということも多いようです。最後は「これからのご活躍に期待しています」などと将来に向けての一言を添えるとよいでしょう。

その方のファンクラブに興味がある場合はその旨を書いておきましょう。スタッフの方がファンクラブの案内を送ってくれます。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。